☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪女は変化する【第69話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる次女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。
そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪女は変化する【第69話】のあらすじ・ネタバレ

ホワイト騎士団長は、情報屋に依頼をしていました。

クロッカス公爵家が最近手掛けるビジネスは全て失敗ばかりで終わっているそうで、特に目の引くようなものでもないと報告を受けます。

団長「・・・前に頼んだ別件についても急いでくれると助かるんだが」

すると情報屋は、間もなく解決するが恨まないで欲しいと答えました。

他の情報屋は、エネルギー石の機密依頼なんて最初から受け付けないそうです。

そしてここ最近この国で変わった事件などはないか団長は聞きました。

すると少し前にチェラン地方で数人のホームレスが死体で発見されたそうで、ホームレスが道端で死んでいるのは珍しくないのですが、死体の状態が奇妙だったのです。

外傷がないのに体内に血が一滴もなく、砂漠で死んだようにカラカラに干からびていたのだそうです。
 

情報屋から出て馬車に乗った団長は、沢山の資料を持っています。

商人の資料を手に入れ、大公殿下の推測通り外部から手を出した資料がかなりあるとのことです。

資料によく目を通せば、エネルギー石に関することも見つかるだろうと、一緒に来ていた騎士に話しました。

ホームレスの奇妙の死体については説明せず、大公殿下の居場所を聞きます。

「今日は繁華街で調べることがあると仰ってました。早めにお戻りになるとのことだったので、夕方クロッカス家のお屋敷でお話されるのがよいかと思います」

ついに尻尾を捕まえたと、団長は夕方レンに報告することにしました。

リリエルとカフェに来たエルザ

最近オープンしたカフェに来ているリリエルとエルザ。

エルザが好きそうなデザートが沢山あるからと、リリエルが教えてくれた場所です。

リリエル「お姉様、アマリリスで寂しい思いをしてない?知ってる人が誰もいない土地だからつまらないでしょう?」

エルザ「そんなことないわ。みんな親切で優しいの、友達も良い人ばかりなのよ」

リリエルは何も答えず、昔からプライドが高いエルザなのできっと嘘だろうとため息をつきました。

エルザの性格でお友達なんてできるはずないと思っているのです。

リリエル「大公は・・・大事にしてくださるの?」

エルザ「ええ、これ以上望むことなんてないくらいにね」

するとリリエルはエルザの手を握り、エルザに無理をしないでと言うのです。

そんな結婚が幸せなはずないでしょうと、正直に話してほしいとリリエルは寂しそうな顔をしています。

エルザ「・・・?」

「リリエル、私は一度も自分が不幸だなんて言ったことないわ。どうしてさっきからそんなふうに言うのか理解できないんだけど」

リリエル「お姉様はもともと正直に言えない性格でしょ?プライドが高いからつらいことも隠して・・・」

だけどエルザが嫌ならこれ以上結婚生活の話は聞かないことにすると、ため息をつきました。

そういえば話したいことってなぁに?と話題を変えてきたリリエル。

エルザは意を決して口を開きます。

リリエルの魔力

エルザ「リリエル、今から私が話すのはとても大事なことよ。どれに辛い話でもあるわ。この事実はあなたを傷つけるかもしれないとずいぶん悩んだけど・・・」

言いにくそうにしているエルザに、どういうことなのかリリエルが聞きました。

エルザ「ウィンターナイト家の一族はアマリリスで守護者の役割を担ってるの」

「一族が行う業務のうち、最も重要なのは年に一度の冬の遠征よ。この間の遠征は私も参加して、そこで私は・・・」

エルザは遠征の時に見た、昔の記録を思い出します。
 

ティーカップのお茶がなくなりました。

エルザ「納得できない話だというのはわかってるわ。当たり前のように思っていた好意が本当は魔法のせいだというのはあまりにも虚しくて悲しいことですもの」

話を続けようとしましたが、リリエルが口を開きました。

リリエル「つまり、クロッカス家の祖先の体の中にあってアルンデル魔法によって、私は人々に慕われてたってこと?」

「そして私の魔力を増幅させたのはお姉様だって?」

そう言いながらもリリエルは信じていない様で、不満そうにため息をつきました。

エルザ「決して意図的なものではなかったの。私だって自分の体にアルンデルの魔力があるなんて・・・」

リリエル「ハッ!本当にたいしたものね。こんなデタラメな作り話までするなんて」

そしてリリエルは席を立ち、もういい加減にしてと言うのです。

そんなに私の事が嫌いなの?私だけが幸せだから?とエルザに怒鳴り始めます。

エルザ「違うのよリリエル、そうじゃなくて・・・」

リリエル「聞きたくない!」

今までエルザが恋しくて会えるのを楽しみにしていたとリリエルは言いました。

リリエル「もうすぐ婚約する立場として不幸な結婚生活を送っているお姉様の事を不憫に思って理解しようと努力もしたわ!」

「それなのにお姉様は私をけなすことばかり考えてたのね!どうしてそんなことができるの?」

そしてエルザに背を向けて、こんな気持ちで一緒にいたくないから先に帰ると言い、行ってしまいました。

リリエルの一目惚れ?

お店を出たリリエルは、急ぎ足で家へと向かいます。

お姉様は何も変わってない!姉妹なんだから理解して親切にしようと思ったのにそれも限界だと、怒りが収まらないのです。

リリエル(私を妬むだけじゃなく、デタラメな話まで作り出すなんて!)

私があまりにも優れているから仕方がないと思いながらも、怒りはなかなか収まりません。
 

すると路地から一人の男性が歩いてくるのが目に入りました。

それは繁華街を調査しに来ていたレンです。

リリエル(え・・・・?あれ・・・?)

一気に顔が赤くなるリリエルは、「あの、ちょっと・・・!」と声をかけようとしますが、レンは行ってしまいました。

リリエル(あっ、見失った・・・!どこに行くんだろう・・・?)
走ってレンを捜しますが見つかりません。

リリエル(さっきのあの人は誰・・・?ロベリアにあんな素敵な男性がいたかしら?)

そう思いながら顔を真っ赤にし、ドキドキが止まりません・・・。

\ 全話更新中! /

悪女は変化する【第69話】の感想

リリエルー!!

それはレンだよ!エルザの夫だよ!って厭味ったらしく突っ込みたくなりました(笑)

まさかリリエルが一目ぼれするなんて思いもしませんでした。

今は婚約前ですし、エルザの夫にはまだ会ったことが無いので、同一人物だともおもってないのです。

早くエルザがレンをリリエルに紹介すれば・・・、展開が面白くなりそうです!
 

エルザはリリエルの事を思って本当のことを言いました。

ですがリリエルはエルザが幸せでないと決めつけ、魔力の話もデタラメだと話をまともに聞いてくれません。

関係が悪化してしまいましたが、エルザはこれからどうするのでしょうか?

読者としては、リリエルの言葉の端々がエルザを侮辱しているので、もうほっときなよ!という気分です・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第69話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる