ピッコマ|悪女は変化する【第79話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。
ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。
「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。
そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。
エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。
あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

目次

悪女は変化する【第79話】のあらすじ・ネタバレ

リリエル「あなたはヨハネスの友達の・・・」
覚えていたんだと、ヘルは聞こえないくらいの声で呟きます。
ヘル「お会いしたのは短い間だったのに、覚えていてくださって光栄ですリリエル様。ヘルと呼んでください」
リリエル「わかったわ。それで?王宮には何の用なの?」
するとヘルは、さっきまで国王陛下に会っており、とても大事な話をしたんだと説明ました。
リリエル「王宮でデタラメなこと言わないで。国王陛下がアマリリス出身でしかもまだアカデミーの学生にすぎないあなたとなんか、会うはずがないわ!」
ヘル「僕はいつだって、本当のことしか口にしません」
最近の子は見栄を張りがちだと、リリエルは呆れています。
そしてヘルに、酷い目に遭いたくないのであればこのままおとなしく帰った方がいいと、忠告しました。
ヘル「公女様、周りの人たちが以前とは違うでしょう?」
リリエル「・・・どういう意味?」
そしてヘルは、エルザからこの名前を聞かなかったかと言い、「アルンデル」と言う言葉を出しました。
その瞬間、リリエルの表情が一気に変わります。
リリエル「どうしてあなたがそれを・・・。まさかあなたもデタラメを言うつもりじゃないでしょうね!?」
表情を変えて怒鳴るリリエルでしたが、急に周りが気になってしまいました。
ヘル「ご心配なく。もし通り過ぎる人がいたとしても、僕たちの会話を気にする人は誰もいません」
そしてヘルは自分の腕を掴ませました。
これは彼の力の一部で、本来であればリリエルにも備わっていたんだと言います。
リリエル「私に備わっていたはずの・・・能力?」

ヘルの言うことを信じてしまうリリエル

この世には極まれに高貴な使命を担う選ばれた者たちが生まれてくるんだと、ヘルは話し始めました。
彼らは高潔な品格と、特出した能力を持ち、愚かな者たちを教化し正しい道に導くために自らを献身するのです。
ヘル「まるで、公女様のように」
そしてリリエルの髪の毛に触れました。
リリエル「つまり私がその選ばれた者だというの?あなたも?」
ヘル「そうです。僕と公女様が持っている力がその証拠です」
ですがリリエルは、エルザが彼女の体の中にあるアルンデル魔力が、両親や周りの人たちを惑わせたと言っていたことをヘルに伝えました。
惑わせたなんて言葉は、自分たちが持った力に対する侮辱だとヘルは微笑むのです。
ヘル「すべての力は両刃の剣。下級の者たちがこの力を持てば、恐ろしい災難を招きますが」
「最も高貴な者が手にすれば、偉大な力となります」
頭の悪い愚かな人間でも、無条件にリリエルに従わせて、彼女が貧しい国民を見て感じる憐みの心に共感するようにしてくれるのだそうです。
本来であればリリエルの思うがままに叶うはずだったのですが、エルザの強欲さのせいで人々がリリエルに背を向けるように仕組んだんだと言いました。
リリエル「こういう状況になったのは、すべてお姉さまの意図だったってこと・・・?」
ヘル「残念ですが、その通りです」
ずっとおかしいと思っていたリリエルは、自分は間違っておらず誰よりも正しい道を選んできたんだと自身はありました。
そう本来であれば、あの人も・・・。
 
ヘル「アマリリスには強力な効果を発揮する禁じられた古代魔法が多くあります」
「エルザネス・ウィンターナイトはアマリリスに足を踏み入れたその日から、あちこちでひそかにそのような古代魔法を調べて、ついに人の力を奪う邪悪な魔法を見つけ出すことに成功したんです」
ヘルは自分もよくわからないが、距離が近づくほどその効果は強まるんだと言いました。
ここでリリエルは、エルザがロベリアに来てから人々が急に変わったことを思い出します。
ヘル「ああかわいそうな公女様。エルザネス・ウィンターナイトにどれほど多くのものを奪われたことでしょう・・・」
「優れた能力、みんなからの人望、そしてウィンターナイト大公妃の座まで・・・」
そう耳打ちをされたリリエルは、レンのことを思い浮かべます。
彼が優しく微笑みかけてくれ、一緒に手を取っている姿を想像してしまうのです・・・。
ヘル「なんて不公平なんでしょう。悔しくはありませんか?」
「お望みなら喜んであなたの力になりましょう」
リリエル「・・・・・」
そしてリリエルは、何をどうすればいいのか教えてほしいと、ヘルに言いました。

母とヨハネスの訪問で・・・

リリエルは、赤い宝石の入ったネックレスを持って歩いています。
目は虚ろながらも、エルザとの思い出を思い浮かべていました。
そうだ、エルザが間違っていたんだ・・・。
最後まで信じていたかったのに、こんな風に裏切るなんて・・・。
もともと私のなのだから、全部取り返してやると心に決めたのです。
もちろん、レンのことも取り返すと・・・。
 
メイドがリリエルに、公爵夫人とご令息がお見えになったと声をかけてきました。
リリエル「ああ、お母様とヨハネスが?」
周りに見せる笑顔は、いつも通りのリリエルの姿なのです。
 
応接間に行くと、母に体の方は大丈夫かと聞きました。
クロッカス公爵夫人「だいぶよくなったわ。先日のパーティーには出席できなかったけど、婚約式には行けると思う」
そして彼女は、ここに来る途中でなんだかよくないことがあったようだと、街の人の話を耳にしたのだが・・・、変わったところはないかと聞いてきました。
リリエル「心配なさらないで。すべてうまく解決できますから」
そしてリリエルは、自分がいない間にエルザが変なことを言ってなかったかと聞きました。
クロッカス公爵夫人「さぁ・・・何も言ってなかったけど・・・」
リリエル「よかったわ」
彼女は、気持ちが悪いくらいの笑顔を見せました。
クロッカス公爵夫人は、何かを感じ取っているようにも見えます。
クロッカス公爵夫人「私ね・・・とても反省したのよ」
リリエル「反省って・・何をですか?」
それはリリエルが体が弱い子供の時、看病をしていてエルザに無関心だったこと。
今思い返すと、とうてい理解できないような態度を取っていたんだと、話し始めます。
リリエル「無関心ですって?お姉さまがそんなことを言ったんですか?」
「お姉さまが集めるはずだったみんなの関心を、病気の私が独り占めして悲しかったって?」
クロッカス公爵夫人「そうじゃないわ。エルザがそんなことを言うはずないって、あなたも知ってるでしょう?」
ですが、リリエルの怒りは収まりません。
ヨハネスもいつもと違うリリエルの姿に、かなり心配しています。
リリエル「フンッ、みんな騙されているんです。お姉さまの本当の姿がどれだけ醜いか・・・」
「今から私が本当のことを教えてあげます」
リリエルの首には、赤い宝石の付いたネックレスがかけられていました・・・。
 

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第79話】の感想

リリエルがついに、ヘルから何か力を貰ったようです。
きっと持っている赤い宝石のネックレスが、アルンデル魔力の力となるのでしょうね。
母やヨハネスは、きっとすぐに魔法にかかってエルザへの対応を変えることでしょう。
それにエルザは気づくことができるのか・・・。
そしてリリエルの力は、レンには効かないですよね・・?
少し不安になってきました。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第79話】のネタバレをご紹介しました。
悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる