☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪女は変化する【第84話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる次女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪女は変化する【第84話】のあらすじ・ネタバレ

大勢の人の前で貶める理由と、堂々と破談を宣言してエルザの夫であるレンに告白をしたその意図もはっきり聞かせてもらうとエルザは言いました。

恐怖で震えているリリエルを目の前にしてもエルザは冷静に、ロベリアの王族や帝国の大公家を同時に侮辱したことを問い詰めます。

そして理由を言えないのであれば、その命と引き換えても償うことはできないとも・・・。
 

リリエル「私は・・・私は間違っていない!いけないのはお姉様なのよ!」

リリエルや周りの人たちを騙して全部奪っていたんだと、まだわけのわからないことを言っています。

するとリリエルのネックレスが赤く光り出しました。

エルザ「いい加減にしなさい!リリエル・クロッカス!」

ネックレスの異変に気付いたのか、エルザはそれをちぎって奪い取りました。

エルザ「あなたのものなんて最初から何をなかったわ。今あなたが頼ろうとしているその邪悪な力さえも」

ネックレスを返してとリリエルはエルザに言いました。

ですがいつまでもこんな力に頼っているなんて見苦しいと冷たく返し、冬の魔法でネックレスを砕いたのです。

周りからのリリエルへの視線は、とても冷たいものに変わっています。

ですがネックレスが砕けた瞬間、リリエルはにやりと笑みを浮かべたのです・・・。

エルザ(今のは何なの・・・?)

すると砕けたネックレスの宝石が光り出し、慌ててレンが駆けつけました。

レン「!!エルザ!危ない!!」

ですが間に合わず、エルザは赤黒い光に包まれて魔力が暴走していくのです。

ホワイト騎士団も、エルザの魔力が暴走していることにすぐに気づきました。

参列者はこの状況に驚き、「助けて!」と言いながら逃げまどいます。

国王はもう人じゃない!

レンは倒れたエルザを抱きかかえ、魔力の流れを調整する核に問題ができたことに気づきました。

エルザの体の中では、3つの魔力がメチャクチャに暴れているのです。

エリーナが心配して近づこうとしましたが、騎士団長に止められました。

下手に手を出せば、取り返しのつかないことになるかもしれないそうです。

じゃあどうしたらいいんだとエリーナが慌てているとエリックが何かに気づき、白い布の中から何かの装置のようなものが出てきました。

騎士団長はそれが、クロッカス公爵の別荘の地下で見たものと同じことに気づきます。

冬をここに召喚するための装置なのですぐに破壊するようにと、騎士団に命令を下すのです。
 

みんなで一気にその装置に向かっていきますが、大きな魔力に阻まれてしまいました。

「なんだ貴様らは・・・消え失せろ!この無礼者どもが!」

沢山の魔力をまといながら現れたのは、ロベリア国王です。

それはとても非道状態で、あれではもう元に戻ることは難しいだろうとアレックは推測しています。

あんな状況でも国王なので怪我をさせてもいいのだろうかと聞かれたアレックは、ああなってしまったらもう人とは呼べず、冬が目覚めてしまったら国王だろうと関係ないので情けは無用だと言いました。

ジョーゼフは、それなら遠慮なくやらせてもらうとそのまま突っ込んでいきます。

辛そうなエルザに・・・

エルザの魔力に突き飛ばされたリリエルは、体の痛みを感じながら目を覚ましました。

すると会場にいた参列者は慌てており、開かない扉に向かってみんな押し寄せているのです。

「ここに閉じ込められてしまった!!」

「国王が化け物になったぞ!!」

ここから出して!助けて!!と逃げまどっている人たち・・・。

それを見たリリエルは、約束が違うと呟きました。

エルザがネックレスを壊したら、奪われた自分の力が戻ってくると信じていたのです。

するとリリエルの目の前にヘルが現れました。

リリエルはヘルの名前を呼びましたが、彼はちらっとリリエルのことを見ただけでそのまま行ってしまうのです。
 

そしてヘルは呪文を唱えて魔法陣を使い始めます。

騎士団長はエルザとレンをエリーナにお願いしてヘルに向かっていくのです。

するとエルザが目を覚ましレンが声をかけます。

レン「エルザ、魔力の核が壊れているので魔法は決して使わないでください。つらいと思いますが僕がすぐに抑えます」

エルザ「ごめんなさいレン・・・私が軽率でした。今はどういう状況ですか・・・?レンも行った方がいいのでしょう?」

辛そうにしているエルザに、アルンデルの主が現れたこととホワイト騎士たちが相手にしているので今は大丈夫そうだと伝えます。

ですがエルザは、自分のことは良いから彼らの力になってほしいとお願いするのです。
 

ジョーゼフは国王に攻撃をしていますが、かなりしぶといようで疲れが見え始めます。

すると動かないままだったあの装置が、光を出して稼働し始めたのです。

団長は魔法を唱えているヘルに向かって攻撃をしますが、魔力のせいで近づくことができません。

レンはその状況をみて、母の手紙を思い出しました。

魔法陣の発動

この魔法陣は魔法陣が発動された空間と、冬の封印がある空間を繋げられるかもしれないこと。

本当にすごい魔法陣で、その分だけとんでもない対価が必要であり、魔法を唱える魔法使いの膨大な魔力はもちろん、純度の高いエネルギー石と多くの生命をその対価として求めるのです。

対価として必要な純度の高いエネルギー石と多くの生命。

そしてエルザの膨大なアルンデル魔力・・・。

ここには全て揃っていることにレンは気づきました。

するとエルザの様子が急に変わり、赤黒い光に包まれて魔力がどんどん出ていくのです。

ヘルは魔法を唱え、エルザは宙に浮かんでいきます・・・。

\ 全話更新中! /

悪女は変化する【第84話】の感想

ついにヘルが動き出しました。

エルザの魔力、そして参列者の生命・・・。

準備はばっちりで、魔法陣を止めることができるのかわかりません。

でもこのままだとみんなの命が危ないですよね。

リリエルはこの状況を見ても自分が間違っていなかったと感じているのでしょうか?

リリエルのせいで・・・と思ってしまいますが、ヘルが動き出したのも原因。

レンはどうやって止めるのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第84話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる