ピッコマ|悪女は変化する【第12話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。
ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。
「聖女」と呼ばれる侍女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。
そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。
エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。
あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

目次

悪女は変化する【第12話】のあらすじ・ネタバレ

披露宴の準備の際、ドーランに髪の毛を解いてもらえるのかお願いしたエルザ。
ですがそれだとみんなの注目を集めてしまう・・・と心配していますが、注目されたいと返します。
 
エルザの実家であるクロッカス公爵家から誰も結婚式に出席していないことをおかしいと思っている人達が絶対にいるはずだと推測します。
ですから自身の髪の毛の色の方にできるだけ注意を引かなければと考えていました。
 
そして髪の毛を下ろしたまま、ドレスのカラーを変えて皇帝陛下らしき人の元への挨拶から始まります。
「ウィンターナイト負債の結婚を祝して!」

初めてのダンス

音楽の演奏が始まり、ダンスを踊るエルザとレン。
彼はとてもダンスが上手で、それはお互い様だと言ってくれるレン。
参列者も、ウィンターナイト大皇妃であるエルザはなんと優雅な方なのだと見とれています。
あれだけ赤い髪の毛に否定的だった貴族女性も、赤い髪かあれほど美しいとは・・・と驚いているように見えます。
ですがドーラン・カレンのドレスだなんて分不相応だと言っているのです。
 
ダンスが終わり、大きな拍手で送られるエルザとレン。
また後程と言うと、彼は必要な時はいつでも呼ぶように言ってくれました。
 
周りを見渡すエルザは、席次が高い方に目をやり、そこに座っている女性たちはここの社交界の中心なのだと理解します。
そのままその席へ向かい、自己紹介をします。
エルザ「初めまして、エルザネス・ウィンターナイトです」
急なことに驚く女性たち。
1人に金色の髪の女性が、ご結婚のお祝いの言葉とともに自己紹介をしてくれました。
その女性は、「ルイーザ・ヴァイオレット」で、続けてグレーの髪の女性は「セシリア・エーデルワイス」、もう1人茶色い髪の女性は「レイラ・シネラリア」と名乗りました。
エルザ「ありがとう。北方には美人が多いと噂で聞いていましたけど、そなた方を見るとそれを実感しますわ」
とんでもございませんと頭を下げるルイーザ、レイラは大公妃殿下こそ本当にお美しいと褒め称えます。
その席でお茶を飲みながら、身分制度について話す彼女たち。
南の方では身分制度がなくなり、平民と貴族が力を合わせて制度を廃止したと言う話です。
ですがエルザは、階級を重んじる身分制度はますます厳しくなっていることや、身分だけでなく財力で人を区別し始めていることを話します。
さらに、多くの財産を持つ者が貴族の役割を果たすようになり、貧富の差がさらに広がっているのだそうです。
そうだとすれば、ロベリアでも影響はあったのではないか?とルイーザは聞きます。
エルザは、リリエルの事を思いだしますが・・・確かに影響がないとは言えないと言葉を濁しました。
 
北方は身分に応じて義務を果たすとう考えだと聞いてはいるが、だから平民たちは身分制度にたいして不満を抱くよりも、貴族と皇族の地位を認めて受け入れる傾向があることを前置きし、南でもそのような考え方を持つ人が増えてくれれば少しずつ国の中が良くなるだろうと、エルザは考えを話しました。
そしてそうなるために、自分たちのような社交界にいる者たちは、他の国との架け橋として重要な役割を持っているのだとしっかりと意思を皆に伝えるのです。
その話を聞いたルイーザは、エルザにお手紙をお送りしてもいいか?と確認を取ってきました。
するとレイラやセシリアもお友達になりたいと、笑顔を見せるのです。
エルザももちろんと、笑顔で返事をしました。
そんなエルザの様子を、レンは見守ってくれているのです。
[quads id=1]

結婚式の帰り道

結婚式が終わり、馬車の中でため息をつくレンとエルザ。
同時に「ふう」と口に出したことで、見つめ合います。
とても大変な一日だったと話すレンに、エルザも全てのエネルギーを使い果たしたようだと微笑みます。
お互いにお疲れ様と労い、ここでエルザがあくびをしてしまいました。
レン「疲れているなら僕に寄りかかってもいいですよ」
そう言いながら自分の肩をポンっと叩いたので、エルザは甘えてちょっと借りることにします。
レンの肩に頭を寄せるエルザは、そのまま少し眠りについてしまいました。
 
そしてウィンターナイト城へ到着します。
エルザは軽く目を閉じるつもりだったのですが、ぐっすりと眠ってしまったようです。
目が覚めたとき、侍女がレンが自分で寝室まで連れて行ったくれたことを教えてくれたのです。
部屋着に着替え気を許しすぎてしまったと反省し、レンの部屋までそのことを伝えに行くことにしたのです。
 
レンの部屋に入ると、彼は窓の外を眺めていました。
エルザが部屋に入ったことにより立ち上がり、二人は見つめ合うのです。

\ 全話更新中! /

悪女は変化するのネタバレ一覧

悪女は変化する【第12話】の感想

結婚式もそんな簡単なものではなく、大変ですもんね・・・。
エルザがつかれてしまうのもわかる気がします。
なによりも初めての人達と話し、気を使い・・・そうとう体力を使ったことでしょう。
その点を踏まえても、レンはとても優しく紳士的な態度をとってくれているのがわかります。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第12話】のネタバレをご紹介しました。
悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる