☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪女は変化する【第43話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪女は変化する」は、 希羅月先生、NUNOIZ先生の作品です。

ロべニア王国のクロッカス公爵家に生まれた二人の令嬢、この国で彼女たちを知らないものはいません。

「聖女」と呼ばれる次女のリリエル・クロッカスとは違い、長女のエルザネス・クロッカスは社交界の女王的存在で「恐るべき貴族」とまで言われていました。

そんなエルザネスのことを人々は「悪女」と呼ぶようになったのですが、彼女には裏の顔がありました。

エルザネスは縁談が破談となりその後、ウィンターナイト大公との結婚がきまります。

あったことのない相手との結婚だなんて政略結婚だとリリエルは止めますが・・・。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪女は変化する【第43話】のあらすじ・ネタバレ

バレンシア男爵は運のいい男でした。

平民出身の彼は、本来ならギャンブルと酒漬けの日々を送り、世の中の底辺で生きていくはずでした。

ところがある日、思いもよらず大金を手にすることになったのです。

その金で爵位を買い、立派な家を買い、彼の人生は変わりました。

そして男爵はそれからほどなくして、またもや幸運を手に入れたのです。

それは1人娘が産まれたこと。
 

彼らの娘、ラシア・バレンシアが12歳になる年。

いつものようにバレンシア男爵夫人の卑しい出身をバカにしようとした貴婦人が、彼女の美しさに驚き、扇を取り落としたと言う話は一瞬にして社交界に広まりました。

下品で愚かなバレンシア夫妻の影を感じさせないほど、彼らの娘は美しかったのです。

ラシアが15歳になる年、彼女に求婚しようと数多くの男たちが押し寄せます。

男爵夫妻は娘を利用して男たちから金品を受け取るための駆け引きに熱心になりました。

ある日、母からフォンタイン男爵からの結婚の申し込みを見せられるラシア。

ちょっと歳は離れているけど良い人だと思うと、怪しく微笑みながら話す母。

フォンタイン男爵とは60歳を過ぎており、おかしな性癖があることで有名だと、ラシアは知っていたのです。

そんなクズのような男たちから贈られてくる球根の手紙が増えれば増える程、ラシアは嫌悪感と焦りに捕らわれました。

美しさという武器の限界に突き当たったからです。
 

ラシアの目的はもっと高いところに上り詰めることと、価値のある者たちと同等で居られること。

その目的のために、ラシアは血のにじむような努力を重ねました。

外見の美しさは常に心掛け、学問の素養を身に着け、社交界に磨きをかけます。

誰もが彼女の努力に注目しましたが、時にその姿はほかの令嬢たちの妬みの対象にもなりました。

ですがラシアはそんな自分自身が誇らしかったのです。
 

そしてついに、彼女は勝利を手に入れます。

ウィンターナイト大公子と、アマリリス皇子の求愛を受けた令嬢。

それは何と誇らしい肩書なのでしょうか。

ラシアは悩んだ末慎重に選択をし、もう間もなく皇子の妃となる予定だったのです。

彼女の輝きの前では、どんな女性も光を失ってかすんでしまうでしょう。

ラシアの男性の扱い方

エルザネスは情が浅く冷たい女、ラシアの思いやりと輝くような美しさとは比べ物にならないと、レオは比較します。

ですがラシアはしたたかに、どんな人でもいいところがあるから、必ず大公妃殿下にもその座に相応しい長所が一つはあるのでは?と答えるのです。

バラディミール皇子はレオドリック皇子に、もう話さなくていいと止め、ラシアにもいちいち答えなくてもいいと止めます。

ラシア「もうすぐ会う人ですもの、どんな人か知っておくのも悪くはないでしょう?それに私、レオドリック皇子様とお話するのがとても楽しいんですのよ」

あなたの大切な家族ともっと親しくなりたいと付け加えると、バラディミール皇子はあなたには敵わないとラシアの頭をなでます。

やっぱり男を操るなんて簡単だ、特に私を愛する男たちは・・・と、ラシアは心の中で思うのです。

可愛そうなルカルエン、自分と別れてそんな女と結婚するだなんて、もしかしたら自暴自棄になっていたのかもしれない。

ですが本当にかわいそうなのは、他の女に気持ちを残したまま怪物と結婚したロベリアの悪女の方だと、考えています。
 

そしてウィンターナイトの領地が見えてきました。

ウィンターナイト城に到着

ウィンターナイト城に到着し、アナスターシャ皇女はニコライの方へ駆け寄ります。

するとその場に現れたのはレンでした。

レン「みなさんお久しぶりです」

ニコライ「ああ久しぶりだなルカルエン、それから・・・」

レンの後ろから出てきたのはエルザ。

エルザは丁寧にあいさつをします。

ルカルエン「これはこれは大公妃、温かい出迎えのおかげでことしはさらに楽しい時間を過ごせそうだ」

エルザ「光栄でございます」

するとアナスターシャ皇女が、エルザの髪の色を本当に素敵な髪の色だと興奮気味に褒め始めます。

アナスターシャ「私綺麗なものが大好きなの、だから妃殿下の事気に入ったわ。初めて会ったばかりだけど、エルザネスって呼んでもいいかしら?」

エルザ「もちろんですわ、アナスターシャ皇女様。気軽に呼んでくださいね」

ニコライはあまりなれなれしくしすぎて大公妃に迷惑をかけるなと止めますが、アナスターシャ皇女は新しい友人ができたことを喜んでいるだけだと止まりません。

エルザ「はじめまして、バラディミール皇子様、レオドリック皇子様」

馬車から降りてきた二人を笑顔で出迎えるエルザ。

レオドリック皇子はそんなエルザを見て少し驚き、ラシアも何かを感じ取ったようです。

互いに挨拶を交わし、ラシアはちらっとエルザとレンの様子を見ました。

エルザとレンの関係性を見てラシアは・・・?

部屋に案内されているところで、ラシアはじっと周りの様子を見ています。

ニコライと話しているレン。

アナスターシャ皇女に気に入られているエルザ。

そして時々見つめ合う、レンとエルザ。

ラシアは小さく唇をかみます。

バラディミール皇子「どうしたラシア?」

ですがラシアは、少し疲れたみたいだとその場をごまかします。

彼は馬車にゆられて疲れただろうから部屋で休むといいと気にかけてくれます。

その瞬間、こちらの方を振り返りながら見ているレンの姿が目に入ったのです。

レンはすぐに前を向きましたが・・・、ラシアの中で何かを感じ取りました。

ラシア(そう・・・演技だったのね。なんでもないフリをしていも無駄よルカルエン。あなたの気持ちは私が一番よく知っているんだから)

\ 全話更新中! /

悪女は変化する【第43話】の感想

ラシアは何か勘違いを・・・?

レンとエルザはどう見ても仲が良さそうで、互いを思いやっているように見えます。

最期のレンの振り返りは、ただ見ただけだと思うのですが・・・。

どうしても男性は自分の方を振り向かないと嫌なようですね。

はやくラシアなんかに興味はないという態度を見せて欲しい!!とひそかに願っています。。。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は変化する【第43話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は変化するはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる