☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪党の母になりました【第26話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「悪党の母になりました」は、Iro先生、Yulji先生の作品です。

保育士として働きながら孤独な人生を生きてきた「西川奈希」、27歳。

いつも通り小説を読み眠り目を覚ましたときには、小説の中の世界・・・・。

鏡を見ると奈希は、悪党に成長する息子「アインスパナ」に殺される継母となっていたのです。

だけど目の前にいる息子は可愛らしい・・・・、こんな子を虐待するなんてありえない!と考えた奈希は、悪党にならないように愛情を注ぐことを決めます。

この運命を変えることはできるのでしょうか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪党の母になりました【第26話】のあらすじ・ネタバレ

久々にお前のおかげでゆっくりできると、ロゼリアを見つめながら話すカシウス公爵。

なんで急に優しくなったんだろう?

そんな疑問が浮かびながらも、ロゼリアは顔を赤らめています。

ロゼリア「ア・・・アインはいつ来ますかね?早く来ないかしら」

アインを待っているということは、まだ二人っきりと言う状況に緊張しているのだろうと感じたカシウス公爵。

カシウス公爵「今日は良い天気だな」

何気ない会話から、来てよかったと言いながらカシウス公爵は微笑みます。

 

今まで見たことのない穏やかな笑顔。

そしていつもと違って優しいからなのか、今日はなんだかカシウス公爵が別人に見えるのです。

アイン「母上!!」

そんな時に走ってやってきたアイン。

カシウス公爵(授業を一つサボってきたな・・・)

アインもまた、約束の時間を早めに指定しても無駄だと考えていたようで、カシウス公爵の読みは外れました。

アイン「遠足みたいでいいですね!」

ロゼリア「本当ですか?よかった~」

またいつもの、二人だけの世界になっていることで、カシウス公爵はまるで透明人間扱いだと少し寂しそうです。

ロゼリア「次こそは遠出しましょう」

アイン「絶対ですよ!」

ロゼリアに抱き着くアインを見て、彼女の前では別人みたいだとカシウス公爵は感じるのです。

ピクニックが始まるが・・・

カシウス公爵がひとまず座ろうと提案し、シートの上に座る三人。

カシウス公爵「ところで・・・この後はどうすればいいんだ?」

アイン「ピクニックって何をするんですか?」

ロゼリアのことをじっと見つめる二人。

この人達は今までどんな日常を送ってきたんだろうと、ぽかんとしてしまいました。

 

青い空、涼しい風と目の前には満開の花々。

ピクニックには申し分ない状況にも関わらず、話題のない三人が問題だと感じたのです。

ロゼリア(えっと・・この状況どうしましょう)

二人に見つめられて戸惑うロゼリアは、お弁当にしようと提案しました。

 

サンドイッチを作ってきたロゼリアは、沢山食べてくださいとアインに言います。

ロゼリア(でもこんな素朴な食べ物が、公爵の口に合うのかな)

そう思いながら彼の方を見てみると・・・

カシウス公爵「お前が作ったのか?料理もできるんだな、おいしいぞ」

そう言いながら黙々と食べてくれているのです。

本当に今日はどうしたのだろう?なんでこんなに優しいのだろうか?

でも、嫌な感じは全くしないのです。

 

その後少しの沈黙はありましたが、いつの間にか話に花が咲いていました。

思っていたよりもずっといい雰囲気。

ロゼリア(今まで誤解していたみたい・・・思ったより良い人かも・・・)

優しい家族だと思ってもらえるように、カシウス公爵も自分なりに気にしてくれているのだろうか?と、アインとカシウス公爵の会話を見ながら考えるロゼリア。

ロゼリア(彼だけは絶対変わらないと思っていたけど、なんだか嬉しいわ)

カシウス公爵「あ」

ロゼリアの方を見たカシウス公爵は、スッと乱れた髪の毛を直してくれたのです。

ロゼリア「あ・・・ありがとうございます」

慣れないことをしてきたカシウス公爵に、ドキッとしてしまうのです。

カシウス公爵「ああ、今度は別荘に行くのもよさそうだな」

ロゼリア「公爵と・・・一緒にいると、意外な一面が見えてきますね」

そう言いながら微笑みました。

カシウスはもう怖くない。

むしろどんどん好きになっていくと感じ始めているのです。

カシウス公爵からの、まさかの提案!

ロゼリア(食事は済んだし、あとは何をすれば・・・)

そう考えながら片付けをしていると、カシウス公爵が画家を呼ぼうと提案してきました。

ロゼリア「画家ですか?」

カシウス公爵「今日を記録することも悪くないと思ってな」

カシウス公爵も楽しんでくれている!

そう感じたロゼリアは、その提案に賛成します。

アイン「まぁ・・・悪くない提案ですね」

少し面白くなさそうにしているアインですが、ロゼリアが実は期待しているのでは?と突っ込みます。

アイン「僕は別に・・・!」

と少し焦るアインですが、画家を今すぐに呼ぶことに決まりました。

毎日が今日みたいだったらどれだけいいだろう・・・。

ロゼリアはとても楽しそうです。

 

その後画家が到着しました。

画家は慌てているように見えましたが、それは悪名高いチェイド家に呼ばれたということで緊張していたからかもしれません。

画家は震えていましたが、キャンバスに視線を移すと、真剣な面持ちで絵を描き始めました。

画家「完成いたしました」

震えながらメイドに絵を渡します。

 

そして渡された絵をじっと見つめるカシウス公爵。

ロゼリアもその横から覗きます。

ロゼリア(私も見たい!)

カシウス公爵(あ・・・一緒に見なきゃな)

ロゼリアが見やすいように、ずらしてくれました。

出来上がった絵はとても幸せそうに微笑んでいる家族の姿。

絵本の一ページみたいだと、ロゼリアは感動します。

\ 全話更新中! /

悪党の母になりました【第26話】の感想

このピクニックシーンですが、まるで本当の家族の様です。

まだぎこちない部分もありますが、そんなことすら気にならなくなってきました。ロゼリアが中心で回ってきているようにもみえますね!

問題が起きそうでしたが、平穏な日常。

これはロゼリアが願っている時間だと思います。

アインは少し面白くなさそうですが、うまくカシウス公爵と打ち解けるといいですね!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪党の母になりました【第26話】のネタバレをご紹介しました。

ある継母のメルヘンはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる