☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪党の母になりました【第31話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「悪党の母になりました」は、Iro先生、Yulji先生の作品です。

保育士として働きながら孤独な人生を生きてきた「西川奈希」、27歳。

いつも通り小説を読み眠り目を覚ましたときには、小説の中の世界・・・・。

鏡を見ると奈希は、悪党に成長する息子「アインスパナ」に殺される継母となっていたのです。

だけど目の前にいる息子は可愛らしい・・・・、こんな子を虐待するなんてありえない!と考えた奈希は、悪党にならないように愛情を注ぐことを決めます。

この運命を変えることはできるのでしょうか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪党の母になりました【第31話】のあらすじ・ネタバレ

ロゼリアに看病をしてもらっているカシウス公爵は、アインもこのような気持ちだったのだろうか・・・と、少し気持ちがわかるのです。

しばらく経ち、さっきよりも熱が下がったようだと、ロゼリアは安堵します。

もし来なかったとしたら彼の事を誤解したままだったので、無理やりでも来てよかったと思うのです。

ロゼリア(それにしてもカシウスの幼少時代はどうだったのかしら。昔のアインみたいに人に頼らず一人で耐えてきたのかな・・・)

おそらくそのような辛い日々を一人で過ごしてきたのでしょう。

ロゼリア「おやすみなさい」

そう言って、部屋から出ました。

久しぶりの三人での朝食

翌日。

前日の高熱がウソのように消え、身体が軽くなったカシウス公爵。

一週間寝込んだ後目覚めると、体調がよくなっているのはいつもの事ですが、これまでは起きる度に不快でイライラしてきました。

ですが今回は、いつもと違って清々しい・・・。

なぜなのかはわかっているのです。

きっとロゼリアが昨日来てくれたおかげでしょう。

カシウス公爵(特に何かの治療をしたわけでもないのに)

微笑みながら、むしろいい気分で悪くなかった、あのぬくもりをまた感じたいと思うのです。

 

そわそわしているロゼリア。

するとカシウス公爵が現れました。

驚いて一気に立ち上がりますが、元気になった様子の公爵をみて安心するのです。

いつものように挨拶をすると、ホッとします。

自分でも気づかないうちにかなり心配していたようです。

そんな二人をじっと見つめていたアインも、「お久しぶりです」と公爵に挨拶しました。

カシウス公爵「ひょっとして心配してくれてるのか?」

アイン「まさか・・・」

すると公爵は問題ないと言いながら、アインの肩をポンと叩きました。

別に心配しているなんて言っていないと突き放すアインですが、そんな光景を見てもロゼリアは仲良くなった二人を見ることができて幸せを感じているのです。

 

久しぶりの朝食はいつもと変わりませんでした。

変わったことと言えば、もうカシウス公爵が怖くなくなったことくらい。

かなり前から怖くはなくなっていたのですが、わずかに残っていた警戒心すらも昨日の一件で完全に消えました。

カシウス公爵「ああ、そういえば明日は懇親会があったな」

ロゼリア「そうでしたね」

ずっと屋敷の中にいて「貴族懇親会」のことをすっかり忘れていました。

原作では嫉妬や妬みに溢れた集まりとして描写されていましたが・・・。

カシウス公爵「どうしたんだ?何か心配事でもあるのか?」

まさかの図星で、なんだか緊張していると気持ちを伝えるロゼリア。

カシウス公爵「お前が・・・?」

ロゼリア「え・・・?」

パーティーをかなり楽しんでいたと記憶しているカシウス公爵は、その緊張が不思議でなりません。

原作のロゼリアは、いつもパーティは参加すると、水を得た魚のようにはしゃいでいたのですから。

ロゼリア「えっと・・・久しぶりだから緊張しちゃって・・・」

なんとかごまかそうとすると・・・

カシウス公爵「大したことはない、心配するな。そんなに緊張するなら、私の傍にいたらどうだ?」

彼は信じてくれたようです。

ロゼリア「そ・・・それでもいいですか?」

ただからかっているだけかもしれませんが、カシウス公爵の優しさに甘えることにしたのです。

構わないと言ってくれ、安心するロゼリア。

そんな二人の様子を見ていたアインは、なんだかおもしろくなさそうにしているのです。

貴族懇親会へ向かう

そして翌日。

準備を済ませたロゼリアは、こんな感じでいいのだろうか・・と不安になります。

赤と白のドレスに、黒のジャケットを肩にかけたスタイルです。

小説では懇親会へ行ったロゼリアは、アインにひどい仕打ちをしました。

ロゼリアはあからさまにアインに恥をかかせて怪我をさせたのです。

わかっていつつも我慢するしかなかったアインは、結局大怪我をすることとなりました・・・。

だけど今回は違う!あんなことは起きさせない!と、ロゼリアは気合いを入れるのです。

ロゼリア「大丈夫・・・心配することは何もない!」

今日はアインと楽しい時間を過ごすだけだと言い聞かせるのです。

 

馬車に乗りこみ、カシウス公爵とアインと向かい合うと・・・。

彼らはじっとロゼリアをの事を見つめてきました。

ロゼリア「二人ともどうしたんですか?」

カシウス公爵「いやなんだか・・・以前のお前に戻った感じがしてな」

アイン「今日の母上はいつもと違いますね」

まさかの反応に驚くロゼリアは、久しぶりの外出だから・・・とごまかしました。

ロゼリア「少し張り切ってみたんですが変でしょうか」

二人は、自分が乗り移る前のロゼリアを思いだしたことなのだろうか・・・と不安になるのです。

アイン「そんなことないですよ!母上は何を着ても似合いますから!」

カシウス公爵「まあ、そういう姿も悪くないな」

二人がそう言ってくれるので、安心したロゼリア。

小説の中のロゼリアのように着飾っているけれど、彼女とは違う。

だから今日はきっとうまくいくと、少し強気になるのです・・・。

\ 全話更新中! /

悪党の母になりました【第31話】の感想

母を褒めるアインが可愛い・・・!!

とても可愛いです!!(笑)

話は変わりますが、カシウス公爵の熱のお陰?で、二人の関係は少し前に進みました。

ロゼリアも彼の事を怖くなくなったので、きっと明るく接することができるのでしょう。

そして始まる懇親会。

なんだか不安な感じがしますが・・・、三人であれば大丈夫でしょう!

何かあってもきっと、アインとカシウス公爵が助けてくれそうです!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪党の母になりました【第31話】のネタバレをご紹介しました。

悪党の母になりましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる