☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪役が施す美德【第33話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。

侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」

しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…

そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?

自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

目次

悪役が施す美德【第33話】のあらすじ・ネタバレ

腕を取られたジンジャーは、ふざけて「生姜」というイザナに、いつものようにジンジャーだとツッコミを入れました。

するとイザナは突然やって来て近づくのでびっくりしたと笑っています。

そんなイザナの姿はまさに”それとない色っぽさ”を感じさせ、なんだか数日前に誰かがそれを追い求めていたような気がするのですが、思い出せないのです。

しかし今やそんな事はどうでも良いのです。

よだれが出そうなほど、イザナの魅力にメロメロにされてしまったジンジャー。

余程ヤバめの顔をしていたのか身の危険を感じるとイザナは身震いしています。

そんなやりとりをしていると、扉を叩く音が聞こえて来ました。

アトランタ侯爵が到着したことを知らせにやって来たようです。

ジンジャー(アトランタ侯爵?…レラジエのお父さん!?)

イザナ「生姜令嬢突然で悪いが力を貸してくれ」

ジンジャー「はい?」

イザナ「俺の隣で横になっていてくれないか?」

ジンジャ「はい…そういうことでしたら…」

「って…はい?よ…横に!?」

ジンジャー(こんな突然口説かれるなんて!)

突然イザナとの添い寝を求められる

ジンジャーの答えを聞かず、もうイザナはベッドに横になっています。

それから少し布団を持ち上げて、ジンジャーを呼んでくるのです。

イザナ「少しでいいんだ早くこっちへ」

ジンジャー(えっなんなの?そんなこと言えば私が)

(はいっ!仰せの通りに〜!なんて言うと思って…)

(…るとは私のことよく知ってるわね)

そそくさとベッドの中に入ると、イザナはジンジャーを自分の胸元に抱き寄せました。

少しの間このままでいるようにと頼まれたのですが、ジンジャーの心は緊張と興奮で破裂してしまいそうなのです。

イザナの目的は…!?

アトランタ侯爵は部屋へ来るなり、頭を下げ丁寧に挨拶をしています。

そこでイザナは、今まさに取り込み中なので困ると答えるのです。

自分とこうしていることが取り込み中という意味なのだろうと、勝手に解釈をしてジンジャーはまた頬を赤くしています。

アトランタ侯爵は特に反論することなく、また後ほどと言って部屋を出ていってしまいました。

イザナ「フゥ…生姜令嬢もう出てきていいぞ」

ジンジャー(あの…もっとこうしていてもいいのですが…)

どうやら心の声を読まれたようで、イザナは少し笑ってまたベッドに横になります。

お互いに向かい合って、密着している状況を期待していたものの、いざ現実となるとさすがのジンジャーもパニックなのです。

お互いを鑑賞しあう

ジンジャー(長いまつげに、きめ細かい肌…)

(近くで見ると目が痛くなりそうなほどきれい)

(私よりもずっと…)

(はぁ…私生きる資格ないかも)

イザナ「それなら死ぬの?」

ジンジャー(あっそうだった。こいつ心が読めるんだった)

(…っていうのも読まれてしまった…?)

イザナ「えっ…?こいつ?」

「俺のこと?」

ジンジャー「ハハッ…私そんなこと考えてました?」

イザナ「なんで目をそらすんだ?」

ジンジャー「陛下!お肌きれいすぎ」

イザナ「話もそらすし」

なんとかその場をやり過ごせたような気がして、ベッドから起き上がろうとしたジンジャーでしたが、イザナに引き戻されてしまいます。

なんと今度はイザナがジンジャーの顔を観賞すると張り切っています。

思わず顔を手で覆い目を瞑ってしまうほど、近くで見られると恥ずかしくてなりません。

 

イザナ「生姜令嬢は十分自信を持っていいと思うよ?」

ジンジャー(ホントに…?)

また照れるようなことを言われて、顔を隠すジンジャー。

するとそこにハメルがやって来て、ここにいたのかと声をかけるのです。

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德【第33話】の感想

確か、ハメルが確認した書物に関することを聞くために宮殿に向かったはずでしたが、まさかの添い寝を求められるという謎展開!

そしてそこへやって来たのがレラジエの父であるアトランタ侯爵。

侯爵は一体何を話すためにやって来たのでしょうか?

もしかすると書物にあった気になる人物が伯爵なのかもしれないとも思えるのですが、それならば一度帰す必要もないですよね。

イザナの考えが読めなすぎて、私も心を読んでみたいと思いました。

それから二人はお互いの顔を鑑賞するという謎の遊び?を始めましたが、イザナが本当にジンジャーに心を許しているんだろうなというのが伝わって来ました。

今まで孤独だった分、ジンジャーの存在がこれからも大きな意味を持つことでしょう。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第33話】のネタバレをご紹介しました。

悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる