ピッコマ|悪役が施す美德【第65話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画悪役が施す美德は、Koonac・Bae Hee Jin先生の作品です。
侯爵家の美しい令嬢「ジンジャー・トルテ」
しかし、もう一人の侯爵令嬢でありライバルである「レラジエ・アトランタ」にいつも手遅れているが…
そんな「レラジエ」に婚約者をとられ、気分転換に読もうと手に取った本がなんかおかしいーー!?
自分は「悪女」で、一生の宿敵であるレラジエは「女主人公」!?

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

目次

悪役が施す美德【第65話】のあらすじ・ネタバレ

サラにドレスの確認をしてもらっているジンジャーは、今日はいつも以上に美しいと絶賛されています。
改めて後ろ姿まで確認してから、ジンジャーは部屋をでます。
今日はジンジャーの家で開かれるパーティーの日で、イザナもくる予定になっているのです。
 
ジンジャーが会場に姿を見せると、参加者たちはざわついています。
それはジンジャーとイザナの噂が既に王国中に広まっているためです。
ママのそばにいた夫人たちに挨拶へ向かうと、早速ジンジャーにイザナのことをあれこれ聞いてきます。
いつ間にそんな仲になったの?結婚の予定は?子供は何人産むつもり?などと聞かれて、ジンジャーは戸惑うばかり…
するとそこにママがやってきて、式は王室の意向に合わせて挙げる予定なんだと適当に誤魔化してくれました。
ジンジャー(…ただでさえ気にしてるのに)
(イザナと結ばれてからもう2ヶ月)
(私たちの絆は一段と深まった)
(まぁ…それだけでも幸せだけど…)
(イザナが私との未来を考えてなかったらどうしようとか)
(私のことはただの遊びなんじゃって…)
(正直少し不安になる)

待ちに待ったこの時が…!

さらにイザナがまだパーティーに姿を見せていないことも、ジンジャーを不安にさせます。
やっぱり忙しくて来られないのかもしれません。
せっかく恋人同士なのを披露できるチャンスだと思ったのにと、悲しい気持ちになってきました。
するとそこで突然会場の電気が消え、真っ暗になったかと思えば、ジンジャーのところにスポットライトが当てられます。
そして次に側にいた音楽隊が演奏を始め、会場には再び明かりが灯ります。
明るくなった部屋の中に、ジンジャーは薔薇の花束を持ったイザナを見つけます。
ジンジャー(ま…まさか…)
イザナはジンジャーのところまでスタスタと歩いてくると、耳元で「実は前から計画していたんだが、最近忙しくて」と言いました。
 
イザナ「みんなの前で伝えたいことがある」
「ジンジャーおまえは俺の世界の主人公だ」
「俺と結婚してくれないか?」
ジンジャー(主人公…私が一番好きな言葉)
(これまで私は私の世界の主人公になりたくて足掻いてきた)
(それなのにイザナの人生の主人公になれるなんて)
ジンジャー「はい。よろこんで」
ジンジャーは何の迷いもなく、イザナの手を取ります。
同時に会場には歓声が上がるのです。
 
イザナ「これで俺がどれほどおまえを愛しているのか噂になるはずだ」
「まぁ噂ではなく事実なんだが」
ジンジャー「陛下ってば…」
そしてイザナがキスをすると、会場内の盛り上がりはさらに高まっていくのです。
ジンジャー「私も伝えたいことがあります」
「イザナ陛下。私の世界はもうずっと前からあなた中心に回っています」
イザナ「……」
「ありがとう…」
ジンジャー(雲の上を歩くのってこんな気分かな?)
(こんなに完璧な日はもう二度と来ないんじゃって思うくらい幸せ)
(この幸せが永遠に続きますように…)
[quads id=1]

イザナの強がり?

パーティーが終わり参加者たちを見送った後、ジンジャーはテラスでイザナと話していました。
まだ帰らなくていいんですか?と聞きながらも、内心は帰ってほしくなんてなくて、もっと欲を言えばさっきのキスの続きがしたいのです。
そんなことを考えていると、どうやらまた顔に出ていたようでイザナに”ヘンタイ生姜モード”に突入したと、笑われてしまいます。
しかしプロポーズしてもらったので、もちろんそれはイザナの前だけだと、当然のことを付け加えて、ヘンタイ生姜という事実は認めることにしました。
イザナも、もし他の前でそんな姿を見せたら絶対にただじゃおかないと嫉妬する姿をみせて、ジンジャーの心を奪うのです。
 
イザナ「記念に…一杯しないか?」
ジンジャー「お…お酒をですか?この世で一番難題な問題を解決した時も陛下はジュースで乾杯したのに?」
イザナ「俺だって…少しは飲めるんだ。一杯くらいなら」
ジンジャー「…お祝いのパーティーでも開きましょうか?一杯くらいで威張っちゃって」
イザナ「か…からかうな!」
「ほら」
「証明してやるから来るんだ」

\ 全話更新中! /

悪役が施す美德のネタバレ一覧

悪役が施す美德【第65話】の感想

ついにイザナからプロポーズを受け、幸せの絶頂にいるジンジャー。
みんなの前で一緒にいる姿を見せられたらと思っていたところ、プロポーズを受けちゃうなんて、びっくりしたはずです。
さっきまで感じていた、イザナの気持ちが分からないことへのモヤモヤも、きっともうジンジャーの頭には残ってないでしょうね。
まさに幸せの絶頂!
ここまでの波乱万丈さを思えば、どうかこの幸せが長く続いてほしいものです。
パーティーが終わり、イザナが一杯飲もうと誘ってきましたが、あれもまた何かのサプライズへの誘導なのかな?!と勝手に期待しちゃってます。
イザナならまだまだサプライズを仕掛けていてくれそうじゃないですか?
次の話が今からとっても待ち遠しいです!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役が施す美德【第65話】のネタバレをご紹介しました。
悪役が施す美德はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる