☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪役皇女様はお菓子の家に住みたい【第11話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画「悪役皇女様はお菓子の家に住みたい」は、maronpie先生、Friedrich先生の作品です。

10年間、自分の出生の秘密を知らずに平民として貧しい暮らしをしてきた「アナスタシア」。

精霊式が終わった後、皇帝の命令で皇宮に入ることになってしまう・・・。

アナスタシアは、自分の悪行により悲惨な死を遂げたある物語の原作、アナスタシア皇孫として転生したと錯覚する転生者。

悲惨な死から逃れるために、高貴な精霊と契約したことも隠して周りの人たちと仲良くしようと奮闘する。

以下ネタバレとなりますので、ご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪役皇女様はお菓子の家に住みたい【第11話】のあらすじ・ネタバレ

いくら考えても、次期皇帝の従兄と何を一緒に勉強すればいいのかわかりません。

そしてアナスタシアは、アレクセイがいる部屋に案内されました。

挨拶をして横目で見てくるアレクセイ。

アナスタシアが「皇太孫殿下」と呼ぼうとすると、お前まで俺をそう呼ばなくてもいいと断られてしまったのです。

嫌いなのはわかるが、こんなに冷たくしなくてもいいじゃないと感じているアナスタシア。

しかもアレクセイから誘っておきながら、見向きもせずに本ばかり読んでいるのです。

仕方ないとアナスタシアは、「アレクセイお兄様」と呼んでみると・・・。

お兄様なんて呼ばなくてもいいと、またもや冷たい一言。

さすがに苛立ったアナスタシアは、「アレクセイ」と呼び捨てにしました。

アナスタシア「皇太孫殿下もダメで、お兄様もダメなら・・・、あっアレクセイもダメなの?じゃあアリョーシャ!」

驚いたアレクセイが何か言おうとしましたが、二人がいる部屋に先生が入ってきました。

そして授業が始まります。

アレクセイに嫌われている・・・

勉強が終わり、うつぶせで悩んでいるアナスタシア。

フェーヴは、何を悩んでいるんだと話しかけてきました。

アナスタシアはこれからどうすればいいのかわからなくて、ずっと悩んでいるのです。

さっきのアレクセイの冷たい態度に落ち込んでいます。

皇帝陛下がどうして皇宮に残したのかも理解ができません。

フェーヴ「なぜかって?この我の偉大さに気づいたからだろ」

威張るフェーヴを無視して、アナスタシアは起き上がります。

家の住所を知っていたらここから家出するのに、近くの村の名前すらも思い出せません。

 

アナスタシアはベッドの下にある小箱を取り出しました。

役にたつかはわかりませんが、これは家出資金です。

アナスタシア「私が望んで残ったわけでもないのに。従兄からは憎まれるしどうしよう・・・」

フェーヴ「従兄って?地主の長孫のことか?」

アナスタシアはここで、どうしてフェーヴが皇帝陛下のことを地主と呼ぶのか気になって聞いてみました。

それは、これだけ広い土地を持っており、小作人を沢山抱えているからなのだそうです。

地主の遺産でも想像させられるのではないかと心配しているのかと、フェーヴは聞いてきました。

さらに、アレクセイが嫌っているのは事実なのかとも。

アナスタシアは、ものすごく冷たい目で睨んでいたのを見なかったのかとフェーヴに聞きました。

思い出すだけで震えてしまうほどですが、フェーヴからしてみるとドミトリーの方が嫌っているように見えたのです。

もちろんあの子もそうですが、アレクセイも絶対に嫌っていると感じたアナスタシア。

ふと、あの時のことを思い出します。

アナスタシア「そうよ!それよ!」

アナスタシアのお部屋

アナスタシアがこっそり向かったのは、パベルがいた厨房です。

パベル「このガキ。こないだはよくも逃げたな!」

バレないように除いたのですが、後ろから掴まれてしまいます。

アナスタシアはあの時逃げたのではなくて、急いでいただけだと言い訳をしますが、パベルは急ぎの用事なんかあるもんかと怒鳴り出しました。

アナスタシア「でもケーキのことは解決できたじゃない」

パベル「なんだと!あのケーキを皇帝陛下が召し上がったんだぞ!陛下が!」

彼はその話を侍従から聞いたそうで、アナスタシアは怖くないのかと聞き返してきます。

パベルはそれ以外のことは忙しくて何も聞いていないそうです。

アナスタシアの正体も知ってはいないようですし、もし知っていたとしたら後ろから掴んだりしないでしょう。

 

あのケーキを皇帝陛下がお気に召してくれたようだと知ったアナスタシアは、心配しないでとパベルにメモを残していました。

彼はそれは見たそうで、今度から陛下からの指示があったらケーキを作るようにアナスタシアに言いました。

嬉しそうにしているアナスタシアですが、パベルの監督下でのこと。

陛下が間食を召し上がるのは、多くて二か月に一回くらいだそうです。

アナスタシア「じゃあ私、練習したいから厨房を貸してくれる?」

パベル「いいだろう。その代わりケーキの名前をもう一度教えろ」

パベルショコラではダメかと聞くアナスタシアですが、ダメだと言われたので「アーシャのチョコケーキ」という名前にすることにしました。

パベル「アーシャ?」

アナスタシア「ガキって名前だと思ってた?私は10年前からアーシャって名前なの」

そして厨房を借りて、練習が始まります。

\ 全話更新中! /

悪役皇女様はお菓子の家に住みたい【第11話】の感想

アナスタシアのお菓子作りが再開しました!

これは楽しみですね。またチョコレートのお菓子を作るのかそれ以外なのか・・・。

きっとどんなものでも、アーシャが作ったお菓子は美味しいでしょう。

フェーヴも喜んでくれそうですね。

 

問題はアレクセイです。

これからの関係はどうなるのでしょうか・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪役皇女様はお菓子の家に住みたい【第11話】のネタバレをご紹介しました。

悪役皇女様はお菓子の家に住みたいはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる