☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第49話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

 

目次

悪女は砂時計をひっくり返す【第49話】のあらすじ・ネタバレ

アースを追いかけてやってきた庭園では、満月の月明かりが2人を照らしています。

外は冷えるからとコートを貸してくれたアースに、アリアはどうしてこの場にいるのかと尋ねます。

話によるとどうやらアースもビンセント侯爵からの招待を受けていたようです。

そういえばビンセント侯爵が贅沢品の単価を値下げしたと伯爵が話していましたが、もしピノヌアの指示で値下げしたとなれば皇太子が関与していることにもなります。

もしかするとアースとピノヌアは仕事仲間!?と2人の関係の謎はさらに深まるのです。

 

アース「戻らなくて大丈夫ですか?」

アリア「あっ」

アース「男性陣が待ってますよ」

アリア「ずっと見てたんですね…」

「気分を害されてはいませんか?」

アース「もちろんです」

「僕はあの中にいる誰よりも欠点がないと思っているので」

「嫉妬などしませんよ」

アリア(さすが皇太子…!)

実は先ほど男性陣に取り囲まれたアリアを遠くから見ていたというアース。

あれほど積極的に来られたのでは困りますよねなんて言っていますが、全くアースにも少しくらいは見習って欲しいものなのです。

しかしアリアはアースとこれまで過ごしてみて、過去の皇太子の存在感が全くなかった理由が少し分かったような気がしています。

対立していた貴族派の目を避けようと、表には出ずに陰でこそこそ活動していたためだったのです。

誰にもバレないように…

砂時計と同じ対価

ここまで来るのに今日もあの力を使ったのかと尋ねるアリアに、アースはあの力にある対価について話してくれました。

あの力を使うと、体力を大幅に消耗してしまい長時間の休息が必要になると言うのです。

砂時計と同じ対価を持つことを知ることとなったものの、こんな場所で誰かに聞かれたらと思うと、アリアは正直気が気じゃありません。

そんなアリアのあたふたする姿を見たアースは、なんだか嬉しそうに笑って、ここには2人しかいないから大丈夫だと安心させてくれました。

アース「それにお嬢様にこれ以上隠し事をしていたら」

「もう会ってくれないのではないかと思ってしまって…」

アリア「アース様…」

「お忙しいところ、お時間とらせてしまってすみません…」

アース「いいんですよ」

「お嬢様に会うと時間を忘れてしまいます」

アースはプレゼントしたイヤリングに触れてから、アリアが寒くないようにコートの襟を立て直してくれました。

じっと見つめ合うと、ドキドキと胸の音が大きくなってきます。

その時、強い風が吹き、髪の毛を抑えようと動いたことでアースの手は離れていきました。

 

アリア(なんだか)

(違う世界にいるみたい)

(それでも私の隣には彼がいる)

アースはおでこに優しくキスをしてから、いつ誰が来るか分からないからと、そろそろ戻った方がいいと言いました。

コートを借りたまま、挨拶をしてアリアは会場へと戻っていくのです。

ここにいたの3人目の人物

アリアが去った後、そこへやってきたのはイシース公女です。

どうしてこんなところにいるのかと、怒りを露わにしています。

 

アースと話し終えて部屋へ戻った公女ですが、やはり納得がいかず持っていたグラスをダンッとテーブルへ打ち付けるのです。

どうやら公女はアリアが出ていくのを見て、また誰を誘惑しているのかと思い後をつけようです。

するとそこにアースがいたことが気に入らないのですが、アースはそもそもどうしてアリアとアースが一緒にいたことを怒られないといけないのかと言い出しました。

公女「資格って…殿下は私の婚約者ではありませんか!」

アース「はぁ、まったく」

「君は何を言ってるんだ?」

公女「えっ!?」

アース「ったく君と結婚するくらいなら一生独身でいたほうがマシだ」

公女「そんな…!」

アース「僕が誰と話そうが君には関係ないだろう。言葉を慎みなさい」

公女(アーステロぺ…)

(貴族派に散々バカにされていたくせに…)

アース「君はまだ状況が把握できていないようだな」

公女(!?)

アース「カジノの帳簿の話は聞いたか?聞いた話によると帳簿には載っていない本当の共犯者がいるらしいんだが…」

「君ならそれが誰だかわかるだろう?」

公女「一体なんの話ですか…!」

アース「はあ…これ以上話しても時間の無駄だ」

公女(帳簿?何のことよ!)

(私が共犯者だとでも言いたいの!?)

(皇太子側にいる貴族たちが流した噂に違いないわ!)

(下級貴族のくせに何様のつもりよ!)

(私のことを散々煽て上げていたくせに、公爵家が潰れたらみんなして笑うのよね)

(噂はいずれ忘れられるとは思うけど、このような噂で何度も騒がれたらたまったもんじゃないわ)

ついに駆除作戦が始まる

怒り狂い、持っていたグラスを投げ捨ててしまうほど取り乱した公女。

するとそこへメイドがミエールの到着を知らせます。

ちょうどミエールを呼ぼうと思っていたところだと言うと、ミエールはなんだか嬉しそうです。

公女は素直に最近あまり気分が良くないんだと告白しました。

どうやら変な噂はミエールの耳にも入っていたようで、一体誰があんな噂を流したのかと一緒になって怒っています。

ミエール「私に何かできることがあれば何でも仰ってくださいね!」

公女「ありがとうございます」

公女(あなたにできることなんて何もないけど)

(”あれ”だけは頼めそうね)

公女「実はお嬢様にお願いがあって」

「”あの女”の件で…」

「何度も言ってるけど伯爵があの女を連れてくる前から私は反対していたのよ」

「誰かさんのせいで貴族派の評判が悪くなってしまったから」

「これ以上悪化する前にあの女を表に出さないようにしたいんだけど…」

「ミエールお嬢様」

ミエール(今までおとなしく我慢してたわけじゃない…私だっていますぐ消えて欲しいと思ってる!)

(平民出身のくせに貴族のように振る舞って…)

公女の頼みを聞いたものの、何も言い返せずにいるミエール。

しかしここでエマのある言葉が思い出されます。

 

”害虫を駆除するには殺虫剤が効果的かと…”

”馬車にまいておきましょうか?”

 

そしてミエールは公女に、自身がなんとかすると約束してしまうのです。

 

後日ーー

アリアは部屋でベリーにお茶を入れさせています。

しかしカタカタと震えながらお茶を注ごうとするその顔は真っ青で、明らかに様子がおかしいのです。

ベリーのこんな姿をみただけで、アリアは全てを悟ってしまうのでした。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返す【第49話】の感想

アースとアリアはもう完全に両思い感が出ていますね。

冷静沈着なアリアがこんなにもアースに惹かれるなんて予想していませんでした。

ドキドキと胸を高鳴らせる姿は、本当に恋しているんだなというのが伝わってきて、オスカーの時とはまた違った感情なんだろうなと思います。

しかしあの場にもう1人、公女の姿があったのです。

婚約者であるはずのアースが、公女の大嫌いなアリアと一緒にいるだなんて、それだけでも腹を立ててしまうに違いありません。

プライドの高い公女に到底受け入れられないことでしょう。

さらにアースに完全否定されてしまったのも公女の怒りをさらに大爆発させてしまう原因となったのです。

下に見ていたアースに散々言われてしまい、イライラの収まらない公女は、ミエールにアリアをどうにかするよう指示してしまいました。

ついに公女とミエールが手を組んで、アリアへの攻撃を仕掛ける流れになってしまいましたね。

けれど過去とは違って頼れる人もいますし、メイドたちのこともそれなりに理解しているアリアなら、きっと乗り切れるはずです。

アリアへの恐ろしい計画が明るみになって、ミエールたちに罰が下されますように!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第49話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる