☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第53話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

 

目次

悪女は砂時計をひっくり返す【第53話】のあらすじ・ネタバレ

あの時アースが、何をしたとしてもそれには理由があるのだろうと言ってくれたのは、きっと本当の自分を知らないからだと思えてならないアリア。

しかしアースなら何をしても全部受け止めてくれるような気がするのです。

深くフードを被り、手紙に記された場所へと向かいます。

アリア(皇太子は公女と結ばれると思っていたからあまり期待してなかったのかもしれない)

(あの時とは展開が大きく変わったというのに…)

指定された場所へ向かい、扉を開くと、そこには拘束されたベリーの姿がありました。

ベリー、伯爵邸に現る

ある日、馬車に荷物を積み込む人たちの姿を見つけたアニーは、アリアに旅行でも行くのかと尋ねました。

それにしては馬車が質素すぎるのが気になるようです。

もちろんあの馬車はアリアのものではありません。

ある人を遠くに行かせるために用意したものです。

 

そこへやってきたフードを深く被った明らかに様子のおかしい1人の人物…

アニーは警戒心を剥き出しにしていますが、アリアはお客様だから心配ないと言って2人になれる場所へとその人物を連れていきました。

アリア「どうして…」

「”やるべきこと”をやらずに戻ってきたの?ベリー」

ベリー「一度確認させてください。私が本当に殺されずに済むのか…」

 

あの日、ベリーの監禁先へと向かったアリアは、その髪の毛を掴んで押さえつけました。

死んだと思った悪女が生きていたと知ってベリーはとても驚いているように見えます。

どうして被害者ヅラして泣いているのか理解できませんが、どうしてあんなことをしたのかと尋ねます。

アリア「まさか私を殺してヒーローにでもなるつもりだった?」

数発殴ってやろうと思っていたけれど、あまりの汚さに触られるのが嫌すぎて、ベリーを突き飛ばすだけで終わらせました。

それからチャンスをあげようと思っていると話したアリア。

誰が指示をしたかも分かっているから、いう通りにしてくれたら外国に逃してあげると約束しました。

その条件として挙げられたのは、まだ真犯人を知らない人が伯爵邸で、明日の朝その人物について暴露するというものです。

ベリー「そんなことしたら私は…」

アリア「警備隊に連行されるとでも?」

「私がどうして1人でこの場所に来たかわかる?」

「今日中にあなたを殺すことだってできるのよ?」

「これで新しい服でも買いなさい。明日の朝に馬車を送るからそれに乗ってくるように」

「どうせ逃げ場なんてないでしょ?」

そしてアリアは金貨を一枚その場に投げ捨てると、その場所を離れたのでした。

 

言われるがまま、伯爵邸へとやってきたベリーでしたが、まだアリアのことが信じられず、ここへきたと言っています。

アリアは窓から見える馬車に、お金や食料が積まれていること、ベリーが協力すればすぐに出発できるように準備されていることを伝え、ベリーの信頼を得るのです。

それからベリーの賢さを褒めた上で、選択を間違えてアリアを選ばなかっただけだとフォローします。

そして悔しい思いをしないようにと言ってにっこり笑って、ベリーをロビーへ向かわせました。

エマの悪事は全て暴かれる

ベリーが現れたことで、伯爵邸は大パニックとなりました。

あっという間に取り押さえられたベリー。

伯爵やお母様、そしてミエールにエマも駆けつけます。

取り押さえられながらも、話したいことがあると主張するベリー。

アリアはカインの隣に立つと、ベリーが話したがっていると伝えます。

カインの指示で、ベリーの言い分が聞かれるようになったところで、口を挟んできたのはミエールです。

凶器を持っていたらと思うと怖くて話など聞いていられないと言うのです。

ミエールはこの件に関係もないし、怖いなら部屋に戻っていた方がいいとアリアが言うと、伯爵やお母様もその意見に賛同し、ミエールはどうしようもない立場に置かれてしまいます。

アリア(そこでおとなしく、怯えた表情で立ってなさい)

 

ベリー「私は…脅されました」

「この事件の真犯人に…」

「アリアお嬢様が飲まれるお茶に毒を入れなければ私の家族を殺すと…」

侍女「どういうこと?」

ベリー「それで仕方なく毒を受け取ったのですが…」

「私にはそんな残酷なことできなくて…!」

「ずっと悩んでいたら…アリアお嬢様はそんな私を心配してくださって…!」

アリア「私も思い出したわ」

「あの日ベリーの態度がいつもと違いました」

「表情も不安そうだったので、何かあれば相談に乗ると言ったのを覚えています」

「それなのに彼女は何も言わないから…私はこう言いました」

「悩んだり迷っていることがあるのなら、あなた自身の幸せを一番に考えた方が良いと…!」

「私が彼女の決意を促したのかもしれません…」

アニー(ん?そんなこと言ってたっけ?)

アリアの演技に、アニーを除くロビーにいた人全員が、騙されてしまっています。

そして次に目を潤ませて、いつも優しくしてくれていたベリーが脅されていたなんてと、この場にいる人の心を誘導していきます。

 

次第に侍女たちもヒソヒソと、誰かが裏で指示したと聞いたなんて噂話をはじめて、ついにその場にいた人全員が真犯人の存在を信じだしたのです。

伯爵「だとしたら誰がこの事件の犯人なんだ?」

エマのところへと向かってまっすぐ走っていくベリー。

皆の視線は一気にエマへと向けられます。

ベリー「私に指示を出したのは…エマ様です!」

エマ「あなた…」

「な…何を言ってるのよ!」

「嘘をつかないでちょうだい!!」

ミエール「エマ…!」

エマ「誰がそんな嘘信じると思ってるの!?」

ベリーに掴みかかり、怒鳴り散らすエマ。

さらにミエールは涙を浮かべてエマの名を呼び続けています。

アリア(この状況…なんて素晴らしいのかしら…!)

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返す【第53話】の感想

やっと!

やっと!!ミエールを懲らしめられるところまで来ました。

まだ完全に解決したわけではありませんが、長年の苦労が実ったような気持ちになって、とってもスッキリしました。

ここからどうやってエマに犯行を認めさせるのか、もちろんアリアはそれについても考えているのでしょう。

しかしどうやってもベリーを逃すことなんてできないように思うのですが…

エマに注目が集まる中で、しれっと逃すのでしょうか?

もしかするとあの馬車はベリーを信用させるためだけに用意されたものの可能性もありますよね。

結局、あの捕らえられていた小屋でベリーを裁かなかったので、今回ここで捕らえられ罪に問われたとしても、アリアはまたしても自らの手を汚すことなく終われます。

そうすればアースに対してもある程度、悪女っぷりを隠せそうだななんて考えてしまいました。

アースは受け入れてくれるはずだと信じているアリアなので、ここで強気な態度に出ることも考えられますが、まだそこまで明らかにしないと予想しています。

それにしても、もうこうなった以上、ミエールの信用はガタ落ちで、公女にも見捨てられるのではないでしょうか?!

もっともっとスッキリな展開を期待します!!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第53話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる