☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第60話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪女は砂時計をひっくり返す【第60話】のあらすじ・ネタバレ

アースとの久しぶりの再会を果たしたアリアですが、なんだかアースは少し日焼けをしているように見えます。

肌が焼けてしまうほど暑い地域に行っていたということは、かなり遠い場所に行っていたに違いありません。

 

席につきお茶を注ぎ分けてくれるアースの手には、アリアの指に光っているのと同じ指輪がつけられています。

しかしなんだか色が違うようにも見えます。

もしかすると色だけ違うペアリングなのかもしれません。

そうだとすれば、シンプルなデザインだということにも納得がいきます。

するとアースは、この指輪が能力を使うと色が変わることと、皇室に代々伝わるものだといいうことを教えてくれました。

まさか今自分がつけている指輪が皇室の家宝だったなんて知らなかったアリア。

そんなものをもらってしまって良いものかと、指輪をつけている手を震わせています。

しかしアースは、この指輪が相応しいのはアリアしかいないんだと、震える手を取ってくれたのです。

アリア(ここまで尽くしてくれるのは嬉しいけど…)

(なんだか恥ずかしいようなくすぐったいような…)

(これが本当の恋愛なのかしら…!)

新たな方向性について考える

指輪の話が解決したところで、アリアはアースにサラのことを覚えているかと尋ねました。

サラは最近、教えることにやり甲斐を感じ始めていて、教師になりたいと言っているんだとか…

そこでアリアはサラにアカデミーの生徒指導をお願いできればと考えているのです。

実際、平民に直接マナーを指導できる貴族がいるというのは、アカデミーにとってもいいことです。

しかし2人がサラの登用を勧めたがるのには、もう一つの理由がありました。

それはサラの結婚相手である侯爵が所属している中道派の存在です。

投資者Aの支持勢力もアース側につけることができれば、彼らの態度が大きく変わるに違いありません。

 

すると今度はアースからアリアに、裁判官との面識の有無について尋ねてきました。

アリアとしてはもう名前も忘れてしまった存在ですが、どうやら向こうがアリアに会いたがっているようです。

アースは裁判官について、皇族ではあるものの権力とかけ離れており、未婚の女性だと教えてくれました。

おそらく同じ女性としてアリアに興味を持ったのだろうということも…

しかしアリアとしては、よく知らない人との関わりはなるべく避けたいところで、もう少し悩んでから決めることにして、アースと別れるのでした。

挨拶の日を前に

数日後

ついにアースからの手紙が届きました。

いよいよアースが伯爵邸を訪問する日がやってきたのです。

お母様はメイドたちを揃え、念入りな掃除とカーテンやカーペット類の交換を指示しました。

メイドたちもアリアの恋人である皇太子が訪問するなんてと、アリアの素晴らしさを感じながら懸命に働いてくれています。

 

その様子を嬉しそうに見つめるアリアのもとに、ミエールがやってきました。

ミエールは、まさか本気で皇太子妃になろうとしているわけかと聞いてきたので、公女と協力して外国にこの国を売り払おうとしているミエールより自分の方がお似合いだと答えます。

案の定ミエールはひどく怒っていますが、まともな返事もできないため、怒ることしかできないのは明らかです。

アリア「あなたこそ怒ればどうにかなるなんて考えはやめたら?」

「もうあなたの側にはエマのように犠牲になってくれる人はいないんだから」

アリア(私に掴みかかるつもり?)

(それとも大声で叫ぶわけ?)

(どちらでも構わないけど)

ミエール「賤しい女のくせに身の程も知らずに…」

アリア(時々驚くほど”貴族らしい”自制力を見せてくれるのよね)

(それでも発する言葉から彼女の余裕がなくなってきていることが感じられる)

(あの日のあなたのように…私があなたの前で大声で笑う日もそう遠くないわ)

ちょっとした復讐

アースを乗せた馬車が伯爵邸へとやってきました。

アースを出迎えたアリアはいつものように2人の会話を楽しんでいますが、あまりに眩しいその姿に伯爵は思わず目を瞑ってしまうほどなのです。

伯爵は家族の紹介をしてから、アースを食事の席へと案内しました。

今日は天気が良いので庭園で食事を取ることにしたのですが、もちろんミエールたちも一緒です。

居心地が悪いのかミエールもカインも強張った顔をしていますが、皇太子を置いて先に席を立つことなどできないと分かっています。

それもこれも自業自得だと、2人を無視して過ごすことに決めるアリアなのです。

 

アースは伯爵に事業に関する話を持ちかけました。

伯爵は緊張しながらも、毛皮事業で悩んでいたときにアリアがアドバイスしてくれたおかげで救われたんだと、自慢の娘アピールをしています。

そもそも毛皮の贅沢品に税を課したのがアースだということは、すっかり忘れているようです。

アースと伯爵がアリアの事業に関するアイデアを褒めるので、ここでミエールに比べればまだまだだと、急にミエールを巻き込むアリア。

ミエールは黙ったまま何も言えずにいます。

するとそこでカインが結婚に関する話を持ち出したのです。

アースは当然交際だけで終わらせるつもりはないと宣言すると、伯爵もお母様も大喜びでその提案に賛成してくれました。

 

こうして食事も済んだ頃、アリアはお母様が手入れした室内庭園へとアースを誘いました。

2人の去った後残されたミエールの目は、怒りと復讐に燃えているのでした。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返す【第60話】の感想

なんだかまたアリアやアースの周辺に変化がありそうですね。

結婚してハッピーエンドでおしまいかと思っていましたが、確かにミエールや公女の件も解決していませんね。

ミエールはアリアがアースと結婚すれば色々諦めてくれるような感じでもなさそうですし、最後のあの目を見る限りなんだかまた波乱が待ち受けていそうな気がしてなりません。

今度は一体どんな手を使って迷惑をかけてくるのでしょう。

公女からの圧力もあるので、結構大胆な方法に出てくるのでは?と予想しているのですが、アリアの身に危険が及ばないよう願うしかないですね。

そして裁判官が会いたがっているというのが少々気になります。

アースの言うように本当に変な企みがないと良いのですが、私としてもアリアと同じでなんだか非常に怪しく思えてならないです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第60話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる