☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第68話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪女は砂時計をひっくり返す【第68話】のあらすじ・ネタバレ

ついにアリアの裁判が始まりました。

裁判所にはジェシーやアニー、それからサラにお母様も駆けつけてくれました。

多くの人が見守る中、裁判官はまずアリアに殺人未遂容疑で告発されていると告げました。

アリアが告発されるにあたった理由として、ミエールという目撃者がいることを挙げ、まずはミエールの意見が述べられます。

ミエールは自らの目でアリアが伯爵を突き落としたのを見たと主張し、連れてきた友人たちにその場を見たと嘘の供述をさせたのです。

 

次に裁判官はアリアに意見を求めました。

アリアはミエールが言っていることが全て嘘であり、自分はその当時その場にいなかったと主張します。

当然ミエールはこれだけの目撃者がいる中で、どうしてそんなことを言えるのかと反論してきます。

ミエールの友人たちも、屋敷に戻るところを見たと次々に声をあげますが、アリアにとってそんなことは重要なことでも何でもありません。

屋敷に戻ったことは事実だが、屋敷の中に戻ってからの自分を見たのかと問うと、全員黙り込んでしまいます。

ついに証拠を提出へ

次に裁判官は、犯行後逃げたというミエールの情報をどのように説明するのかとアリアに問いました。

ついにアースと作った証拠を提出するときがやってきたのです。

アースは自らを証拠物の証人として証言すると名乗りを挙げ、書類を裁判官へと提出します。

そして旅行へと出かける計画を立て、屋敷に戻ったアリアとともに首都を去ったものの、急いで出発したためにお金の用意を忘れてしまったと説明しました。

そこでツケ払いをした際に作成した支払い明細書にはしっかりと日時が記されており、裁判官は証拠物の確認のために休廷を宣言するのです。

 

ミエールはそんなものは伯爵を突き落とした後でも作れるものだとして、証拠にはならないと反論します。

明細書に記されている日時からは事件が起こってからすぐに出発したとしても、到着できるような距離ではないことは裁判官も理解できます。

さらにアースは明細書と一緒に通行許可証も持参しており、確認に時間を要するため、他に何か証拠でもないのであれば裁判の続きは明日へと持ち越されることとなったのです。

 

捏造された証拠を持ち込んだと怒りに震えるミエール。

その顔はまるで「あんたみたいな人がいるから貴族が恥をかくのよ!」とでも言わんばかり…

しかし自分も偽の証人を連れてきているにも関わらず、そのことは棚に上げてしまう態度に、アリアは感嘆してしまいそうな気分なのです。

民衆が信じるのは、ミエールかアリアか

アースの提出した証拠物の確認のため、休廷が決定したものの、このまま引き下がるわけにはいかないミエールは、他にも証拠はあると言い出します。

ミエールが次の証拠として取り出したのは、あの時ちぎれてしまったアリアのブレスレットです。

現場で見つけたものだと強気な態度に出たミエールは、これをどう説明するのかとアリアを追い込んでいきます。

ブレスレットについては、パーティーのあった日アリアが身につけていたと、ミエールの連れてきた証人も主張したことで、裁判所に集まった人々はアリアの犯行を疑い始めました。

しかしアリアは新しく用意したブレスレットを見せ、アースからもらった大切なものを無くすはずがないと断言したのです。

思い通りにいかないミエールはついに、全てアースが捏造したものだろうと言い出しました。

名指しで偽証していると言われたアースは、ミエールに冷たい視線を向けています。

さらにアースは、アリアに新しいブレスレットを渡していたとしても、どちらが本物でどちらが偽物か証明できるのかと問うと、ミエールはすっかり言葉を失ってしまうのです。

 

あの場所で見つけた物なのに、どうしてこんな状況になってしまったのか…

証人も揃っているのにどうして信じてもらえないのか…

もうミエールは悔しくて今にも泣き出しそうです。

アリア(ミエール、あなたはいつも他人が与えてくれた道を歩んで笑っていたわよね)

(それが自分の力で手に入れたものだと信じて)

(だけど実際はどうかしら?)

(自分の頭で考えて行動した結果は?)

(こんな質問に答える価値すらない)

(これ以上、過去と比べなくても、あなたが愚かな人間であることはよく分かったわ)

(そんなあんたにやられていた過去の私をこれ以上恨む必要もない)

(もう私は…悪女と呼ばれていたロースチェント・アリアではないの)

 

アリアはミエールに、そもそもどうして自分が伯爵を傷つける必要があったのかと聞いてみました。

皇太子との距離を縮めることを望んでいた伯爵とアリアの間に、突き落とす原因になるようなことなどないのです。

アリアのこの一言で、裁判所内の空気が一転します。

皇族に背を向けたら公爵家とは敵対してしまうから、公爵家と婚約しているミエールがやったのではないかとあちこちから声が上がり始めます。

いつも賢明で正しい選択をするアリアが、そんなことをするはずがないという感情が広がりだしたのです。

 

アリア(信頼は積めば積むほど人の考えを変える力を持つ)

(もう彼らが必要としているのは”真実”ではない)

(”私が望むもの”が何なのかだけよ)

(だけどミエール、あなたはある意味本当にすごいと思うわ)

(あの日のあなたは…)

(誰よりも立派な”悪女”であることを証明してくれたから)

(あなたが本当に悪女でよかった、ミエール)

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返す【第68話】の感想

裁判の雰囲気は、やはりアリアとアースの方へと傾いていきました。

サラやジェシー、アニーたちのように過去に戻って築き上げた信頼関係や、投資者として素晴らしい功績を残してきたアリアを疑う人がいないのは当然でしょう。

これほど証拠が集まっているにも関わらず、その場の雰囲気がアリアが犯人ではないという方向へと傾いたことで、焦ってしまったミエールは皇太子であるアースに偽証の疑いをかけました。

アリアと皇太子をいっぺんに引きずり下ろそうと考えてはいましたが、まさかあんなにも失礼なやり方に出るとは予想していませんでした。

それほどまでに焦っていたのでしょうが…

きっとアリアの身の潔白が証明されれば、皇太子を疑った罪でもミエールは罰を受けることになるのでしょう。

裁判官がどのような判決を下すのか、きっとアリアが勝利すると信じていますが、まだ何があるか分からないというハラハラドキドキ感は残されますね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第68話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる