☆期間限定!2/13まで110円SALE中|思春期異聞録

ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第70話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪女は砂時計をひっくり返す【第70話】のあらすじ・ネタバレ

アースの準備した馬車に乗り、裁判所へ向かうアリア。

皇太子の馬車は当然、人々の注目の的です。

きっとアリアが皇太子から信任を得ている事を皆に伝えたいのでしょう。

そんな気遣いをしてくれるアースは、過去に出会った男性たちと比べ物にならないほど愛らしくて仕方がありません。

なんだか一緒にいると、愛しすぎて時々胸が苦しくなるほどです。

 

裁判所へ到着するなり、ミエールとカインがこちらを睨み付けてきました。

ミエールたちが言いたいのはきっと”あんたみたいな奴がよくも皇太子と…”という事でしょう。

皇太子を睨みつける勇気がないけれど、アリアにならできるという幼稚さも感じます。

そんな視線にアリアが落ち込んでいると察知したアースは、もうじき裁判が始まるからとその場を離れる提案をしてくれました。

優しさが嬉しくてアリアはアースの曲がった襟を直してあげました。

すると今度は、アースがアリアの髪の毛についた小さな埃を取ってくれ、二人のイチャイチャタイムが始まってしまったのです。

明らかに苛立った顔でこちらを見るミエールとカイン。

アリアは、彼らにどう見られようが自分には関係ないとアピールするため、アースの体にグッと近寄ります。

あまりに至近距離になってしまったため、アースは顔を真っ赤にしています。

ミエールたちにいたずらすることで頭がいっぱいになっていたアリアも、ここでやっと過去に男性達にやっていた恥ずかしい行為だと気づくのです。

判決が下される

裁判長が到着し、ついに裁判が再開されました。

お母様やサラも祈るようにじっと見守っています。

 

裁判長「被告人の証拠は、明確なアリバイであると立証されました」

「よってここに無罪を言い渡します」

 

十分な証拠集めも行っていたので、こうなることは予想していましたが、やっぱりもしものことが起こる可能性もあったため、アリアはホッと胸を撫で下ろします。

裁判長はさらに今回の件について、唯一の目撃者であるミエールを真犯人として逮捕すると告げたのです。

さらに証人として出廷した二人も、偽証のため禁固3ヶ月という罰が下されました。

証人の二人は、ミエールに頼まれただけなのにと慌てています。

裁判長はさらに、ミエールの罪は懲役20年ほどになると説明し、腕には手錠がかけられました。

 

残されたカインは、今回の告発自体なかったことにして欲しいと裁判長に抗議しています。

証人の二人は、家門の名に泥を塗ってしまったと泣いていて、信じられないほど騒然としています。

最後にミエールは「違うって言ってるのに!」「どうして誰も信じてくれないのよ…!」と怒鳴りますが、もはや誰もミエールの話など聞いてはいないのでした。

アースはすっかり甘えんぼ

翌朝、街ではミエールが真犯人だったという新聞が発行され大きな話題となっていました。

アリアは屋敷に戻ろうとしていましたが、アースは心配がってなかなか帰してくれません。

確かにカインがいる以上、心配されるのも理解できますが、まだ完璧にミエールを陥れられたわけではない以上、屋敷に戻って何かあったときにはすぐに情報を収集したいのです。

アースはアリアが成人していれば、ずっとそばにいても変に思われないのにと残念そうです。

そして裁判所でした様に、また積極的なスキンシップをお願いしたいと甘えてきました。

あれは過去に男達を手に入れるためにしてきたことで、アースにするとなると恥ずかしく思えてなりません。

なので、できればもうしたくないのですが、アースはなんとしてでもまたお願いしたいようで、そんな2人の初々しい姿にアニーとジェシーは思わずニヤけてしまうのでした。

ミエールを救う手段

カインは裁判長の部屋へと向かい、ミエールへの判決があまりに重すぎると抗議しました。

しかし裁判長は、今回の裁判での態度も含めて減刑は厳しいだろうと答えます。

せめて裁判まで保釈して欲しいと頼み込みますが、尊属殺人未遂に人を手配して偽証させている以上、逃走の可能性があり保釈は認められないと断言されてしまいました。

カインは、殺人もお金で揉み消すことができるのが帝国の貴族だろうと裁判長の判断に納得することができません。

もし伯爵が言っていたなら聞いていたに違いないだの、皇太子に影響されているようだの勝手に被害妄想を膨らませて、部屋を出るのでした。

 

そして向かったのはミエールのところです。

こんな狭い空間で生活しないといけないなんてと、小窓越しに涙するミエールをなんとか励ますカイン。

ミエールはこれは全部アリアのせいなのに、もしオスカーに嫌われてしまったらと不安そうにしています。

さらにカインは家に帰るといつもアリアの部屋を見ているんだから、アリアがいたことを証言しろと言うのです。

まさかミエールにバレていたとは知らなかったカインはすっかり慌ててしまいます。

しかしいつも窓から見えていたのはシルエットだけで、確実に中にいたとは言い切れません。

もし嘘の証言をして、さっきの証人の令嬢たちのように罰が下され、伯爵代理になるチャンスを逃したらと思うと、ここはミエールに協力しない方が有利だと判断するのです。

 

控訴も保釈も申請しておくからと言うカインに、ミエールは公女に面会に来るよう伝えて欲しいと頼みました。

裁判にも来てもらえないとは思っていなかったようで、ミエールは最後までずっと泣いているのでした。

アリアの恐れていたことが…

しかし後日、公女から届いた手紙には、忙しいから面会にはいけないと記されていました。

保釈金も受け取ってもらえず、アリアにも公女にも無視されてしまったカイン。

何もかもうまくいかず苛立っていると、伯爵の部屋からお母様の悲鳴が聞こえてきました。

一気に騒がしくなる屋敷。

すぐにカインも伯爵のいる部屋へと向かいます。

するとそこには目を覚ました伯爵の姿があったのです。

 

カイン(…待てよ?もしもお父様が…)

(アリアを犯人だと主張したら…!!)

(今の状況を覆すことができるかもしれない!!)

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返す【第70話】の感想

ついにミエールへの復讐が成功したと思ったのですが…

なかなか思い通りにいきませんね。

まさか伯爵が目を覚ますなんて…

伯爵はどんな選択をするでしょうね。

私の予想としては権力になびきやすい伯爵なので、皇太子を味方につけているアリアを選ぶのではないかと思うのですが。

アリアが以前不安視していたように、ミエールは実の娘ですからね。

しかも禁固20年ともなると、さすがにミエールの肩を持つような気もしてくるんですよね。

でも裁判長があれだけしっかりアリアの味方でいてくれるなら、もし伯爵がミエールを選んだ場合にも、伯爵の頼みであっても公正な判断をしてくれると期待しています。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第70話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる