☆期間限定!2/13まで110円SALE中|思春期異聞録

ピッコマ|悪女は砂時計をひっくり返す【第71話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返すは、 Antstudio・SANSOBE先生の作品です。

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…

自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

悪女は砂時計をひっくり返す【第71話】のあらすじ・ネタバレ

目を覚ました伯爵に近づくカイン…

身体の調子はどうかと話しかけてみるも、伯爵はただ瞬きをするばかり。

もしかすると言葉を話すことができなくなっているのかもしれません。

そこでカインは、この瞬きが肯定と否定を表すものなのか知るべく、階段から突き落とした人物を覚えているかという質問をぶつけてみました。

伯爵がさっきと同じように瞬きをして答えだしたその時、お母様が主治医を連れて戻ってきてしまいます。

部屋の中はあっという間に人でいっぱいになり、カインはこれ以上何も伯爵に聞けぬまま部屋を出ていくことしかできません。

そこへ話を聞きつけたアリアもやってきてカインと鉢合わせしてしまいます。

カインはアリアにこの事実を裁判官に伝えておくと言い残して立ち去ります。

カイン(まあいい、犯人が誰だろうがお父様なら…)

(ミエールの味方につくだろうから)

お母様の今までとこれから

伯爵の件がひと段落し、アリアはお母様とテラスでゆっくりと過ごしていました。

お母様は、下半身麻痺になってしまい、言葉もしっかりと話せなくなってしまった伯爵の現状について触れると、このままだとカインが伯爵になってしまうだろうとアリアに告げました。

自分のことを無視し、娘であるアリアに妙な目を向けるカインを一家の主にしたくはないようです。

 

アリアは今回このようなことになり、一番伯爵の面倒を見ていたのがお母様だということを知っています。

きっと伯爵が目を覚ましたことを喜ぶに違いないと思っていたので、このような反応をされるとは予想外でした。

しかしお母様は、伯爵が自分たちをここに連れてきた理由は何だと思うかとアリアに尋ねるのです。

お母様「あの人は自分にとって面倒くさくない相手が必要だっただけよ」

「亡くなった夫人はとても静かで楽しくなかったと言っていたわ。亡くなったことは残念だけど、気持ちが少しスッキリしたんだとか」

「貴族のことだし、政略結婚した相手を愛す必要はないけれど…そういうふうに話す姿が」

「私にはただのムカつく貴族の旦那としか思えなかったの」

「自分の娘たちを伯爵家の妻にさせようと周りの貴族たちは常にうるさくて…伯爵はそんな利害関係の絡みを嫌がったから」

「私がこう言ったの。あなたの言葉に服従して家をまとめて、私があなたが望む妻になってあげるわ」

「だから私を選んでって」

「もちろんそうは言ったけど、出身がこうだから期待もしていなかったわ」

「まあ…結果はこの通りだけど」

 

お母様はさらに、伯爵の機嫌を損なわなせなければ今のような生活が続くだろうと、自分の立場についてもちゃんと理解しているつもりだと言いました。

しかしそれは相手が伯爵である場合で、カインが主になってしまえば、話が変わってくると考えていました。

これからどうするかについては、完璧な離婚の準備をして、法的に何の問題もなく綺麗に別れて、もらえるものは全てもらってから出て行こうと考えているようです。

アリアについてはちゃんとした職業も財産も、良い人だって手に入れているんだからと何も心配はしていないのです。

お母様はそんなアリアの結婚式を盛大に祝ってから、ここを去るつもりでいると笑ってみせました。

 

砂時計のおかげで2度目の人生を生きるアリア。

過去のお母様が贅沢を楽しんだ挙句、ミエールに毒殺されていたことを思い出していました。

あの頃はお母様も自分も、この世界で生き残る方法を知らずにいました。

きっとここは、そんな需要なことを忘れさせてしまうような場所なのでしょう。

でも今は違います。

絶対にお母様も自分も、幸せにならればならないのです。

そう思いながら、アリアはお母様の手を優しく握るのでした。

伯爵が選んだのは

伯爵が目を覚ましたことで、ミエールは懲役20年から自宅拘禁5年へと減刑されました。

しかしミエールは、伯爵が目を覚ましたにも関わらずどうして減刑にしかならなかったのかと納得がいきません。

そんなミエールに裁判官はキッパリと、伯爵がミエールを犯人だと証言したと告げるのです。

カイン同様、きっと伯爵が自分の味方をしてくれると信じていたミエール。

しかし伯爵が選んだのは自分ではなくアリアの方でした。

ミエール(あれくらい許してくれたっていいじゃない!!)

 

お母様とアリアは今日も伯爵の介護を頑張っています。

お母様がマッサージをし、アリアが少しでも気分が晴れるようにと花を持ってきてワイワイと話す様子を、自宅拘禁となり戻ってきたミエールが部屋の外から睨みつけています。

しかし被害者にあたる伯爵が望んでいない以上、顔を合わせることはできないと護衛に連れて行かれてしまいます。

この光景を目の当たりにして、アリアたちが伯爵を丸め込んだに違いないと分かっていても、何もできないのです。

 

数日前。

お母様がマッサージをしながら、「ミエールが犯人だったなんて…あなたも相当ショックだったでしょう」と伯爵に話しかけました。

伯爵は階段から突き落とされた時の記憶がしっかりと残っており、あの時のミエールの表情がいまだに忘れられずにいました。

目を覚ましてから献身的に世話をしてくれるお母様やアリアこそが、本当に信じられる人たちだと確信した伯爵は、ミエールが犯人だと証言することを決めたのです。

カインからもミエールのために証言をお願いしていましたが、伯爵の気持ちは変わることがありませんでした。

 

しかし自宅拘禁5年くらいであれば、お金でどうにかできるとカインは考えていました。

これでミエールのことはある程度整理できたと、伯爵の座を手に入れるべく動き出すことに決めました。

部屋へと連れてこられたミエールの目からはボロボロと涙がこぼれ落ちます。

涙ながらにミエールがやってきたのはとある小部屋でした。

そこに置かれた紫色の箱を手に取ると、「私がこのまま黙っていると思う?」と呟くのでした。

\ 全話更新中! /

悪女は砂時計をひっくり返す【第71話】の感想

アリアが皇太子と交際していることも知っているからもしかすると…と少し期待もしていましたが、伯爵がまさかアリアの味方をするなんて…

私にとっても非常に予想外の出来事でした。

それもあの時のことを覚えていて、ミエールの表情が忘れられなかったためにという理由で。

当然ミエールからすれば、あんな卑しい女の肩を持ってと腹立たしいことでしょう。

しかしいい加減、自分がどれほど最低なことをしているのか考えてみてほしいものですね。

まだまだ反省する様子もなく、何かしら小箱を手にしていましたが、果たしてあの中身は一体何なのでしょう。

アリアの砂時計の箱と似たような見た目で、私は少々恐ろしさを感じているのですが、どうかミエールがこれ以上暴走しないようしっかりと監視してもらいたいものです。

それか公女からキッパリと婚約破棄でも伝えられれば、少しは大人しくなりそうなものですよね。

問題は、公女がミエールとすっかり距離を置いているというところですけれど…

まとめ

以上、ピッコマで配信中の悪女は砂時計をひっくり返す【第71話】のネタバレをご紹介しました。

悪女は砂時計をひっくり返すはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる