☆期間限定!2/13まで110円SALE中|思春期異聞録

ピッコマ|あなたの心がわかるように【第21話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画あなたの心がわかるようには、Lanyong・Ocean・Leebora先生の作品です。

爵位と引き換えに王室の莫大な借金を肩代わりしたウィンター・ブルーミングと、政略結婚した王女バイオレット。

ところが兄のアッシュが王室の解散を宣言したことで、バイオレットはブルーミング家を欺いたという汚名を着せられ地獄のような結婚生活を送ることになる。

惨めな人生を終わりにしようとしたその時…ウィンターと身体が入れ替わってしまう!?

\ 全話更新中! /

目次

あなたの心がわかるように【第21話】のあらすじ・ネタバレ

バイオレットの部屋にベッドメイクのためルルと、ウィンター待ちのハエルがやってきました。

しかしどれほどノックしてもバイオレットたちの返答はなく、ルルとハエルは顔を見合わせています。

その頃、部屋の中ではウィンターがバイオレットにキスをしていました。

ルルたちもきているのでバイオレットはどうにか止めさせたいのですが、ウィンターはバイオレットの体を強く抱いて離そうとはしません。

さらに2人に「明日はベッドがめちゃくちゃだろうな」とか言われちゃうんじゃ…?!なんて、ウィンターが意地悪を言うので、バイオレットは顔を真っ赤にしています。

 

ようやく解放されたバイオレットは、身なりを整えて部屋の扉を開きました。

しかしバイオレットとウィンターの乱れた様子を見れば、何があったのかなんて簡単にバレてしまいます。

ルルにいじられて、また顔を真っ赤にするバイオレット。

すると急いで仕事へと向かうウィンターが、2回までならパーティーに出ても良いからと言ってくれたのです。

賭けで負けたはずなのに、そんなことを言ってもらえるなんて思ってもみませんでした。

こんなに良いことが待っているなら、これからも時々賭けをしても良いと思えるほどです。

 

夜、眠りにつく前…

バイオレットはベッドに横になり、今日1日の出来事を思い返していました。

カイスルに賭けに、ウィンターがしたかった本物のキスにと、今日は初めての出来事でいっぱいでした。

バイオレット(ウィンターのやり方はやっぱり変だったけど、でも…嫌じゃなかった)

ホテルを去る時

4日後

バイオレットとウィンターはホテルを去る日を迎えました。

ルルを筆頭にスタッフたちは皆、バイオレットが帰ってしまうのを名残惜しそうに見送ってくれました。

ウィンターは永遠の別れじゃあるまいしと、めんどくさそうにしています。

でもしばらく会えない以上、やっぱりバイオレットも寂しい気持ちでいっぱいなのです。

そんなに好きなら屋敷に連れて行けば良いとウィンターは簡単に言いますが、あの惨めで情けないブルーミング家での暮らしを見られてしまうなんて、バイオレットには耐えられません。

同時に、今からあの屋敷に帰るんだという現実を突きつけられたような気分です。

希望が欲しいバイオレット

この辛い現実を持ち堪えるためには、いつか首都に行けるという希望が必要だとバイオレットは考えました。

そこで首都で暮らすのはどうかと提案しました。

もちろん会社も首都にあるからと適当な言い訳をつけて、本当のことは話さないように…

どうせまたいつものように断られてしまうだろうということは予想できましたが、それでもバイオレットには希望が必要だったのです。

しかしウィンターの返事は予想したものとは全然違いました。

なんと「様子を見てそうしよう」とバイオレットの意見を聞き入れてくれたのです。

どうやら会社までの遠い距離を行き来する理由はないと納得してくれたようです。

ただ、ブルーミング家が代々領地に集まって暮らしてきたために、今すぐにとはいかないのだとか…

それでもバイオレットにとっては、もう一度踏ん張る決意を固めるきっかけとなりました。

いつか自分をいじめる人間のいない、大切な人たちのいる首都に戻れるなら、どんな辛いことだって頑張れるように思うのでした。

 

その時車掌がやってきて、線路の点検のため2時間ほどロング・リーウッド駅で停車するとの知らせが入りました。

ロング・リーウッドといえば、ウィンターがバイオレットの私有財産として与えてくれた土地のある場所です。

美しい夕日が照らす中、2人はロング・リーウッド平野へと向かいました。

バイオレットはウィンターがこの土地を与えてくれたことについてずっとお礼を言いたかったのです。

あの日の真実

結婚式の日

アッシュから聞かされたのは、ウィンターが結婚費用を工面するために土地を担保にしてくれたという話でした。

それほど大変だったにも関わらず、ロング・リーウッドを自分にくれたことが嬉しかったのです。

ウィンターは王女様を飢え死にさせるわけにはいかないから当然だと、いつものように愛想なく答えます。

でもバイオレットは、そもそもウィンターとこんな話ができるようになっているのが嬉くて仕方ありません。

しかし列車へと戻るウィンターの背中を見ながら歩いていると、ふいに離婚のことを思い出してしまうのです。

バイオレット(目の前に広が500カタシャンの広大な平野)

(小作料として入ってくるのは毎月200ラクネ)

(質素に暮らして来たから生活に困ることはなかった)

(ウィンターが借金をしてまで私にくれた土地だから)

(離婚することになったら全て返さなくちゃ)

(ウィンターは家庭を守る責任感が強い)

(それを知っているからたとえ長い間家に戻らなくても)

(心から彼を愛せたのだろう)

\ 全話更新中! /

あなたの心がわかるように【第21話】の感想

バイオレットにとっては初めてのことばかりで、本当に濃い1日でした。

本当のキスを知って、バイオレットの中でウィンターに対する気持ちに変化があったかな?と思いましたが、やっぱり離婚は頭から離れないようです。

せっかくこんなに関係改善が進んできたのに、どうしてまだ離婚のことを考えちゃうんだろうと思いました。

きっとそれは原因がウィンターだけでなく、ブルーミング一族にもあるからなのでしょう。

そこでバイオレットは首都で暮らすという方法を提案しました。

珍しくウィンターも共感してくれて、希望が見えてきました。

とにかくあの義両親たちと離れない限り、ずっと嫌がらせをされるでしょうし、ウィンターとバイオレットの溝は埋まりませんよね。

なんとかこの話がうまく進みますように。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のあなたの心がわかるように【第21話】のネタバレをご紹介しました。

あなたの心がわかるようにはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる