☆期間限定!2/13まで110円SALE中|思春期異聞録

ピッコマ|あなたの心がわかるように【第24話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画あなたの心がわかるようには、Lanyong・Ocean・Leebora先生の作品です。

爵位と引き換えに王室の莫大な借金を肩代わりしたウィンター・ブルーミングと、政略結婚した王女バイオレット。

ところが兄のアッシュが王室の解散を宣言したことで、バイオレットはブルーミング家を欺いたという汚名を着せられ地獄のような結婚生活を送ることになる。

惨めな人生を終わりにしようとしたその時…ウィンターと身体が入れ替わってしまう!?

\ 全話更新中! /

目次

あなたの心がわかるように【第24話】のあらすじ・ネタバレ

そもそも足のマッサージにやってきたはずではないウィンターに、バイオレットは用件を尋ねました。

するとウィンターは、昨日両親と分家について話してきたと報告しました。

分家に反対されたと聞いたバイオレットは、自分が継母たちに食事に呼ばれた理由が理解できました。

 

嫌な予感がして落ち込むバイオレットでしたが、首都に仮住まいを設けると聞いて驚きます。

さらにホテルでも良いというバイオレットに、ここよりパーティの多い首都で暮らすには屋敷が必要だろうとウィンターは言ってくれたのです。

そんなことまで考えてくれていたなんてと嬉しくなったバイオレット。

ふいに以前指摘されていた、もっと喜びを表現すべきだとの言葉を思い出し、ウィンターの胸へと飛び込むのです。

しかし、あまりに突然だったのでウィンターは驚いたように「…何だ?」と聞きます。

この間本当に喜んでいるか分からないと言われたからと説明すると、今度は何も言わずに抱き寄せられました。

もしかすると怒らせたのかもしれないと不安になりましたが、どうやら怒ってはいないようです。

でもどうしてそんなことをしたのかは理解できないままです。

入れ替わったときにバイオレットの見たもの

このままでは午餐会に遅れてしまいそうだと、バイオレットは支度させてほしいと伝えます。

しかしウィンターは少しくらいなら遅れても良いと言うのです。

紳士は時間をきちんと守るものだとバイオレットは言いますが、ウィンターは自分は紳士ではないと考えているようです。

どうしてブルーミング家の長男なのにそんな風に感じるのか、バイオレットには分かりません。

するとウィンターは、ブルーミング家の長男だと聞いた貴族たちが、自分を紳士扱いするどころか、ゴミを見るような目で見るんだと打ち明けます。

バイオレット「そんなことないわ」

「身体が入れ替わったときに見たもの」

「あれはあなたを見下しているんじゃなくて、恐れているのよ」

「怖いから身分を盾にあなたを牽制しようとしているだけ」

「わざと傲慢に振る舞う必要はないわ」

「あなたはすでに皆が恐るほどの力を持つ立派な貴族なんだから」

 

バイオレットの温かい言葉は、ウィンターの心を癒してくれました。

差し出された手を握り返したウィンターは、とても穏やかな顔をしているのでした。

次に入れ替わる日が決まる

ウィンターは次に入れ替わってほしい日があると言い出しました。

9月の1週目にカントゥス修道院で開かれるパーティーで、ワインの独占契約に乗り出したいようです。

分家のことを聞いてくれたお礼もあるからとバイオレットは入れ替わることを快諾します。

 

こうしてウィンターと色々な話ができるようになったことは、バイオレットにとって大きな変化でした。

もしかすると、嫌ってないと言っていたのも嘘ではないのかもしれないと期待してしまう自分がいるほどです。

いつか自分の寂しさもわかってくれる日が来るかもしれないと希望を抱く一方で、死への恐怖が蘇って来るのです。

継母たちの言い分

午餐会へ向かったバイオレットとウィンター。

継母はいつものように弱いふりをして、分家に反対だと言いました。

思っていた以上に反対する様子に、バイオレットはふとウィンターの気持ちが変わったらどうしようという不安を感じ始めていました。

彼が両親に逆らうようなことをしないのは、バイオレットもよく分かっています。

 

すると継母が、バイオレットの体調を気遣うようなことを言ってきました。

そんなこと聞かれると思っていなかったバイオレットは驚きますが、パーティーを欠席していたことが気に入らないようです。

何も反論できないまま「もう大丈夫だと思います…」と答えたバイオレット。

すると、ウィンターがまだ大丈夫ではないとフォローしてくれたのです。

さらに、ヤブ医者がいい加減な薬を処方していた事実に触れ、間で金を横領していたに違いないと怒りをあらわにしています。

継母も2人の気持ちに寄り添うフリをして、困ったことがあれば話してちょうだいだなんて笑っています。

慰められても素直に受け入れられないこの状況に、バイオレットは自分が変なのではないかと感じるほどです。

子どもについて

そこで継父がそこまでして分家を望む理由は何なのかと、バイオレットに聞きました。

当然ウィンターは、分家は自分が言い出したことだと間に入りますが、継父はウィンター自らそんな提案をするはずがないと、バイオレットが言い出したことのように話を進めるのです。

そして理由を答えないバイオレットに対して「子育てするには首都の方がいいと思ったのか?」と問います。

そんなことを聞かれると思っていなかったバイオレットは驚きます。

ウィンターはこの話には付き合っていられないと判断したようで、席を立ちます。

行くぞと言われたところで、まだ話の途中…

結局バイオレットを残して、ウィンターは部屋を出て行ってしまいました。

バイオレットもすぐに追いかけようとしますが、継父たちに呼び止められてしまうのです。

継父「どういうことだ?子供を産まないとは?」

バイオレット「夫が子供は欲しくないと…」

継父「だったら君が説得すべきだろう!」

継母「家庭に愛着を持てないからあんなこと言うんじゃないの?」

バイオレット「…申し訳ございません」

 

すると継母はウィンターの頑固な性格を理解しているかのような言い方をして、すぐにウィンターを追いかけるようにとバイオレットを追い出します。

残された2人は、ウィンターとバイオレットの仲が予想以上に深まっているのを目の当たりにして、不安な気持ちを大きくしていました。

まさか今日も一緒に来るとは思っていなかったのです。

しかし一方で、バイオレットはウィンターとの間に子供ができないことを知らないという確信も持てました。

継母は継父に準備させた薬を確認して、バイオレットの主治医を呼ぶのでした。

\ 全話更新中! /

あなたの心がわかるように【第24話】の感想

継母たちの演技には、毎回不快な気持ちにさせられます。

ウィンターと身体が入れ替わっているときに、嫌味の一つでも言ってほしいものです。

ウィンターが彼に逆らえないのは、まだ彼らの本性を知らないというのも関係していると思います。

自分が金のために大切にされた存在だと知っていれば、これほどまでに優しくなんてできないはず…

いつかバイオレットがウィンターと幸せになるのはもちろんなんですが、ブルーミング夫婦への復讐も期待したいです。

アッシュと一緒にどこかへ追放して不幸にさせたいと私は思いますが、バイオレットは優しいから、最後には許しちゃうかもしれないななんて考えたりもします。

 

またバイオレットの体に、継母たちは何か悪さをしようと考えているようです。

果たしてウィンターは、バイオレットの周辺で起こる嫌な予感に気付けるのでしょうか。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のあなたの心がわかるように【第24話】のネタバレをご紹介しました。

あなたの心がわかるようにはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる