☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|姉が男主人公を拾ってきた【第22話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「姉が男主人公を拾ってきた」は、 Moon Si Hyun先生、Doubu先生の作品です。

エイミーが16歳になる日の朝、姉のディアナがある物語の主人公を拾ってきました。

まさかの展開に驚くエイミーですが、こうなった以上仕方がないと、その男の子に「ノクス」と名前を付けました。

彼の本名は「リノク・イベルク」と言う名前ですが、記憶がないようです。

昼間は天使のように可愛らしい子供ですが、夜になると大人の男に・・・。

ノクスとの生活はどうなっていくのか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

姉が男主人公を拾ってきた【第22話】のあらすじ・ネタバレ

見つかってしまったエイミーとノクス。

怪しい人は、隊長を呼びました。

思ったより簡単に見つかったと話している人達ですが、隊長と呼ばれる男もまた「つまらん」とつぶやくのです。

そしてエイミーを見て、商人が言っていたのはこの女の事か・・・と言いました。

森の中の状況は交戦中だが優勢だそうで、大公の騎士団はここまで来ないだろうとのこと。

じゃあディアナはどうなったんだ?とエイミーの頭を過ります。

「商人に頼まれましたが、この女はどういたします?」

「くだらない質問だ、全員殺せ」

エイミーがノクスを庇いますが・・・

エイミーが止めましたが、ノクスはその男たちに体当たりをしに行きました。

男たちは急なことで驚き、倒れてしまうのです。

ノクス「・・・来るな!エイミーに手を出すな!」

必死にエイミーを庇うのですが、隊長はガキのくせに・・・とそれでも殺してしまうという考えは変わりません。

「一思いに殺してやる!」

隊長と呼ばれる男が剣を振りかざした瞬間、ノクスの元へ来たエイミーが彼を強く抱きしめてかばいます。

お願い・・・誰か助けて・・・!

その瞬間、エイミーの手の甲が光り出し・・・あの文様が浮かび上がったのです。

敵は眩しさでひるみます。

すると抱きしめていたはずのノクスが、まさかの夜の大人のノクスに戻っているのです。

ノクス「エイミー、状況は飲み込めないが・・・泣くな」

目の前にいるノクスに驚くエイミーですが、ノクスも昼だということに驚いている様子です。

「子供が大人になっただけだ。大公とはいえ相手は1人!恐れるな!」

敵に大公と呼ばれたノクスは何のことかわからない様子ですが、それについては後で聞くと言い剣を持ちます。

ノクス「全員止まれ。下手に動かないほうが身のためだ」

エイミーの作戦

敵はいっせいにノクスに向かってきます。

一気に倒してしまったノクスですが、エイミーを守りながら戦っている為、女を狙って隙を作れと敵に命令が入りました。

ノクスはエイミーを呼び、自分にしがみつくように言います。

はい、と言いながら必死にノクスにしがみつくエイミー。
 

ノクスはエイミーがくっついたまま、剣を振ります。

外にある袋に気づいたエイミーは、その袋を剣で切り裂くようにノクスに言いました。

ザクッと袋に切れ目が入った瞬間、袋から粉があふれ出します。

ノクス「あれは何だ?」

エイミー「発火作用があるペイレンという草で、衝撃を与えると爆発するんです」

今のうちに逃げようとエイミーは言いました。
 

家の周りは燃えており、悔しそうにしている敵陣の体調。

「絶対に大公を逃がすな!」

と、命令しました。

\ 全話更新中! /

姉が男主人公を拾ってきた【第22話】の感想

あの文様でノクスが大人になったり子供になったりすることがわかりました。

となると原作とはかなり変わってきますよね・・・。

エイミーでもそれが可能であれば、もしかするとノクスを助けることができるのかもしれません。

ただ今は、逃げ切ることが大切!

ディアナの安否が気になりますが・・・、このままでは帰る家がなくなりますよね・・・。

エイミーが無事で、何もなく元の生活に戻ることができるといいのですが。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の姉が男主人公を拾ってきた【第22話】のネタバレをご紹介しました。

姉が男主人公を拾ってきたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる