☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|姉が男主人公を拾ってきた【第29話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「姉が男主人公を拾ってきた」は、 Moon Si Hyun先生、Doubu先生の作品です。

エイミーが16歳になる日の朝、姉のディアナがある物語の主人公を拾ってきました。

まさかの展開に驚くエイミーですが、こうなった以上仕方がないと、その男の子に「ノクス」と名前を付けました。

彼の本名は「リノク・イベルク」と言う名前ですが、記憶がないようです。

昼間は天使のように可愛らしい子供ですが、夜になると大人の男に・・・。

ノクスとの生活はどうなっていくのか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

姉が男主人公を拾ってきた【第29話】のあらすじ・ネタバレ

なぜ皇太子がここにいるのだろうか・・・?

タンシズは、小説の中でブロンドの美男だという設定でした。

ですが今のタンシズの髪の毛が違ったので、気付くことができませんでした。

エイミー(私のバカ!顔を見て、気付きなさいよ!)

頭を抱えているところで、彼はどうしたのかと聞いてきました。

エイミー「そのようなお方がなぜ、こんな所に?」

タンシズ「討伐に向かうという噂を聞きませんでしたか?」

エイミーはその話を聞いてはいましたが、普通は都市の方にいくもので、護衛もつけていなかったためにそうだとは思いませんでした。

タンシズ「不法に作られた里に行くのに、騎士を引き連れていったら、皇室の許可を得ずここに住み着いた人達が驚くでしょう」

エイミー「・・・まさか、この里を消すおつもりですか・」

彼はそのような思いはなかったわけではないと言い、エイミーは唾を飲みました。

タンシズはエイミーに近づき、自分を救ってくれたあなたが住む里なので目を瞑ると言ってくれました。

タンシズ「私は美しいものに弱いのですよ」

そう言いながら、エイミーの手を優しく掴むのです。

思わず目を逸らしてしまったエイミー。

立ち上がり、いきなり何を言うんだと彼に問います。

タンシズ「噂で聞いていた逃亡者の里を見に来たのですが、それよりも面白いものを見られました」

「まさか、ここで治してもらえるとは思ってませんでしたよ」

そして、エイミーにお礼を言いました。
 

まずいことになってしまった・・・。

何のために息を殺してこの里に隠れていたのだろうか?

リノクの幸せを祈って逃げてきたはずなのに・・・。

また、他の登場人物と関わってしまったのです。

しかも相手は、リノクを殺したいほど恨んでいるタンシズです。

エイミー「・・・このあと、他の患者さんが来られるんです。すみませんが、お帰りください」

タンシズは、必ずまた会いに来ると言い、エイミーの家から出て行きました。

エイミー(はぁ・・・やっと行ったわ)

とにかく隠れなければいけない、ですが山の近くは小さな里ばかりですからすぐに足取りがバレてしまうでしょう。

そうだ!人ごみに紛れたらいいんだ!とエイミーは思いつきました。

急に行動を変えたエイミー

エイミー「リンネ!いないの!?」

リンネの家のドアを強くノックします。

リンネ「どうしたの?さっきのお客さんは?」

もう治してきたと答えるエイミー。

リンネ「ところで、その格好は何?」

いつもと違うエイミーの服装を不思議そうに見ています。

エイミー「ソルフィンで開かれる祭典!一緒に行こうと思って!」

リンネ「行けるならうれしいけど・・・いつ?」

少し慌てている様子のリンネですが、エイミーは今日だと答えました。

リンネ「ええっ!?今から!?」

エイミー「ポールおじさんが木材を売りに4時に出るから、その馬車に乗せてもらおう!」

祝賀パレード?

そして3日後。

ソルフィンに到着した、エイミーとリンネ。

リンネ「祭典となると雰囲気が変わるわね。いつものソルフィンとは全然違うわ!」

夜市もやっている!と楽しそうにしています。

サーカス団が来ているみたいだから言ってみようとエイミーを誘いますが、反応がありません。

エイミーは、げっそりとしていて気分が悪そうです。

エイミー「リンネは車酔いしないの?」

リンネ「私は平気だけど、エイミーは酔いやすいね」

だから普段は都市に来ないのか?とリンネが問うと、家にいるのが一番好きだとエイミーはもうベッドが恋しいのです。

リンネは、せっかくだから楽しもうとエイミーの手を繋ぎました。
 

エイミー「ちょっと引っ張らないで・・・」

リンネ「あれ見て!英雄大公の銅像みたいよ!」

馬にまたがっている男の人の像は、どう見てもリノクです。

何年か見ないうちに成長したのね・・・とエイミーは像をじっと見つめます。

エイミー「あの人が魔法使いのセレナでしょ?」

銅像の馬の後ろに似は、女性の像も一緒に立っています。

本当にきれいだ・・と、リンネは見つめています。

ふと銅像を見に来た子供の声が耳に入りました。

「ママ、大公様とセレナ様は愛し合ってるの?」

「そうよ、ママとパパみたいに仲良しなの」

そんな話が聞こえてきて、あの二人は原作通りに恋に落ちたハズだとエイミーは少し安心しているようです。

リンネ「エイミーどうしたの?」

エイミー「銅像がすごくきれいで、感動しちゃった」

嬉しそうに、よかった!と言い出したリンネに、何がなのかエイミーは聞きました。

リンネ「セレナを見られるかもよ!」

エイミー「何ですって?」

リンネ「魔獣の王を倒したあと、大公とセレナは帝国中をパレードしてるでしょ。知ってるからここに来たのかと思ってたけど・・・」

エイミーはそれはどういうことなのか、リンネに聞こうとしましたが、途中で止めます。
 

魔獣の王を倒したあとは三角関係になり、リノクはセレナにプロポーズして結婚するはずです。

エイミー(この祭典は二人の結婚を祝うものだと思ってたのに・・・パレードをしてるなんて知らなかった!私はここにいちゃいけないわ)

ですがリンネは、明日のパレードを楽しみにしているのです。

早く宿を探してゆっくり休もうと、エイミーに言いました。

まさかの再会

人ごみをかき分けて、エイミーは急ぎます。

疲れすぎて寝過ごしてしまったエイミー。

リンネは先に広場に向かっているのです。

エイミー(パレードが始まる前にここから離れるってリンネに伝えないと!)

急いでリンネを探します。

「誰かをお探しですか?」

エイミーは急に、後ろから腕を掴まれてしまいました。

振り向くとそこには、タンシズがいたのです。

タンシズ「またお会いしましたね」

\ 全話更新中! /

姉が男主人公を拾ってきた【第29話】の感想

タンシズを上手く追い払うことができましたが、今後再会するフラグがすぐに経ちました。

ですが、せっかく隠れる為に祭典に来たのに・・・。

ここですぐにタンシズとの再会!

リノクじゃなかった・・・と少しガッカリです(笑)
 

銅像には、リノクと魔法使いのセレナが模してありました。

数年経っているので、リノクも大人の姿でしたし、銅像とはいえ雰囲気が違いました。

パレードが行われるそうで、そうなるとここにリノクもいるってことですよね?

だからエイミーは焦っているのでしょうか?

でも、もともと祭りには行きたくなかったのに、タンシズから逃げる為に計画を変えました。

これが吉と出るのか凶と出るのか・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の姉が男主人公を拾ってきた【第29話】のネタバレをご紹介しました。

姉が男主人公を拾ってきたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる