☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|姉が男主人公を拾ってきた【第52話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「姉が男主人公を拾ってきた」は、 Moon Si Hyun先生、Doubu先生の作品です。

エイミーが16歳になる日の朝、姉のディアナがある物語の主人公を拾ってきました。

まさかの展開に驚くエイミーですが、こうなった以上仕方がないと、その男の子に「ノクス」と名前を付けました。

彼の本名は「リノク・イベルク」と言う名前ですが、記憶がないようです。

昼間は天使のように可愛らしい子供ですが、夜になると大人の男に・・・。

ノクスとの生活はどうなっていくのか!?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

姉が男主人公を拾ってきた【第52話】のあらすじ・ネタバレ

可愛いオオカミの子供を抱きかかえ、どうしたらいいんだろうとエイミーは悩んでいます。

すると部屋のドアが開き、ノクスがやってきたのです。

エイミー「あ・・・おはよう」

笑顔だったノクスですが、オオカミを見た瞬間に動きが止まって表情が暗くなります。

ノクス「・・・エイミー、どうしてオオカミがここにいるの?」

一緒に寝ていたのかと聞かれたので素直に答えたのですが、ノクスの表情が変わってしまいます。

そして冷たい目で、それを捨ててもいいかと聞いてきたのです。

さすがにダメだと答えるしかないエイミーは、オオカミを抱きかかえました。

生き物を捨てることなんてできないと説明していると、ノクスは涙を流しながらその子の方が好きなのかと不安そうにしているのです。

どうしてそんな風に考えるの?泣かないでと慌てながらノクスに言います。

はっきりとした原因はわかりませんが、兄弟ができるだけで不安になると言われているので、オオカミを見てエイミーを取られたと感じたのかもしれません。

エイミー「ごめんね。ノクスの気持ちを考えてなかったわ」

彼の涙を拭いながら言いました。

エイミー自身も、急にこの子が現れて何がなんだかわからないんだと説明すると、育てるのかとノクスは聞いてきました。

このオオカミの父親がここに置いて行ったから、しばらくはそうしなければいけない。

他に行くところもないし、母親の居場所もわからないんだと教えました。

ノクスはオオカミをじっと見つめ、頭を撫でます。

ノクス「お前、僕と似てるんだな・・・」

父親には捨てられて母親の居場所がわからないことが自分と同じだと感じたノクスに、エイミーはお友達になってくれたら嬉しいと笑顔で言いました。

ペンリルの子の名前

名前はなんていうのかと聞かれたので、まだないのかもしれないと答えるエイミー。

するとノクスは、一緒に付けようと提案してきました。

どんな名前がいいのか考えていると、色で決めるのが一番簡単なのではないかとエイミーが言いました。

ですは「ホワイト」はオオカミの子が嫌がり、「シルバー」も明らかに嫌がっている・・・。

エイミー「それも嫌なら・・・白ちゃん?」

すると満足そうにしているのがわかりました。

この子の名前は「白ちゃん」に決定です。
ノクスは恥ずかしそうに、エイミーに自分の名前も呼んで欲しいとお願いしてきました。

それと頭も撫でて欲しいと。

そんな彼が可愛いと感じたエイミーは、頭を撫ででノクスの名前を呼びました。

ノクスはとても嬉しそうにしています。

古代の魔法使い?

お友達になった記念に、ティータイムにしようとノクスを誘います。

ベッドから立ち上がろうとすると、他にも何かあることに気づきました。

手元にあったのは花の模様が入った手鏡です。

どうしてここにあるのだろうと思ったのですが、ふと前に見た皇室と繋がる魔法の道具ではないのかと気になりました。

どうしたの?とノクスに言われて我に返ったエイミー。

着替えていくので白と待っていて欲しいとお願いしました。
ノクスがいなくなり、すぐにこの鏡をロッテかベイカーのところに持っていこうと決めました。

立ち上がろうとすると鏡が光り出し、エイミーはまたフードを被って森の中にいたのです。

エイミー「ここは・・・あの時の森じゃない」

目の前に座っている男性は、前に会った人と同じ「タンシズ」です。

どうしてここに来たのか不思議に思っていたエイミーに、タンシズはおそらく記憶の中で一番幸せな瞬間だからだと話しました。

彼は救ってもらう前は、歩くことすらできなかったそうです。

救ってもらったと言うのが気になっているエイミーですが、タンシズに今日は何の用で来たのかと聞かれました。

タンシズはエイミーのことを、新入りの魔法使いだと呼んだのです。

エイミー「新入りの魔法使いですって?私が?」

タンシズ「古代の魔法に選択された方が、自分の正体にまだ気づいていないのですか?」

彼は新入りの魔法使いに教えてくれるのだそうです。

私たちにとって魔法は、呼吸をするよりも簡単なこと。

そしてエイミーに近づき、光で包みました。

タンシズ「自分自身を認めそして祈りなさい。するとあなたの中から魔法が溢れ出るでしょう」
彼は微笑みながら、同じ古代の魔法を使う人から答えを聞いたのだから、顔くらい見せて欲しいとお願いしてきました。

エイミー「そ・・・それはちょっと!」

ですがタンシズは聞かずに、エイミーのフードを取ってしまったのです。

タンシズ「あなたは・・・!」

エイミーをじっと見つめてきます・・・。

\ 全話更新中! /

姉が男主人公を拾ってきた【第52話】の感想

タンシズのことすっかり忘れていました(笑)

にしても、彼が魔法使いだったとしても、エイミーを呼ぶのはなんでなのでしょうか?

タンシズの方がエイミーに用を聞いてますが、エイミーは特に何の用もないはず・・・。

ノクスが待っているのに!

さらにはついにエイミーだとバレてしまったので、これは一波乱ありそうです・・・。

リノクにバレたら大変なことになりそうですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の姉が男主人公を拾ってきた【第52話】のネタバレをご紹介しました。

姉が男主人公を拾ってきたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる