☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ある継母のメルヘン【第52話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「ある継母のメルヘン」は、ORKA先生、Spice&Kitty先生の作品です。

若くして4人の子供たちの継母となったシュリー・フォン・ノイヴァンシュタイン侯爵夫人。

沢山の別名をつけられてきた彼女ですが、誰に何と言われようと子供たちと家を守っていくことが大切でした。

無事に長男であるジェレミーの結婚が決まるのですが、結婚式には呼んでくれない様で・・・。

そのことをきっかけにシュリーは動き出したのですが・・思わぬ事故で目を覚ますとそこは侯爵邸の部屋だったのです!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

ある継母のメルヘン【第52話】のあらすじ・ネタバレ

17年前のこと。

ライヒ伯爵「あまりにもひどい・・・!」

神からの贈り物だと言われる薄紫色の薔薇は、長い間忘れられたまま今に至りようやく日の目を見られると思ったのですが・・・。

廃棄しろとの指示がくだりました。

ライヒ伯爵「歴史的学術的価値は、皇室にとって何の意味も持たないということでしょうか・・・!?」

明らかに動揺している様子のライヒ伯爵は、ヨハネスに同意を求めました。

ライヒ伯爵「この薔薇の勝ちを知っているからこそ、私への支援を惜しまなかったのではありませんか・・・!」

当時、ヨハネスは28歳。

ヨハネス「あの薄紫色の薔薇は、皇帝陛下がルドヴィガ皇后へ捧げた花です」

「皇室のものであるからには、その終わりを決めるのも陛下の自由でしょう」

そのルドヴィガ皇后の肖像画の前で二人は話しているのです。

ライヒ伯爵「そうですが・・・しかし・・・!」

業務の為にすぐに皇宮を離れなくてはならないヨハネスは、幸運を祈っているとライヒ伯爵に伝えました。

ライヒ伯爵「いくら何でも・・・これはあんまりです・・・」

「侯爵様であればきっと、私と同じお考えでいらっしゃると信じています」

そしてライヒ伯爵は呼ばれてその場から離れます。

 

どうしてなのかはわかりませんが、愚鈍な彼でもヨハネスの後ろ姿を見た瞬間に、気付いたのです。

すぐに皇宮を去ると言った彼が、肖像画の下で長い間立ち続けるであろうことを・・・。

ルドヴィガ皇后は、シュリーのそっくりなあの女性です。

裁判の撤回

「一体、あなたたちは何のために結婚したのですか!?」

裁判で問い詰められたシュリーは、契約と同様だと答えました。

シュリー「ヨハネスは、私が広い世界でより多くの機会に触れることができるよう、手助けをしてくれただけです。私の潜在能力を高く買ってくれていたのです」

到底信じられない!と、枢機卿たちは声を荒げます。

「ならば他の裕福な貴族たちのように、名誉ある後継者の真似でもすれば済むものを!」

「わざわざ多くの非難まで甘受しながら、夫人を娶る理由が他にあったはずでしょう!」

するとニュンベル公爵が、下品な憶測をやめるようにと止めに入りました。

ライヒ伯爵「・・・あの・・・」

「・・・確かなことは・・・わかりませんが・・・」

「ヨハネスが夫人を選んだ理由は、おそらく・・・」

その発言の途中で、皇后陛下とニュンベル公爵は何かを察したようです。

「「そこまで!!!」」

ライヒ伯爵の発言を止めたのは皇后陛下で、あまりの大きな声に会場中が驚きに包まれています。

皇后陛下「この場の全員が、恥ずかしさの欠片も知らぬ獣になってしまったようね!」

「このような程度の低い公判は、悪質な前例を残すだけ!これ以上、黙って聞いてはいられないわ」

そして、本裁判の撤回を命じたのです。

マイスナー「!!それは不可能です、皇后陛下!!」

皇后陛下「枢機卿、あなたたちは神聖な言葉を紡ぐべきその口で、今までどのような言葉を吐いていたか振り返ってみるべきね」

枢機卿たちの席を睨みつけ、皇太子を呼びました。

テオバルト「母上が命じられた通り、これ以上裁判を行う必要はありません」

「ジェレミーは僕の古くからの友達、小さな誤解を大げさに騒ぎすぎてしまったようですね」

驚きのあまり心の余裕を失い、もっと早くこの事態を落ち着かせるべきだったのにそうしなかったのは、自分の過ちだと申し訳なさそうに話しました。

皇后陛下「・・・このように当事者である皇太子が直接前に立ち、罪人を許すことを進言したので、これ以上の言葉が必要ないでしょう」

皆家に帰り、年末をゆっくり過ごすしながら頭を冷やすように言いました。

皇后陛下「そして、婚姻の中止を行う必要はなさそうね」

「すでに、もっともふさわしい座に身を置いているようだから」

そう言い残して皇后陛下はその場からいなくなりました。

心の支え

裁判が終わりました。

ジェレミーは無事で、シュリーも皆の側を離れずに済むのです。

「ママ!!!!」

傍聴席を見てみると、そこにはエリアスや手を振っているレイチェル、そしてレオンの姿がありました。

シュリー(どうして・・?家で待っているはずの子供たちがどうしてここに・・・)

「カッコよかった!!」

「兄様はもう大丈夫だって!!」

「早く家に帰ろう!!」

恥ずかしそうにしているエリアスの横で、レイチェルとレオンが嬉しそうに大声で叫んでいます。

そんな子供たちの姿を見てポカンとしているシュリーですが・・・。

これからどうやって帰ればいいのか、なにやら双子たちがワイワイ話はじめていました。

 

聡明な子たちではあるが、今日のような事件を理解するにはまだ幼すぎる。

傷つけることにならなくてよかったと、シュリーは安堵しました。

「かっこよかったですよ、シュリーさん」

エリアスの後ろから顔をのぞかせたのは、ノラでした。

ここまで応援しに来てくれたんだと、急に心が軽くなるのを感じます。

シュリー「私、勝ったわ!」

満面の笑みでノラに結果を伝えるシュリーはとても輝いて見えます。

シュリーが向かった先

ノラは、どこにも当てはまらない欠片だと自身の事を感じています。

角張っていて使い道なんてなく、無造作に捨てられた小さな欠片。

ですが彼女だけが、今のままでいいのだと信じてくれました。

「あなたは勇気を与えられる子だから」

その言葉のとおりになりたい、感じたものよりも与えられたものよりも大きな温もりに。

いつだって今日のように世界中が彼女の敵であったとしても、傍に立つ自分を見て微笑むことができる。

あなたの平和に、なりたいと・・・。

 

高波のようにシュリーたちを襲った裁判は、誰も予想していなかった形で幕を閉じました。

子供たちがいないことに気づき、血相を変えて駆けつけてきたロベルトとグウェンが、みんなを無事に家へ連れて帰ってくれました。

ジェレミーは仰々しかった逮捕過程に比べ、あっけないほど簡素な釈放手続きを終えて自由を取り戻しました。

あんなことを経験しても凛とした姿は相変わらずでしたが、一方で何か深い苦悩を抱えているようにも見えます。

裁判を見に来ていた人達は、まるでつまらない演劇に愛想を尽かしたかのように、何の未練もない様子で足早に消えていきました・・・。

次々とかけられる挨拶の言葉と雑多な騒音の間で、シュリーこれからも執拗に追いかけ続ける真っ暗な視線が静かに光ることを感じていました。
 

シュリーはとある部屋に入りました。

「いらっしゃい。話したいことが山ほどあるでしょう」

「あなたも、そして私もね」

そこにいたのは、皇后陛下です。

皇后陛下「お座りなさい。ノイヴァンシュタイン侯爵夫人」

\ 全話更新中! /

ある継母のメルヘン【第52話】の感想

シュリーたちの大勝利です!

理由が詳しくは書かれていませんでしたが、きっとヨハネスはルドヴィガ皇后を大切に思っていた。

そんな彼女に似ているシュリーもまた大切にしていた。

という流れでしょうか?

ライヒ伯爵はきっとルドヴィガ皇后とのことを話そうとしたところで、皇后陛下が止めました。

ということは、あまり周りに知られてはいけないことだということ。

ニュンベル公爵も同じような反応だったので、この姉弟は知っているのでしょう・・・。

とにかく、シュリーの居場所がなくならなくてよかった。

ただ、ジェレミーは何かが引っかかっている様子です。

これから大きな問題にならないといいのですが・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のある継母のメルヘン【第52話】のネタバレをご紹介しました。

ある継母のメルヘンはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる