☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ある継母のメルヘン【第36話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「ある継母のメルヘン」は、ORKA先生、Spice&Kitty先生の作品です。

若くして4人の子供たちの継母となったシュリー・フォン・ノイヴァンシュタイン侯爵夫人。

沢山の別名をつけられてきた彼女ですが、誰に何と言われようと子供たちと家を守っていくことが大切でした。

無事に長男であるジェレミーの結婚が決まるのですが、結婚式には呼んでくれない様で・・・。

そのことをきっかけにシュリーは動き出したのですが・・思わぬ事故で目を覚ますとそこは侯爵邸の部屋だったのです!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

ある継母のメルヘン【第36話】のあらすじ・ネタバレ

レイチェルとレオンは、楽しそうに何かの準備をしています。

レイチェル「これなら間に合いそうだわ」

レオン「ママが気づいたらどうしよう?」

ですが私達しかいないときに作っているんだから大丈夫だとレイチェルは言います。

「うふふ・・・」と不気味な笑みを浮かべる二人。

ママがすっごくビックリするだろうなーと、明らかに何かを企んでおり、楽しそうに見えます・・・。

シュリーは買い物に出かける

騎士団に護衛をお願いしに行くと、一人の騎士は今日はお供ができそうにないと困った表情をしています。

今日は騎士団定期訓練がある日だった・・・とシュリーは気づきましたが、それ以外に理由があるのだそうです。

それは、ジェレミーの稽古。

はしかで寝込んでしまったからと、今までの分を取り戻すべく練習の鬼と化しているのだそうです。

聖誕祭の買い物に行くシュリーは、グウェンと一緒。

ジェレミーの欲しいものであるだろう剣は工房に依頼していたのですが、他の子供たちの分は聖誕祭が近づくまで待たなければなかなかったのです。

理由は・・・、欲しいものが何度も何度も変わってしまうから。

すると他の護衛騎士を準備してくれることになりました。

シュリー「一人いてくれれば十分だと思うわ。せっかくだから余所行きの気分で出かけたいの」

 

沢山のお店を周り、エリアスが欲しそうなものが見つかりません。

シュリー「本人は騎士が夢だって言うけど、本当になりたいのか兄の真似をしているだけなのかよくわからないし」

グウェン「練習ももう長いことやっておられませんしね」

アルベルンからの報告、ヴァレンティノとの事件、この二つが気にかかります。

剣以外に何か意味のある贈り物はないかな・・・?とグウェンと一緒に考えているのです。

シュリー(あの子は一体どんなものが好きなんだっけ!?)

全てを平等に嫌うタイプのエリアス。

あれも嫌だ、これも好みじゃない、などと言われてしまうことだけが目に浮かびました。

そんな悩んでいる二人を眺めている男性がいます。

 

男性「随分と長いこと悩んでいらっしゃいますが、一風変わった品をお探しですかな」

するとごそごそと奥から小さな箱を取り出してくれました。

男性「こちらへ来てごらんなさい」

今はほとんど使われず、骨とう品のようなものだそうです。

男性「あまりにも美しい色をしていたため、今まで保管しておいたのです」

出してくれたのは赤い色の弩弓。

シュリー(あれ?どこかで見覚えがあるような・・・)

頭に浮かんできたのは前侯爵夫人。

グウェン「奥様・・・もしかして私と同じことをお考えですか?」

シュリー「全侯爵夫人が思い浮かんだわ、グウェンも?」

二人でそう思うくらいなら、エリアスもきっと気づくはずだと。

シュリー「この弩弓、いただきますわ」

双子のものを買い物に行くのですが・・・

荷物を詰め込み、双子の買い物は百科事典全集だとグウェンが言いました。

数ブロック程行けばお店があることで、向かうことにしました。

グウェン「奥様、嬉しそうなお顔ですね」

シュリー「そう見える?」

そしてシュリーは、エリアスのことをあまりにもおろそかにしていたような気がしていたことを話しました。

ですが今回のプレゼント、気に入ってくれればいのだけれど・・・と少し不安そうです。

グウェン「きっと気に入ってくださいますよ」

 

お店に到着しましたが、まさかの休業。

聖誕祭前に休業だなんて!!とシュリーな悲鳴を上げました。

グウェンは明日また来てみようと提案しますが、シュリーが祝祭前に時間があるのは今日だけだそうです。

今回の贈り物は少なくとも自分の手で直接選びたいと考えているシュリー。

グウェン「奥様それであれば、他の方法がございます」

やってきたのは、中流階級の市民たちのための商店街。

贈り物を買いに来た人達でにぎわっているのです。

シュリー「高価な品は無理でも、本であればここでも充分購入できそうね!!」

グウェンにお礼を言い、本を探すことにしました。

外国語、数学、天文学・・・。

上流層の書物に比べると作りはおとりますが、種類はこちらのほうが遥かに多いのです。

シュリー(店の中の品物の見てみなきゃ)

すると隣に、嬉しそうに鼻歌を歌いながら女性が荷物を足元に置いてきました。

よほど本が好きな人なんだろう・・・シュリーはその女性を見て、微笑みます。

一瞬の事でした。

隣にいた女性が置いた荷物を、スリが掴んで行ったのです。

シュリー「ちょっとあなた!そのカバンを下ろしなさい!!」

気づいたシュリーが大声で止めますが、そのスリは人ごみの中に走って逃げて行きます。

ここで隣にいた女性が何かをつぶやくと・・・、大きな男がすのスリを地面に押さえつけたのです。

まさかの展開に驚くシュリーたち。

すると女性が、はなしてあげてと大きな男に言いました。

女性「貧民街のコソ泥たちがこんなところにまで入り込み始めたのですね。あやうく重要な資料を全て失ってしまうところでした」

シュリーにお礼を言い、このご恩をどうやってお返しすればいいか・・・と感謝の気持ちを伝えました。

シュリー「恩だなんて・・・驚いて叫んでしまっただけですもの」

女性「それが私のカバンを救ってくださったのですわ」

船の時間まではまだ余裕があるかと確認をし、シュリーたちにきちんとお礼の挨拶をしたいそうで、お茶に誘ってくれました。

シュリーたちも沢山歩いて疲れていたところだったので、そのご招待に応じさせて頂くことにします。

女性「これも何かの縁ですもの!ご親切な・・・貴族の令嬢・・・でいらっしゃいますよね?」

急にシュリーの手を掴み、そう聞いてきました。

シュリーは苦笑いをしながら・・・、侯爵夫人だと伝えたのです。

\ 全話更新中! /

ある継母のメルヘン【第36話】の感想

シュリーは気持ちを込めて、子供たちへの贈り物を探しているのですね。

きっとその気落ちは、エリアスにも伝わるでしょう。

双子の贈り物は決まったのでしょうか?

そして突然であった、この女性。怪しさはないのですが、気になります・・・。

さらに!

双子のいたずら・・・?楽しみですね(笑)

まとめ

以上、ピッコマで配信中のある継母のメルヘン【第36話】のネタバレをご紹介しました。

ある継母のメルヘンはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる