☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|シンデレラを大切に育てました【第13話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画シンデレラを大切に育てましたは、Sunset・Kiarne先生の作品です。

シンデレラの世界に転生⁉

でも私が転生したのは、よりによって「継母」だった!

二度も夫と死別し、娘3人の子育てに追われる37歳。

「キスしてもいいですか?」 さらには私を翻弄する男まで現れて…

\ 全話更新中! /

目次

シンデレラを大切に育てました【第13話】のあらすじ・ネタバレ

ウィルフォード卿が用意したのは、妖精の泉のお料理でした。

娘たちは大喜びで、リアンも含めて食事を楽しんでいます。

するとアイリスがリアンにデビュタントに行ったことはあるかと尋ねました。

リアンはウィルフォード卿の方にチラッと視線を向けてから、チラッとだけ行ったことがあると答えます。

それを聞いた3人の娘たちは、キラキラと目を輝かせてどんなのだったのかと聞くのですが、リアンはそのあまりに眩しい視線に戸惑いながら、別に全然面白くなかったけどと答えます。

しかしその答えによって、リアンは次々と娘たちの質問責めに遭ってしまうのです。

 

その間ミルドレッドは、ウィルフォード卿にとってデビュタントはどんなものだったのかと聞いてみました。

しかしウィルフォード卿は、よく覚えていないとしか答えてくれません。

そんなに昔の話でもない上に、どうみても人気があったに違いないのに…とミルドレッドは不信感を募らせています。

ただ、逆に自分がどうだったかと問われると「うーん」となってしまうのです。

ミルドレッド(ミルドレッドは人気が高かった)

(お金持ちではなかったけれど、綺麗だったから)

(そしてミルドレッドもそのことを自覚していた)

ミルドレッド「まあまあってところですかね」

ウィルフォード卿「私もそうです」

ミルドレッド「それならその時結婚したい女性はいなかったんですか?」

ウィルフォード卿「私の結婚にずいぶん興味があるんですね」

ミルドレッド「まあ私の結婚はすでに終わってるので」

ウィルフォード卿「終わったって…まだ結婚してるじゃないですか」

ミルドレッド(憎たらしい)

ミルドレッド「だからといって、私と夫の夫婦生活を話すわけにはいかないでしょ?」

ウィルフォード卿「そんな失礼なことを聞くつもりはありませんでした。…そろそろ戻りましょうか?」

まだ十分に明るい時間で、ミルドレッドとしてはもうそんな時間?と思うところです。

しかし今出れば夕飯の前には家に戻れそうです。

触れてはいけない話題

家に帰りついたミルドレッドは、ウィルフォード卿たちをお茶に誘います。

行きも酔った馬車に揺られ、凄まじい吐き気に襲われながらも、みんなが応接室でお茶を飲んでいる間に、急いでスコーンを焼きました。

お茶を囲んで話しているとリアンが突然、家に下人が見当たらないと言い始めたのです。

その言葉に一瞬にして凍りつくミルドレッドたち…

こんな直球で聞かれるとはと呆れながら、ミルドレッドはそれっぽい理由を考えました。

ミルドレッド「少し前に執事が転んで大けがをしたんです。それで休むよう家に帰しました」

「執事の息子である下人も父親の面倒を見るように一緒に帰しました」

「それから他の者たちには今日はピクニックに行くので、市内で遊んでくるよう休暇を与えました」

「夕飯まで食べて帰ってくる予定です」

なんとかうまく誤魔化せたことに、アシュリーとリリーも一安心。

さらにリアンに、今度のデビュタントに参加するのかと尋ね、話を切り替えるのです。

なぜかリアンはちょっと困ったような顔をしていて、ウィルフォード卿が代わりにそのつもりだと答えます。

それを聞いて、娘たちと一緒に踊ってくれたらいいのにと、内心ミルドレッドは期待しています。

ウィルフォード卿に守られる?

そうしてお茶を楽しんだ後、ウィルフォード卿がリアンにも家の中を案内してみて欲しいと言い出しました。

ミルドレッドは喜んで受け入れ、アイリスに家の案内をお願いしました。

もちろんリリーとアシュリーも付き添い、部屋にはミルドレッドとウィルフォード卿だけが残されました。

ミルドレッド「今度のデビュタントにはリアンのご両親も参加されるんですよね?」

ウィルフォード卿「はい。お2人とも参加なさいます」

「ですがそこまで長くはいれないと思います」

ミルドレッド「そんな…お仕事ですか?」

ウィルフォード卿「お忙しい方々なので仕方ありません」

 

その時、突然バンッと大きな物音が聞こえてきました。

何が起こったのか向かおうとするミルドレッドですが、ウィルフォード卿がその前に立ちます。

何かあったら守ってくれそうな勢いでいるウィルフォード卿をみていると、生意気だなんてちょっと笑えてきました。

再びバンッという大きな音が聞こえたかと思えば、今度はミルドレッドを呼ぶ声がします。

その声で、誰がきたのか見当がつきました。

同時に相当怒っているということも…

 

こちらに向かってくる足音が近づいてきて、ついに扉が開きました。

部屋へ入ってきたのはゲリとサンドラです。

ゲリは、この間のリロイ伯爵の事件のことをひどく怒っているようです。

\ 全話更新中! /

シンデレラを大切に育てました【第13話】の感想

なんだかお互いに触れられたくないところがあるような感じですね。

ミルドレッドたちの方としては家に下人がいないこと、ウィルフォード卿の方としてはリアンや両親のこと…

しかしなんだかミルドレッドの言い訳は、すでにウィルフォード卿には見透かされているような気がします。

もし女だけで住んでいると知られたら…という描写が以前ありましたが、もしかして女だけで住んでいると知っていて近づいていたらと思うと、一気にホラー感増してきますよね。

どうかそうではないことを願っています。

そして今度はゲリの登場で、なんだか非常にめんどくさそうな感じになってきました。

リロイ伯爵のことといえば、パーティーで足を踏んづけたことですが、あれはあちら側にも非があったわけで、どうしてそこまで怒られなきゃならないのか分からないですよね。

世間体を気にするタイプのゲリを、ちゃんと納得させられるのでしょうか。

本当のことを言っても信じてもらえないのでは?とちょっと不安です。

もうこれ以上、面倒なことには巻き込まれないように願っています。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のシンデレラを大切に育てました【第13話】のネタバレをご紹介しました。

シンデレラを大切に育てましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる