☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第20話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダメ貴族になりたい公爵令嬢は、TIANJIN DXD ANIMATION CULTURE先生の作品です。

交通事故に遭い愛読していた小説の世界に少女が入り込んでしまった!

イケメン王子に守られながら公爵令嬢として豪華な暮らしをしていたら、様々なハプニングが発生…!

でも持ち前の明るさと素直さでなぜかみんなをハッピーにしてしまう、ちょっと天然なアドリーヌのお話…!

\ 全話更新中! /

目次

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第20話】のあらすじ・ネタバレ

アドリーヌの依頼を受けて、メイドたちは庭にたくさんの花を飾り付けてくれました。

ピンクのバラで埋め尽くされた庭園は、見違えるほどの美しさ…

お金で幸せは買えないなどと言いますが、この光景を目にしたアドリーヌは、貧乏だったらこんなに綺麗なバラなんて買えないからと、そんなのは絶対にウソだと思うのです。

 

大喜びのアドリーヌですが、庭園に置かれた椅子に座らされている猫の姿のペトルスは、なんだか不機嫌な様子。

アドリーヌが近づくと、しばらく猫の姿を保っているからと、あの印鑑を見せてほしいと頼んできました。

しかし印鑑のことなど何も答えることなく、アドリーヌの手はペトルスの首元へと伸びるのです。

アドリーヌ「こ〜んなにカワイイのにどうして猫の姿でいるのが嫌なのかしら」

「もちろんポポちゃんもカワイイ!」

アドリーヌ(両手にイケメンなんかよりこっちの方がよっぽど幸せだわ)

この景色を記念に残すために…!?

するとそこへ、呼び出しておいた画家が1人やってきました。

この庭の風景画を描いて欲しいと依頼し、その際猫ちゃんたちも絵の中に入れて欲しいとお願いするアドリーヌ。

その絵を部屋に飾りたいんだそう…

猫…ですか?と一瞬戸惑った画家ですが、すぐに絵を描きはじめます。

アドリーヌは、画家が絵を描く様子を少し離れた場所でじっと見て、絵の完成を待ちます。

美しい景色と心地の良い風が吹いてきて、知らず知らずのうちに寝落ちしてしまうのです。

アドリーヌの考える規模が違いすぎる

人の姿になったペトルスの声で目が覚めたアドリーヌは、完成した絵の美しさに感動しています。

アドリーヌ「あなたって天才じゃない!神級の腕ね。美肌効果のカメラよりすごいわ!」

画家「光栄です」

画家(美肌効果…?カメラ…?)

アドリーヌ「猫ちゃんも庭園もこんなに美しく描かれているのに、私1人で楽しむのはもったいないわね」

「この絵を複製する魔法はないかしら?」

画家「無いことはありませんがかなり高くつくのではないかと…」

アドリーヌ「じゃあとりあえず少しだけ複製しましょうか」

画家「何枚ほど?」

アドリーヌ「とりあえず1万枚よ!」

画家「1万枚!?それが少しなのですか?」

アドリーヌ「1万枚複製して無料で配布するの。そうしたら猫が飼えない人も楽しめるじゃない!」

ペトルス「ダメだ!」

突然声を荒げて、恐ろしい表情で会話に入ってきたペトルスにアドリーヌも画家も戸惑い、2人の視線はペトルスへ向けられるのです。

\ 全話更新中! /

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第20話】の感想

庭園を飾り付けさせただけでなく、今度は画家にその風景を描かせたアドリーヌ。

庭園もかなり豪華に飾られており、どれくらいのお金がかかったのかと考えてしまいましたが、その上で絵の複製を1万枚と言い切ってしまうなんて、さすがすぎます!

もはやそれが事業として成立するのかと、疑問に感じてしまいますが、彼女は今回も至って本気でしたね。

しかしこの提案ばかりはペトルスの大反対を受けてしまいます。

一体ペトルスはどうしてダメだと思ったのでしょう。

無料配布…?無駄遣い?

いろいろ考えられそうですが、もしかすると自分が描かれているのが恥ずかしいからかな?なんて私は予想しています。

果たしてこの謎事業は実行されるのでしょうか?!

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダメ貴族になりたい公爵令嬢【第20話】のネタバレをご紹介しました。

ダメ貴族になりたい公爵令嬢はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる