☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第50話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダメ貴族になりたい公爵令嬢は、TIANJIN DXD ANIMATION CULTURE先生の作品です。

交通事故に遭い愛読していた小説の世界に少女が入り込んでしまった!

イケメン王子に守られながら公爵令嬢として豪華な暮らしをしていたら、様々なハプニングが発生…!

でも持ち前の明るさと素直さでなぜかみんなをハッピーにしてしまう、ちょっと天然なアドリーヌのお話…!

\ 全話更新中! /

目次

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第50話】のあらすじ・ネタバレ

サラダを食べているだけなのに、なんだかみんながけげんそうな顔をしてこちらを見ています。

アドリーヌは、もしかしてこのサラダは食べちゃいけなかったのかもしれないと不安になってきました。

しかしきっとみんなはアドリーヌがしくじるのを待ち受けているに違いないと気づいたのです。

それなら受けて立つと、あえてみんなに声をかけてみることにしたものの、みんな困った顔して黙り込んでしまい、逆に気まずい空気が流れる結果となってしまいました。

そこへアドリーヌの隣に座ったのは、エリオットです。

エリオットは笑顔で話しかけますが「あなたっていつ会っても不愉快な人ね」とそっぽむかれてしまいます。

周りは敵ばかり?

エリオット「そのお茶、飲んで大丈夫?まさか毒が入ってたりしてね…」

アドリーヌ「もちろん飲むわよ、だって…」

「あなたと話す方がよっぽど体に毒ですもの!」

エリオット「フフフッ」

アドリーヌ(!!)

(何を薄ら笑いしているの?)

あまりに不気味なエリオットの態度に、アドリーヌは視線をそらすことにしたものの、今度は正面に座るサデーロ侯爵の存在が目に留まるのです。

サデーロ侯爵は、どうみても何か良からぬことを企んでますって感じの顔で、じっとこっちを見ています。

 

サデーロ侯爵「これはこれは公爵家令嬢アドリーヌ様ではありませんか」

アドリーヌ「侯爵様ごきげんよう。お久しぶりですね」

アドリーヌ(どうせまた私に恥をかかせようとしているだけでしょ…)

サデーロ侯爵「ほう、今日は僕に付きまとわないのか?この前のことで懲りたというわけだ。心配しなくてもいい。今日は皇后陛下のお誕生日パーティーだ。この前のようなことはしないつもりだ」

アドリーヌ(ふぅ〜んどうやら公衆の面前でアドリーヌに恥をかかされた時のことを言っているようね…)

(どっちにしろ私には関係のないことよ)

(でもアドリーヌはそういう人だって設定になってるし、どうせイメージが悪くなっても構わないわ…)

アドリーヌ「そうなんですかサデーロ侯爵…」

「あなたを射止められなかったなんてアドリーヌ一生の心残りですわ!」

イメージが悪くなっても構わないと覚悟を決めたアドリーヌの渾身の演技は、サデーロ侯爵を完全に戸惑わせてしまいました。

この様子をずっと見ていた、エリオットは思わず吹き出してしまいます。

アドリーヌに嫌味を言われただけでなく、遠回しにフラれてしまったサデーロ侯爵のことをバカにするかのように大爆笑するエリオット。

当然、サデーロ侯爵はテーブルを叩くほどに怒っています。

嫌味のつもりではなかったけれど、オーバーだったかも…とアドリーヌが反省していると、そこへ皇后とクロワンスがついに姿を見せました。

クロワンスの猛アピールがアドリーヌを悩ませる

皇后の登場に、挨拶をして席についたアドリーヌ。

予想通り、前の席にはクロワンスが座っています。

すると、ちょっと目があっただけなのにクロワンスがウィンクしてきたのです。

これにはアドリーヌも、ちょっと怖くなってしまい、なるべく目を合わさないようにしなきゃとすぐに視線を逸らしました。

 

皇后「皆様今日は私のパーティーに来てくれてありがとう」

「これもみんな献身的なクロワンスが準備してくれたおかげです」

クロワンス「もったいないお言葉をいただきありがとうございます」

皇后「あなたは今は亡き私の娘にそっくりよ…」

「久しぶりのパーティーですから皆様ごゆるりとご歓談くださいな」

「今都で話題になっているものは何ですの?」

サデーロ侯爵「皇后陛下、最近巷では妙な飲み物が売られているらしいですよ」

アドリーヌ(やっぱり!)

サデーロ侯爵の発言で、予想通りの展開になったと悟ったアドリーヌは、思わずフッと笑ってしまうのでした。

\ 全話更新中! /

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第50話】の感想

パーティーで出された前菜のサラダが、食べてはいけなかったもののように感じられたのは、周囲からの視線のせいでした。

なぜそんなにもじっと見ていたのか、それもすぐに明らかとなりました。

どうやらみんなアドリーヌがしくじるのを待っていたようなのです。

エリオットも相変わらず不愉快で、サデーロ侯爵は悪巧みしているような顔で…

周りには敵しかいないのでは?という雰囲気になってきました。

そこへ遅れて登場した主役の皇后と、クロワンス。

クロワンスは獣犬の姿で、散々遊んでもらったので仲良くなれたと思っているかもしれませんが、そんなこと全く知らないアドリーヌにとって、あのウィンクは恐怖すぎます。笑

本当にこのパーティーは、アドリーヌを疲れさせるためだけに存在しているように思えてならないですね。

そしていよいよ、サデーロ侯爵が動き始めました。

きっとあれはミルクティーの話をしたいんでしょう。

これで株が下がれば、アドリーヌの計画通りですが…

絶対クロワンスがサポートに回りますよね…

果たしてどうなるのやら。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダメ貴族になりたい公爵令嬢【第50話】のネタバレをご紹介しました。

ダメ貴族になりたい公爵令嬢はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる