☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第8話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画ダメ貴族になりたい公爵令嬢は、TIANJIN DXD ANIMATION CULTURE先生の作品です。

交通事故に遭い愛読していた小説の世界に少女が入り込んでしまった!

イケメン王子に守られながら公爵令嬢として豪華な暮らしをしていたら、様々なハプニングが発生…!

でも持ち前の明るさと素直さでなぜかみんなをハッピーにしてしまう、ちょっと天然なアドリーヌのお話…!

\ 全話更新中! /

目次

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第8話】のあらすじ・ネタバレ

変身できるのかと尋ねるアドリーヌに、ペトルスは可能だけれどまだあまり慣れていないんだと答えました。

しかしアドリーヌはそんなことお構いなしで、早速変身してみるようにと伝えて部屋を出るのです。

ちゃんと服は着ているかと心配になり、あたふたしながら待っていると、中から変身が完了したとの声が聞こえてきます。

そっと部屋の扉を開けると、男性と男の子が立っていたのです。

アドリーヌ「まぁ…すてき!」

ペトルス「お前のことはアドリーヌと呼ばせてもらう、いいな?」

アドリーヌ「いいわよ。アドリーヌって呼んでちょうだい」

アドリーヌ(あっ…この声はペトルスね)

クラウス「はじめましてアドリーヌ!僕はポポ」

アドリーヌ「ポポ?」

アドリーヌ(それってペトルスにつけるはずの名前だけど…)

アドリーヌ「あなたはクラウスって名前でしょ?」

クラウス「そうだよ。でもポポって名前が気に入ったんだ」

アドリーヌ(きゃ〜かわいい!)

(だけど人間の男の子にポポは変かな?)

アドリーヌ「じゃあ人間になってる時はクラウスって呼んでもいいかな〜?」

クラウス「いいよ!」

2人の変身魔法のレベルは違う!?

一通り挨拶を済ませたところで、クラウスはうまく変身できているかと尻尾などを確認してみせます。

とても上手にできたご褒美になでなでして欲しいと言われ、撫でているうちにあまりの気持ちよさに猫の姿に戻ってしまうのです。

あまりに突然のことでアドリーヌも驚き、クラウスをギュッと抱きしめます。

1人冷静なペトルスは、クラウスの変身魔法がまだ未熟で、首元を撫でられたことで興奮して猫の姿に戻ってしまったと説明しています。

お買い物に行って好きなものを買ってあげたいアドリーヌですが、クラウスは残念ながらお留守番が決定してしまいました。

ペトルスから得た情報で、クラウスにはお土産に大好物のお菓子を買ってくることを約束するのでした。

ペトルスの大好きなもの

クラウスがお菓子好きだという情報を得たアドリーヌ。

すると聞いてもいないのにペトルスは自分が好きなものについて語りはじめたのです。

ペトルス「俺様は宝石だ!キラキラしたものが大好きだ」

ペトルス(…みんな世界の樹の呪いのせいだ)

(俺が住処に集めてあった宝石は全部消えてしまった…もう一度集めようとしたら何百年かかることか!)

アドリーヌ「私も一緒よ!キラキラしてるものが大好き!」

「そうと決まれば早速ジュエリーを買いに行くわよ!」

そうしてバタバタと出て行ってしまった2人。

クラウスは残念そうにミャ〜と言って、手を振るのでした。

\ 全話更新中! /

ダメ貴族になりたい公爵令嬢【第8話】の感想

まさか本当に人間の姿に変身できると思っていなかったので驚きました。

クラウスはまだ子どもでしたが、とっても2人とも美形で…

ただクラウスの変身魔法はまだまだ未熟で、簡単に元の姿に戻ってしまうということが判明。

クラウスのお留守番が決定してしまいました。

アドリーヌはペトルスと共に、ジュエリー探しの買い物へと出て行きましたが、ペトルスの美しさに街でちょっとした騒ぎにならないか心配です。

きっと何かトラブルになる予感がしてなりません。

いろいろな力を封印されているペトルスですが、人間の姿で戦ったらどれくらい強いのでしょう。

トラブルに巻き込まれた時には、アドリーヌを守ってあげてほしいものですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のダメ貴族になりたい公爵令嬢【第8話】のネタバレをご紹介しました。

ダメ貴族になりたい公爵令嬢はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる