ピッコマ|できるメイド様【第35話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画できるメイド様は、Sanho・yuin先生の作品です。

特技が一つもない冴えない侍女マリ。

いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。

「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」

死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。

\ 全話更新中! /

目次

できるメイド様【第35話】のあらすじ・ネタバレ

いよいよ今日は、ラエルのお茶汲みの仕事です。

緊張しなくても大丈夫と自分に言い聞かせ、早速部屋へと向かいました。

マリ「お茶菓子をお持ちしました。他に何か必要な際はお申し付け下さい」

 

そして部屋の隅へ立ち、何か指示がくるのを待っています。

しかしラエルはひたすら書類整理をしており、ずっと立っているだけの方が疲れてくるのです。

ラエルはそんなマリの様子に気づいたのか、ずっと立っているのも大変だからと座っているように指示します。

もちろんラエルの前で座るなんてことはできないと断るのですが、立っている必要もなければ、皇太子の前で座ってはいけない決まりもないと言いくるめられてしまったのです。

決まりや礼儀よりも、自らの命令が第一だとアルモンド子爵に椅子を出させました。

席についてもただラエルの様子を見ていることしかすることがありません。

ずっと観察して分かったのは、休まずに仕事していて、食事もあまりとっていないということです。

マリはラエルの体調を心配しています。

するとそこで目が合い、やっと何か仕事の依頼が入ったのかと慌てて立ち上がりますが、食事を取る時間もなかっただろうから休憩してくるようにとの指示でした。

また命令だとか言われそうなので、今回は素直に優しさを受け取り休憩に出ることに…

しかしマリが部屋を出ると、ラエルは深いため息をつきました。

いきなり二人きりになってしまう

休憩を終えたマリが部屋へ戻ると、アルモンド子爵の姿がありません。

近衛隊の用事で席を外していると、ラエルが教えてくれました。

納得はしたものの、その間ラエルと二人きりなんて、心の中ではかなり動揺しています。

さらになんとこんな時にもかかわらず、睡魔がマリを襲います。

マリ(絶対にダメよ!皇太子の前でウトウトするなんて)

(何もせずに皇太子が書類を確認している姿を見てるだけだなんて)

(緊張が緩んで眠気が…)

(こらっ!緊張感を持つのよ!皇太子の前で居眠りなんてした日には…)

(宮殿中のウワサになっちゃう!)

(寝たら…ダ…)

(メなのに…)

ラエルは冷静な自分でいられるのか…!?

ついに眠ってしまったマリ。

ラエルはもちろん、そんなマリの様子に気づいていました。

目の前に立ち、ここからどうすれば良いかと考えているうちに、胸が苦しくなってきました。

ラエル(こうして近くに置いておくだけで)

(俺はどんどん苦しくなる…君は知らないだろうな)

ラエル「マリ…」

眠っているマリの頬に、優しくふれたラエル。

しかしふと冷静さを取り戻すと、慌ててマリから離れます。

ラエル(おいっ!)

(寝てる女の子に何をしようとしてるんだ!)

(ダメだ少し風に当たってこよう)

ラエルは急いで部屋を出て行くのでした。

マリが目覚めると…

首が痛くなって目を覚ましたマリ。

もう外は暗くなっていて、自分でもどれくらいの時間眠ってしまっていたのか分からないほどです。

やってしまったと慌ててラエルの姿を探し立ち上がると、膝からブランケットが落ちたのです。

アルモンド子爵「目を覚ましたようだな」

マリ「!!!」

「すっすっすみません!」

アルモンド子爵「相当疲れていたようだな」

マリ「本当に申し訳ございません!」

アルモンド子爵「大丈夫だ、殿下も席を外しておられたし今日はもう休んでいいぞ」

マリ「でも殿下がお休みになるまでは…」

アルモンド子爵「ああ、初めてだから知らないのか」

「殿下は不眠症がひどくて眠れない日のほうが多いんだ。だから待つ必要はない。夜中は当直がいるから君はもう休んでいいぞ」

マリ「…はい、わかりました」

「あっブランケットありがとうございました」

アルモンド子爵「ん?」

マリ「眠っている私に掛けてくださったんですよね?ありがとうございました」

アルモンド子爵「……」

「俺じゃない」

マリ「え?それじゃあ誰が…」

アルモンド子爵「さぁな。俺じゃないのは確かだ」

このブランケットをかけてくれたのがラエルかもしれないという可能性については考えたものの、まさかねと自分に言い聞かせ、マリは部屋を出ていくのでした。

\ 全話更新中! /

できるメイド様【第35話】の感想

いよいよラエルの部屋での勤務となったマリ。

気を遣って座っているよう指示したり、休憩を取るようにしたりしてくれていて、優しさを感じました。

普段他のメイド達に対してはどんな風に過ごさせているのかも気になりました。

他の人たちは立ったままで待機なのでしょうか。

もしそうだとしたら、アルモンド子爵は二人の関係を非常に怪しむはずです。

異例出世ともいえるマリの獅子宮殿抜擢からして、きっとアルモンド子爵は何かしら気づいていると思われますので、どこかでキューピット的な働きをしてほしいと勝手に期待しています。

これまでのように動き回る仕事も大変ですが、じっと座って時が経つのを待っているのもなかなか大変ですよね。

お茶くみの仕事に緊張しすぎて、昨晩寝られなかったのか、居眠りしてしまうという大失態を犯してしまいました。

ブランケットをかけて部屋を出ていくなんて、ラエル、イケメンすぎませんか?

噂に聞いているような冷酷な人間だったらその場で処罰したことでしょう…

本当は優しいラエルに早く気づいてあげてほしいです。

まとめ

以上、ピッコマで配信中のできるメイド様【第35話】のネタバレをご紹介しました。

できるメイド様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる