☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|できるメイド様【第39話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の漫画できるメイド様は、Sanho・yuin先生の作品です。

特技が一つもない冴えない侍女マリ。

いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。

「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」

死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。

\ 全話更新中! /

目次

できるメイド様【第39話】のあらすじ・ネタバレ

庭園にてアリエル令嬢と遭遇した、レイチェル令嬢とマリたち。

2人は当然のように挨拶を交わしますが、お互い静かに相手を敵対視している空気感が伝わってきます。

そこでアリエル令嬢が、勝負を仕掛けてきたのです。

アリエル令嬢「ここの庭園美しいでしょ?」

レイチェル令嬢「はい、そうですね」

アリエル令嬢「南部ではなかなか見られない庭園ですものね」

「今のうちにしっかり見ておいた方がいいと思いますわ」

レイチェル令嬢「はい、お気遣いいただきありがとうございます」

アリエル令嬢(ふんっいい子ぶっちゃって)

(あれ?あのメイド…)

アリエル令嬢「奴隷に変わりない戦争捕虜を連れてるなんて…」

「あなたも一応皇太子妃候補の1人なんですから品格が落ちるようなことはやめた方がいいんじゃないかしら?」

レイチェル令嬢「マリのことを言ってるのですか?」

「思慮の足りない私へのアドバイスありがたいですが、この子は優れた能力が認められ皇太子殿下が直々に獅子宮殿に配属した人材です」

「そんな彼女を見下すのは殿下をバカにするのと同じじゃないかと考えが浅い私は思いますけどね」

アリエル令嬢「私はそういう意味で言ったんじゃ…」

レイチェル令嬢「アリエル令嬢」

「今からでも遅くありません。マリに謝った方がいいのではないですか?私はどちらでも構いませんけどね」

「もし皇太子殿下の耳にでも入ったら…」

アリエル令嬢「悪かったわね、言いすぎたわ」

マリ「だっ大丈夫です」

マリ(レイチェル令嬢もかなり気が強いのね)

アリエル令嬢(私に謝らせるなんて何様のつもり!)

(覚えてなさい!)

アリエル令嬢の反撃

こうしてマリへの言動を巡って争った2人ですが、最終的に今日のパーティーを楽しみにする流れとなりました。

アリエル令嬢は、レイチェル令嬢のドレス姿に期待しつつ、ちょっとしたプレゼントを用意したと言って立ち去ったのです。

レイチェル令嬢もあのアリエル令嬢が、自分にプレゼントを用意するとは思えない様子。

マリも同じ考えで、きっと昨日見た夢が今日のパーティーに関係していると確信します。

アリエル令嬢の悪巧みを防ぐために、彼女が一体何を仕掛けてきたのか、マリは必死に考えを巡らせます。

その中で気になったのがあの時アリエル令嬢が放った一言です。

「どんな美しい姿を見せてくださるのか期待してます」

 

マリは一つの可能性を考え、レイチェル令嬢にドレス用意の進捗状況を尋ねます。

レイチェル令嬢によればオーターメイドしたものがお昼には届くはずなんだとか…

さらに数日前に確認したところ、基本的なデザインは完成しており、装飾を加えているところだったため、問題はないと思っているようです。

しかしアリエル令嬢の言っていたことが気になるマリは、万が一のためにジーナに確認をお願いするのです。

 

確認から戻ったジーナは顔を真っ青にして、材料の問題で今日中に完成できないと言われたと報告します。

首都最大のドレスショップに頼んだにも関わらず、こんな初歩的なミスをするなんて、アリエル令嬢の仕業以外考えられません。

マリ「今あるドレスを着るしかありませんね」

レイチェル令嬢「私が持ってるドレスはダサいのよ…こっちでは流行が過ぎたスタイルで」

「何か方法はないかしら?」

マリ(ドレスを手作りするしか…でも私はファッションデザイナーでもないしな…)

(待てよ)

 

”私の目標はあなた自身の価値を最高まで引き出すお手伝いをすることです”

 

マリ(これってもしかして…)

レイチェル令嬢「マリ何かいいアイディアでも思いついたの?」

マリ「…レイチェル令嬢」

「もしかしたら解決できるかもしれません!未完成のドレスを今すぐ届けてもらうことは可能でしょうか?」

レイチェル令嬢「もちろんよ!」

いよいよ迎えたパーティーの時

ついにパーティの時間となり、会場内では2人の令嬢の到着を心待ちにする声が上がっています。

主人公である2人はもう少し後で登場することになっているようです。

どちらの令嬢が皇太子の心を射止めるのか、人々は心躍らせています。

そこへ赤と白のドレスを身に纏ったアリエル令嬢が登場します。

帝国一の美人と呼び声高い令嬢の登場に、まるで夜空の星のようだと会場内は大いに盛り上がります。

アリエル令嬢(注目を集めるには遅れて登場した方がいいんだけど…今日は話が別よ)

(こんなに華やかな私のあとにみすぼらしいドレスで登場したらきっとみんながっかりするでしょうね!)

(奴隷に謝らせた仕返しよ)

(今日だけじゃないわ。これからずっと私の引き立て役になってもらうんだから)

(パーティの主人公はこの私よ!)

(レイチェルあんたじゃない!)

 

その時レイチェル令嬢の登場を知らせる号令が鳴り響きます。

レイチェル令嬢のドレスを整えながら、マリは夢に見た能力と向き合っています。

”デザイナーの仕事は流行を追うだけじゃない”

”着る人に一番似合うもの”

”その人本来の価値を咲かせてあげる服こそが最高の服”

”ファッションとは着飾るだけでなく自我を完成させるものです!”

”ファッションを通して自分を完成させるのです!”

\ 全話更新中! /

できるメイド様【第39話】の感想

レイチェル令嬢は想像以上に気の強い女性であることがわかりました。

決して自分自身を前に出すことはしませんが、下手に出ながらもしっかり主張するとことは主張する意志の強さを感じました。

マリのことを守ってくれたのは、とても嬉しかったですね。

一方のアリエル令嬢は、マリを呼びつけた時だけでなくこんな大人数の前ででもあんな暴言を吐けるなんて本当に性格が悪いんだろうなと思いました。

そういった考えを持つことが当然という環境下で、見た目の美しさだけを褒められて生きてきたのでしょう。

身分と見た目の美しさでこれまで逆らうものはいなかったかもしれませんが、皇太子妃としては不向きといえます。

ラエルにも周りの貴族たちにもそのことに早く気づいて欲しいですね。

さらにレイチェル令嬢に攻撃を仕掛けてくるという徹底した悪女ぶり…

みんなの前で大恥かいてほしい!!と願ってしまった私です。

しかしマリは、決して諦めません。

果たして夢の力をどう使ったのか、次回が楽しみでなりません!

まとめ

以上、ピッコマで配信中のできるメイド様【第39話】のネタバレをご紹介しました。

できるメイド様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる