☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は私が本物だった【第40話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は私が本物だった」は、yuun先生、March先生の作品です。

父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げてきた「キイラ」は、ある日実の娘だと主張する「コゼット」が現れてしまい、「キイラ」はみんなをだました罪に問われて処刑されることになってしまう。

処刑される前日、「コゼット」は、実はあなたが本物だったとささやいたのです・・・。

真実を知った「キイラ」は苦しみながら処刑されるのですが、次の瞬間・・・なぜか過去に回帰してしまったのです。

誰が実の娘なんて関係ない!せっかく与えられた第二の人生・・・。

復讐もいいが、これからは自分のために自由に生きてやると「キイラ」は決めて行動に移しました!

\ 全話更新中! /

目次

実は私が本物だった【第40話】のあらすじ・ネタバレ

準備があるからと、キイラは父の部屋を出ました。

父が本当にキイラの顔色を伺っていたのか、気になってしまったのです。

ですが彼は無表情だったので、どう思っているのかは全くわかりません。

 

ジークがキイラのことを呼びながら駆けつけました。

コゼットのことについて話してきたのなら、父はなんて言っていたのか気になっていたのです。

キイラは正直に、臨時ではあるがコゼットを預かると言っていたことを伝えます。

明らかに落ち込むジークですが、重要な問題だから確認もせずに済ませることなんてできないと、キイラは説明をしました。

最初から何も期待していなかったので、失望する必要もありません。

ジーク「姉さんは・・・悔しくないの?」

キイラは大丈夫だと答えようとしましたが、嫌なら嫌だとちゃんと言わないと我慢しちゃダメだとジークに言われてしまいます。

それでも本当に大丈夫だと言いながら微笑むキイラ。

他の人たちはともかく、娘であるキイラは母のことを信じなければと考えているのです。

優しくて真っすぐだった母に、他の男がいたはずはないと。

するとジークは我慢していた気持ちが溢れだし、コゼットを透明人間扱いをしていたら自分から出て行くはずだと言いました。

キイラ「ジーク、ダメよ」

止められたジークは驚いています。

このくらいでコゼットが引き下がるはずがないと考えているキイラは、そんなことをしようと思っていないのです。

キイラ「私のこと・・・信じてるよね?」

ジークは真っすぐな目で、僕は誰よりも姉さんのことを信じているとはっきりと言いました。

それを聞いたキイラは、それならお客様だからちゃんとおもてなしをしようとお願いします。

みんなの優しさ

そしてキイラは、隠れている3人を見つけました。

角に隠れていたのは、ジョセフ卿とレイナとアーサー卿です。

バレてしまったことで、もじもじしながらキイラのところに行きました。

 

ジョセフ卿「・・・公女様、大丈夫ですか?」

大丈夫だから心配しないでとキイラは答え、大丈夫かと聞かれたのはこれで何回目だろうと考えてしまいます。

気にしている様子のジョセフ卿は、真実は必ず明らかになるはずだから気を落とさないでと声をかけてくれます。

そして、彼らは必ず代価を支払うことになるとも。

キイラはわかっていると言いながら、微笑みました。

みんなに慰めてもらったおかげで、少し心が軽くなった気がするのです。

コゼットとの挨拶

今日はコゼットが来る日。

使用人たちはみんなざわざわしています。

すると屋敷の前で構えているキイラがいました。

中で待った方が良いのではと言われているキイラですが、どうしてなのかと不思議そうにしています。

 

馬車から降りてきたコゼットは、こんなに歓迎してもらえるなんて思ってもみなかったと笑顔で言いました。

キイラ「ようこそパルビス家へ。パルビス一族は常にお客様へのおもてなしに最善を尽くしてきたわ」

そして一族の名誉を傷つけるわけにはいかないから、不便な点があったら遠慮なく言って欲しいとお願いしました。

コゼット「ありがとう。これから長い間ここで過ごすことになるだろうから、そう言ってもらえて安心したわ」

キイラ「どういたしまして。お客様なんだから当然よ」

お客様だということを前面に出しているキイラに、使用人たちは気まずそうに俯いています。

そしてコゼットは、よろしくと言いながらキイラに握手を求めてきました。

キイラは少し考えましたが、笑顔で握手をします。

 

\ 全話更新中! /

実は私が本物だった【第40話】の感想

コゼットがついにやってきました。

偽物に違いありませんが、これから彼女が何を仕掛けてくるかわかりません。

キイラはしっかりと準備しているでしょうが、ジークが心配するのも無理はないでしょう。

ですが前と違うのは、見方がいること。

沢山の人たちがキイラの味方なので、少しは周りを頼って欲しいです!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は私が本物だった【第40話】のネタバレをご紹介しました。

実は私が本物だったはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる