☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は私が本物だった【第42話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は私が本物だった」は、yuun先生、March先生の作品です。

父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げてきた「キイラ」は、ある日実の娘だと主張する「コゼット」が現れてしまい、「キイラ」はみんなをだました罪に問われて処刑されることになってしまう。

処刑される前日、「コゼット」は、実はあなたが本物だったとささやいたのです・・・。

真実を知った「キイラ」は苦しみながら処刑されるのですが、次の瞬間・・・なぜか過去に回帰してしまったのです。

誰が実の娘なんて関係ない!せっかく与えられた第二の人生・・・。

復讐もいいが、これからは自分のために自由に生きてやると「キイラ」は決めて行動に移しました!

\ 全話更新中! /

目次

実は私が本物だった【第42話】のあらすじ・ネタバレ

さっき手を怪我したから、本当に大丈夫かとジョセフ卿は言いました。

ですがキイラは、同じことを二度も言わせないで欲しいと答えます。

そしてそのまま剣を構え、ジョセフ卿に向かっていったのです。

キイラ「私の怪我を気にするなんて・・・随分余裕じゃない」

それとも、もう団長じゃないから手を抜いているのかとジョセフ卿に聞きました。

そして本気で向かっていくことを決めたジョセフ卿。

 

こうやって剣を交えるのも久しぶりで、なんだか言葉を交わすよりも、剣を交えている方がキイラに近づけるような気がするのです。

単なる思い込みではないといいな・・・と、ジョセフ卿は感じています。

ショックを受けるキイラ

ジョセフ卿の元に慌ててやって来たのは、アーサー卿です。

もう一人の公女様が、精霊士の力を発揮したと言うのです。

 

そしてキイラの元に向かったジョセフ卿。

キイラは何日も、食事をしていないそうです。

このままでは本当に体を壊してしまうと言っても、キイラは何も言いません。

ジョセフ卿「公女様お願いします。どうか・・・もう少しだけ、持ち堪えてください・・・!」

 

キイラの部屋を出たジョセフ卿の元に、アーサー卿が駆けつけます。

衝撃を受けて戸惑っているようだと伝えると、アーサー卿は慌て始めました。

アーサー卿「で・・でも、きっとすぐ回復されますよね!?」

公女様はお強い方だから・・・と言いますが、ジョセフ卿は今は信じて待つしかないとしか言えないのです。

アーサー卿はその場に座り込んでしまいました。

キイラへの死刑判決後

ですが待った末に下されたのは、キイラの死刑判決でした。

 

ジークは父の元に行こうとしています。

それをジョセフ卿が止めました。

ジーク「姐さんに死刑判決が下されたんだよ!?」

ジョセフ卿も同じことを考えているじゃないか!!と声を荒げるのです。

 

コゼットが現れキイラがニセモノ扱いされるまで、何もかもがあっという間に進められてしまいました。

短期間で社交界の地位はもちろんのこと、一人にしか与えられない精霊士の座、パルビス家の公女の地位さえも奪ってしまったのです。

さらに次は、キイラを帝国を滅ぼす魔女にしたてあげ殺そうとしている。

それを話したジークですが、ジョセフ卿は今は監視の目が多すぎるともう一度止めました。

こういう状況でジークが動いてしまえば、むしろ不利になってしまう。

下手すると謹慎処分が下され、キイラを助けるための作戦を遂行することも難しくなります。

ジョセフ卿は微笑んで、しばらく寝室で待っていてほしいとお願いしました。

閣下は必ず説得してみると・・・。

 

そしてジョセフ卿が向かったのは、キイラの父の元でした。

\ 全話更新中! /

実は私が本物だった【第42話】の感想

本当にジョセフ卿もジークも、キイラの処刑を必死に止めようとしていたんですね。

なのに実現しなかった・・・。

ジョセフ卿が父の部屋に行ったあと、どのような話になったのかが気になる所です!

少しでも悩んでくれていたら、キイラも救われるかなと・・・。

 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は私が本物だった【第42話】のネタバレをご紹介しました。

実は私が本物だったはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる