☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は彼らは彼女だけを覚えていました【第39話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は彼らは彼女だけを覚えていました」は、Shin yiho先生、RYU HEON先生の作品です。

戦争の勝者は幸せになってはいけないと、約束された名誉と幸せを断って突如首都を去ることにした「クラレンス・ホールトン」。

去ってしまった彼女を忘れることができずに、各自のやり方で探し始めるのは4人の男性でした。

彼らはクラレンスをみつけだすことができるのでしょうか?

そして首都を出たクラレンスが向かった先とは・・・?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第39話】のあらすじ・ネタバレ

ボスはクラレンスとデイルを連れて、ハンフリーの家に行きました。

家の中に入ると、彼はかなり憔悴しきっている様子です。

やっときた!!と言いながらボスに抱き着き、涙を流しています。

ボス「何があったんだい!?落ち着きなさいよ」

するとハンフリーは、窓を割って入ろうとしている人がいると言い出したのです。

割れている窓を見たボスは、またそれか・・・と呆れ、昨日の天気なら窓が割れるのも仕方がないと話しました。

ですがハンフリーは泣きながら本当なんだと訴えかけます。

ハンフリー「誰かが俺を脅すためにやったんだ!俺を殺して本を盗もうと・・・ウッ・・・!」

すると彼は頭を抱えて、倒れ込んでしまいました。

クラレンスとデイルも力を貸して、ソファーに寝せることにします。

ハンフリーの過去

横になっているハンフリーはまだ涙を流しています。

ボスは呆れてため息をつきました。

クラレンス「・・・全く眠れていないようです」

するとボスは何かを考え始めます。

クラレンスがこの書斎にある本の価値は一体どれくらいなのかと聞くと、ボスは計り知れないと答えました。

収集家にとっても史料としても価値があるものばかりだそうです。

それだとすれば、誰かが狙っているという言葉もただの妄想ではなさそうだとクラレンスは言いました。

ボス「罪の代償さ」

 

昔ハンフリーは、本のためならなんだってしてきました。

遠方のオークションに足を運んだり、マニアの集まりにも必ず出席していたのです。

そしてちょうど、彼のように珍しい本に必死になっている老人に出会います。

その老人は、いくら高値を提示してもその本を渡そうとしなかったそうで、ハンフリーはかなり苦労したそうです。

ハンフリーは、その老人が死ぬのを待つことにしたのです。

それを聞いていたデイルとクラレンスは驚きます。

ボスはハンフリーが、ただ身の回りの世話を手伝っているだけだと思っていました。

週に2回ほど老人の家に行き食事の用意をして、彼らしくないと思いましたが情が湧いたのだとボスは感じていたのです。

その時ボスは、息子でもそこまでできないとみんな褒めていると彼に話しました。

するとハンフリーは笑いながら、遺品としてあの本くらいはもらえるかなと言ったのです。

さすがにそのことで嫌になったボスは、友人であるハンフリーの妻が亡くなってからは会いに行きませんでした。

ハンフリーは若いころの自分にそっくりな息子を、信用できなくなるのは当然です。

月日というものは酷いもので、あんなに疎ましいと思っていたハンフリーですが、このザマを見ると平常心は保ってはいられないそうです。

 

家の外にいる男

ボスも一時休みを取っています。

デイルはクラレンスに、ボスは優しいと話しかけました。

また雨が降り出したので、あのままだと危ないからとガラスの破片を片づけようとクラレンスが立ち上がります。

デイルも手伝うと言い、暗いのでランプをつけてくれました。

ガラスの破片を手で拾っていると、ふとあることに気が付いたのです。

デイル「クラレンス、それは・・・」

クラレンス「しっ・・・」

そして彼女は、外を見てくると言って出て行ったのです。

 

「クソッ・・・なんで俺がここまでしなきゃなんねぇんだよ。全部あんたのせいだ、俺は何も悪くない・・・!」

足元がふらついている男性が、小さな瓶を手に持っています。

するとその男性の手首をクラレンスが掴み押さえつけました。

持っていたガラスの瓶は地面に落ちて割れ、その男性の名前をクラレンスは呼びます。

クラレンス「また会いましたね、ルーク・ハンフリー。こんなに早く行動に出るとは、焦ってしまったようですね」

外は雨が降り続いています。

\ 全話更新中! /

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第39話】の感想

ハンフリーは自業自得ですが、本当に息子が本を狙っていたとは・・・。

にしても、窓を割ってまでするのはいけないですよね。

ハンフリーの過去が出てきて、あんなにおびえていたのがよくわかります。

大事な価値のある本を、息子に取られたくなかったんですね。

 

さて、息子のルーク・ハンフリーを捕まえたクラレンスですが、これからどうなるのでしょうか?

なんか、デイルの出番必要なくない?と思ってしまいました(笑)

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は彼らは彼女だけを覚えていました【第39話】のネタバレをご紹介しました。

実は彼らは彼女だけを覚えていましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる