ピッコマ|実は彼らは彼女だけを覚えていました【第48話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は彼らは彼女だけを覚えていました」は、Shin yiho先生、RYU HEON先生の作品です。

戦争の勝者は幸せになってはいけないと、約束された名誉と幸せを断って突如首都を去ることにした「クラレンス・ホールトン」。

去ってしまった彼女を忘れることができずに、各自のやり方で探し始めるのは4人の男性でした。

彼らはクラレンスをみつけだすことができるのでしょうか?

そして首都を出たクラレンスが向かった先とは・・・?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第48話】のあらすじ・ネタバレ

クラレンスが倒した大きな男の元に、他の男二人が集まっていました。

こうなると謝礼金は二人で山分けか・・と一人が言い、手を組もうと誘ってきます。

ですがボスらしき男は、その場からいなくなったのです。

 

クラレンスは山道が暗いので、今下山できているのかどうかわからずに歩いていました。

月が出ているので、少しは場所がわかりそうです。

すると後ろから音がしたので、大きな剣を振ります。

ボスらしき男が襲い掛かってきましたが、ギリのところで抑えることができました。

「チッ、バレたか。卑怯だなんて思ってないよな?」

俺はお偉い騎士様とは違うから大目に見るようにと、クラレンスを挑発してきます。

クラレンスのピンチ

剣を交えているクラレンスと男。

男は、せっかく会えたクラレンス・ホールトンを殺さないといけないなんて本当に残念だと言いました。

でも、美人は月明かりが似合うから出会えてよかった・・・。

そう言いますが、クラレンスは手を抜くことはありません。

クラレンス「戯言をぬかす暇があるのか・・・」

そして剣を向けて男に向かっていきました。

そのまま蹴りを入れて抑え込み、男はその場に倒れ込んでしまいます。

クラレンス「私もお偉い騎士さんとは程遠いんだ」

男の顔を一発殴りました。

それでも抵抗してくるのでもう一度殴り、男の剣を奪い取ります。

「この・・・くそ女・・・」

美人だの散々褒めておいて不利になったらくそ女だと言い出したので、みっともないと男に言い剣を構えるクラレンス。

男が待ってくれと叫ぶと、クラレンスの後ろから矢が飛んできました。

「ナイスタイミング」

後ろから現れたのは、手を組もうと誘ってきていた男。

分け前は7対3だと提案し、クラレンスをボーガンで狙おうとします。

ですが人の気配がして振り向くと、そこにはオスワンが立っていたのです。

急な眩暈

オスワン「やめろ。誰だと思ってる」

そして彼は男を後ろから刺しました。

皇太子殿下の登場に驚いているクラレンスですが、名前を呼ばれた瞬間に目が変わります。

そして下敷きにしてた男を、そのまま剣で殺したのです。
 

オスワン「間に合ってよかった」

クラレンスはその場に跪いて、頭を下げました。

オスワンはやめて立つようにお願いし、矢が当たったところ以外にけがはないかと聞きます。

クラレンス「いえ・・・大丈夫で・・・」

そして立ち上がろうとしたクラレンスですが、急にめまいがしてその場に倒れてしまいました。

オスワン「クラレンス!?」

驚いたオスワンは、クラレンスを抱きかかえて支えています。

\ 全話更新中! /

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第48話】の感想

クラレンスなら男二人位簡単かなと思っていたのですが、後ろから急に狙うなんて卑怯です!

ですが、皇太子殿下がいたので助かりました!

彼らが来てくれていたから、クラレンスあ無事だったのでしょう・・・。

ですが急な眩暈で倒れてしまったので、矢に毒でも仕込まれていたのか・・・。

ちょっとまだわかりませんが、クラレンスが心配ですね。

とにかく、何もないといいなと・・・。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は彼らは彼女だけを覚えていました【第48話】のネタバレをご紹介しました。

実は彼らは彼女だけを覚えていましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる