☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は彼らは彼女だけを覚えていました【第51話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は彼らは彼女だけを覚えていました」は、Shin yiho先生、RYU HEON先生の作品です。

戦争の勝者は幸せになってはいけないと、約束された名誉と幸せを断って突如首都を去ることにした「クラレンス・ホールトン」。

去ってしまった彼女を忘れることができずに、各自のやり方で探し始めるのは4人の男性でした。

彼らはクラレンスをみつけだすことができるのでしょうか?

そして首都を出たクラレンスが向かった先とは・・・?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第51話】のあらすじ・ネタバレ

クラレンスは、オスワンの名前を呼びました。

何だか胸騒ぎがしてしまってつい話を聞いてしまったんだと話すと、ウィルキンス卿が戻るようにと言いました。

これはむやみに口外できる事案ではないそうです。

クラレンスはその場に座り、どうか無礼をお許しくださいと謝罪します。

オスワンは態度を変えず、ウィルキンス卿の言う通りにこの事案は慎重に取り扱うべきだとし、一般人であるクラレンスと論ずる問題ではないと冷たく突き放しました。

オスワン「復帰するのであれば、ポストを用意します」

それに関して、クラレンスはすぐに返事ができません。

返事がないことでショックを受けているのはオスワンも同じ。

見送りはできなくなったとクラレンスに背を向け、行ってしまいました。

皇帝の考え

自室に戻ったオスワンは、机を大きく叩きました。

ウィルキンス卿は、クラレンスには話してもいいのではと言いましたが、オスワンはダメだと聞こうとしません。

もしかすると、皇室の恥になるかもしれないのだそうです。

 

きっと皇帝でしょう。

長きにわたる戦争でもしぶとく生き残ったから、弟の死に場所を用意したんだと言っていたことを思い出します。

それはお前のためだと言われたオスワンですが、だからこそクラレンスに言うわけにはいかないのです。

 

帰りの馬車の中で、クラレンスに元気がありません。

クリーヴもボスも心配していますが、何も声をかけることはありませんでした

デイルの婚約

デイルの元に、フリーア家のご令嬢がいらしていると報告が入りました。

そしてデイルは、彼女の元にすぐに向かったのです。

 

フリーア嬢であるシェリアと挨拶をしましたが、いまだにレディーと呼んでくるデイルに、婚約した仲なのだからもう少し気楽に読んで欲しいとお願いしてきました。

そして部屋には二人だけになります。

デイルは5日以内にここを発つそうです。

御見送りをしたいから出発の前日に伝えて欲しいとシェリアは言いますが、デイルは大丈夫だと笑顔で答えました。

ですがシェリアは、未来の新郎が遠方に向かうのに、新婦が見送らないわけにはいかないと言うのです。

偽装結婚なので、何かと徹底しておかなければと彼女は考えていることを伝えました。

デイルは勉強になると微笑みました。

シェリア「私のほうこそ司祭様のおかげで一安心しました。まったく、まさか身内が勝手に縁談を進めてしまうなんて」

デイル「個人の意志より家門の名を重視する人は多いですから・・」

シェリアには、好きな人が別にいるとのことです。

 

一方クラレンスは、クリーヴに復帰をすると伝えていました。

それは戦場に戻るということ。

ボスもそれを聞いて不安そうにしています。

 

\ 全話更新中! /

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第51話】の感想

クラレンス・・・。

公爵様が気になるのはわかりますが、まさか戦場に戻ると言い出すとは思いませんでした。

これではクリーヴが心配で倒れてしまいかねない。

ボスも不安でしょうね。

オスワンがこのことをクラレンスに話さなかったのは、きっと皇帝が仕組んだことだから。

自分の立場を守りたかったのもあるのでしょうね。

 

さらにデイルは、偽装結婚をしていました。

相手も了承済みのこの結婚・・・。

どんな考えがあるのか、気になる所がどんどん出てきましたね!

 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は彼らは彼女だけを覚えていました【第51話】のネタバレをご紹介しました。

実は彼らは彼女だけを覚えていましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる