☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は彼らは彼女だけを覚えていました【第53話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は彼らは彼女だけを覚えていました」は、Shin yiho先生、RYU HEON先生の作品です。

戦争の勝者は幸せになってはいけないと、約束された名誉と幸せを断って突如首都を去ることにした「クラレンス・ホールトン」。

去ってしまった彼女を忘れることができずに、各自のやり方で探し始めるのは4人の男性でした。

彼らはクラレンスをみつけだすことができるのでしょうか?

そして首都を出たクラレンスが向かった先とは・・・?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第53話】のあらすじ・ネタバレ

スペンサー公爵は、聞かなかったことにすると言いました。

村全体が危険な状態だというのに逃げてどうするんだ、この状況で兵力を分散できるのかと真剣です。

「マザー」を片づける以外はその場しのぎにすぎないそうで、集中するようにと命令します。

すると、グオオオオッ!!と大きな鳴き声が聞こえてきました。

戦列を整え、3時間後の孵化までに突破すると命令したのです。

兵力を増やせない?

クラレンスは、公爵家にやってきました。

次女のアンナが嬉しそうに、クラレンスを迎えてくれます。

手紙は届いていたが、半年ぶりの再会となったので寂しかったのだそうです。

二人の元に入ってきたのは行政官。

失礼だからお茶を先に出すようにとアンナにお願いします。

クラレンスはゆっくりでいいからと笑顔で言いました。

 

呆れている様子の行政官の女性。

クラレンスに挨拶をし、ここに来たということは公爵様と連絡が取れないのを知っているのではと聞きました。

クラレンス「公爵様に何があったんですか?」

行政官は声を抑えるようにとクラレンスを止め、まだこのことは一部の者しか知らないことを伝えます。

彼女自身も昨晩知ったばかりなのだそうです。

スペンサー公爵は西の被災地の復旧に向かったと聞いているクラレンス。

ですが討伐戦に行方不明だなんておかしな話で、兵力支援を準備しているのかと行政官に聞きます。

そして自分も合流させてほしいとお願いしたのです。

行政官は、一存では決めかねるとだけ答えます。

クラレンス「失礼しました。では騎士団長に面談の申請を・・・」

行政官「いいえ。公爵家では、これ以上兵力を拡充できません」

納得できないクラレンス。

ですが行政官は、皇帝陛下が今回の件で公爵様と50名の親衛隊のみ承諾したことを説明します。

終戦後の後処理に多くの兵力を投入するのは、国民の不安を煽ることになるからだそうです。

それが理由だとしても、これだけの非常事態。

このような状況で兵力を増やせば、反逆に追い込まれる可能性もあるのです。

クラレンス「そんな!公爵様がどうしてそんな・・・」

理由は、公爵様が継承順位第2位だから。

来年頭の皇太子殿下の成人式を前に、牽制する理由としては十分でしょう。

行政官の考え

怒りを抑えきれていないクラレンス。

すると行政官は、ここへ来る際に城門で騎士の身分証を見せていないかと聞いてきました。

クラレンスはもう騎士ではないので、客として身分証を提示したそうです。

行政官はは少し安心したような表情をして、今回はよかったが自覚が足りないとクラレンスに忠告します。

行政官「卿は対ドリシエ戦の英雄です。スペンサー公爵の最側近騎士なのです」

この状況で公爵家を訪問した事実が広まれば、どう思われると考えているのかと聞かれたクラレンス。

言葉が出なくなりました。

行政官「・・・ですが、卿の顔を見て安心しました。公爵様もご無事だと思いますし」

クラレンス「行政官様・・・どうすべきなのでしょうか・・・」

公爵様を助けるのなら騎士団に復帰するしかないと考えていました。

それが無理なのであれば、一人で静かに動いた方がいいのではと考えたのです。

行政官はそれを聞いて、いい考えがあると言いました。

小規模ではあるが、神殿の未来をはじめとする神殿騎士団も被災地に向かうのだそうです。

そこにクラレンスも混ざるのがいいと行政官は言いました。

神殿の未来とは、デイルのこと。

行政官「ですが、クラレンス・ホールトンではいけません。ちょうど最近、デイル様のお見合い関連で多くの令嬢たちが出入りしています」

有力候補はいるそうですが、スペンサー家の傍系の令嬢としていけばいいとのこと。

推薦状まで書いてくれることになりました。

 

クラレンスは長い髪の毛に変え、綺麗な可愛らしいワンピースを着こなして神殿へと向かいます。

\ 全話更新中! /

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第53話】の感想

スペンサー公爵の状況は詳しく書かれていませんが、危ない状況だということには変わりありません。

一刻も早く、クラレンスは助けに行きたいでしょう。

なんとか、公爵には助かって欲しいですね。

 

そして変装をして向かったクラレンス。

デイルにはほんとのことを話すのでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は彼らは彼女だけを覚えていました【第53話】のネタバレをご紹介しました。

実は彼らは彼女だけを覚えていましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる