☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は彼らは彼女だけを覚えていました【第56話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は彼らは彼女だけを覚えていました」は、Shin yiho先生、RYU HEON先生の作品です。

戦争の勝者は幸せになってはいけないと、約束された名誉と幸せを断って突如首都を去ることにした「クラレンス・ホールトン」。

去ってしまった彼女を忘れることができずに、各自のやり方で探し始めるのは4人の男性でした。

彼らはクラレンスをみつけだすことができるのでしょうか?

そして首都を出たクラレンスが向かった先とは・・・?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第56話】のあらすじ・ネタバレ

テミアンはお尻を押さえて痛そうにしています。

レン(クラレンス)は大丈夫かと声をかけ、デイルが来たら呼ぶからそれまでは中で休んでいて欲しいと言いました。

ですがテミアンは、まるでタダ乗りしたみたいだと怒り、痛くないからあっちに行けとレンに言いました。

レンは微笑みながら、しっかり休むことも大事だと呟きます。

そして薪の置き場に指示を出していると、テミアンは手慣れていることに気づきます。

到着後テントを一人で立て、支給物資もさっさと整理をしたのです。

それに比べたらうろついているだけだと、屈辱感を感じています。

するとテミアンはレンのところにいき、火起こしは自分がやるからお前こそ少しは休んだらどうかと言い始めます。

テミアンの姿はまるで、昔のレンと重なって見えました。

戦場が昔を思い出させるのか、しばしば焦燥感に駆られてしまうのです。

ケニスとデイルの現状

デイルはウィルキンス卿と話しています。

想像以上に深刻な状況で、スペンサー騎士団の犠牲者は約21名ほど。

バウォルブルトと食性を考えると、さらに多くの人が犠牲になっていると予想されます。

その話を横で聞いていたセビアンと言う男性は、そのような話は聞いていなかったと大きな声を出しました。

そしてデイルに、今すぐ戻るべきだと言うのです。

デイル「静かにしてください」

デイルはセビアンに、ケニスから大体のことは聞いていたことを伝えます。

(本当はクラレンスから聞いたのですが、隠しました)

今回の目的が単なる調査と移住民の激励ではないということも、デイルは知っていたのです。

結果的にだますような形になってしまって申し訳ないとセビアンに謝り、この状況を知っていたら黙って見送らなかったから仕方がなかったんだとも言いました。

セビアン「何を仰っているんですか!神殿の騎士団の存在意義は、デイルが安心であることです!」

デイルの安全保障以外は神殿の意志でさえも例外だと、彼は強く主張しました。

彼にとって最優先すべきなのはデイルの安全。

それはウィルキンス卿もわかっている様子です。

セビアンたち聖殿騎士団は、デイルだけを信じてついて行くのだと言われ、なんだか嬉しくなりました。

クラレンスのこと

セビアンは団員達と話し合いがしたいからと、席を立ちます。

 

二人になったデイルは、さらに負担をかけてしまったようだと申し訳なさそうにしています。

ウィルキンス卿は、団員の安全を心配するのも当然だが、そのせいで長が委縮してはいけないとはっきり言いました。

彼らはデイルの心配や憂慮よりも、信頼を得ることを望んでいる。

それを聞いたデイルは、ウィルキンス卿に謝ります。

ウィルキンス卿自身、また戻ってくるとは思ってもみませんでした。

 

ウィルキンス卿「ついでと言っては何ですがデイル、クラレンス・・・ホールトン卿はこの件をしっています」

急にクラレンスの名前が出たので、反応してしまったデイル。

クラレンスは少なくとも閣下の失踪については把握しており、スペンサー公爵は彼女にとって父親同然なので、なんとしても合流してくると考えていたのです。

ですがそれ以降何も知らせがないので、気になっています。

ウィルキンス卿「もし、デイル側に接近してきたら教えてください」

そう言われたのですが、デイルはどうしていいのかわからないままでいました。

デイルからの話

急に現れて随行司祭の座を掴むから嫌いなんだと、レンはテミアンに文句を言われていました。

デイルの随行司祭に選ばれるのはとても凄いことなので、どうせコネでも使ったんだろうと言うのです。

なんとかなだめようとしていたレンですが、ここにデイルが現れました。

デイル「テミアン・・・酔っているんですか?」

酔っていないとテミアンは答えますが、料理用のワインを一口だけ飲んでしまったそうで、それで酔っているのだとレンが説明します。

二度としないと謝るテミアンに、デイルは笑って許します。

それよりも、皆さんにお話ししたいことがあるんだと真剣な表情に変わったのです。

 

\ 全話更新中! /

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第56話】の感想

問題が大きくなっていますね。

戦争のときに戻りたくはないけれど、仕方がないと言った様子でしょうか。

ウィルキンス卿もまさかこんなことになるなんて、思ってもみなかったでしょう。

デイルはクラレンスのことを正直に話したのか気になる所です。

もし話したら、クラレンスは追い出されるのかな・・・。

 

そして最後のデイルからの話。何かあったのか気になる所です!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は彼らは彼女だけを覚えていました【第56話】のネタバレをご紹介しました。

実は彼らは彼女だけを覚えていましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる