☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は彼らは彼女だけを覚えていました【第4話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は彼らは彼女だけを覚えていました」は、Shin yiho先生、RYU HEON先生の作品です。

戦争の勝者は幸せになってはいけないと、約束された名誉と幸せを断って突如首都を去ることにした「クラレンス・ホールトン」。

去ってしまった彼女を忘れることができずに、各自のやり方で探し始めるのは4人の男性でした。

彼らはクラレンスをみつけだすことができるのでしょうか?

そして首都をでたクラレンスが向かった先とは・・・?

彼女は幸せになることができるのでしょうか?

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第4話】のあらすじ・ネタバレ

クラレンスは、好きな食べ物は?よく歌う歌は?と、デイルという男性に話しかけられています。

放心状態のクラレンスは口を開きます。

クラレンス「私・・・は・・・。罪人です。金儲けのために人を・・・殺しました」

何かを好むなんて私にはできないと、強くショックを受けているようです。

デイル「資格がないとお考えですか?」

質問には答えず、頭を抱えて俯いてしまうクラレンス。

デイル「ホールトン卿、あなたの罪で私と私の友が助かりました。だからその罪を、共に背負わせてください」

「どうか少しでも、ご自身を許してあげられますよう・・・」

 

ウトウトしていたクラレンスは目を覚ましました。

「アビスに到着しました。目的地を教えて頂ければお送りいたし・・・」

クラレンスは、もう着いたのかと驚いています。

馬車の外を見ると、アビスの街並みが見えてきました。

クラレンス「変わったなあ」

そしてここで降りることにしました。

住所の場所は・・・

歩きながら、いい思い出なんてなかった場所ですが、いざ帰るとやっぱりここが故郷なんだと感じます。

クラレンス(家までちゃんとたどりつけるかな・・・)

街並みが代わりすぎて不安になっていると、後ろから女性に声をかけられました。

「まあ!誰かと思ったら、クラレンスよね!?」

クラレンスは失礼ですが・・・と前置きし、その女性に名前を聞きました。

ジョイ「レディーだなんて!覚えてない?印刷屋の娘、ジョイよ!」

14年前の彼女とはかなり変わっており、クラレンスは驚きました。

ジョイ「ホントに久しぶりね!元気だった?首都に行ったっきり何の連絡もなくて心配したのよ」

クラレンス「事情があって・・・クリーヴとはたまに文通してた」

そしてクラレンスは、ジョイに住所を見せて場所を教えてもらうことにしました。

ジョイ「ん?これ違うわよ。ここは城主様の屋敷だもの」

クラレンス「え?」

ケンカをしている男性と女性が・・・

「あなたと連絡を取りやすくするために、仕事先の住所を書いてたみたいね。クリーヴが城主様の屋敷で働きだしてだいぶ経つの」

「あなたがここを出てすぐだったから、8歳からかしら。もしかして・・・知らなかったの?」

ジョイから聞いたことを思い出しながら、クラレンスは歩いて向かっています。

学校に通っているはずなのに、どうなっているのだろうか?

だから生活費も学費も足りるように仕送りをしていたのです。

クラレンス(まず行って確認しないと。いくらなんでもおじさんもおばさんもそんな嘘はつかないはず・・・)

なのに、どうして胸騒ぎがするのでしょう・・・。

 

着いた先はとてもいい家でした。

クラレンス(ダメダメ、色眼鏡はよくない)

すると大きな怒鳴り声が聞こえてきました。

「またあんたかい!首都から金が送られてくるのはまだ一週間も先だよ!!」

怒鳴っているのは女性で、怒られている男性は違うんだと許しを乞いています。

「わかってるさ、お前似のうちの可愛い娘が成人式で・・・」

男性はクラレンスに軽くぶつかります。

「ん・・・?どちらさん・・・?」

男性はクラレンスの腰を見ると、剣が刺さっているので驚きました。

「金を取りに?まだに日にちが・・・」

クラレンス「違います。もしかして借金が?」

男性は女性に睨まれていることに気づき、借金なんて・・・と言葉を濁しました。

すると女性がクラレンスをみて、気づいた様です。

「あら、もしかしてアンタ・・・クラレンスかい?」

男性は、クラレンスがなんでここに・・・と不思議そうにしています。

クラレンス「お久しぶりです、おじさん、おばさん」

\ 全話更新中! /

実は彼らは彼女だけを覚えていました【第4話】の感想

クリーヴは親戚の家から学校に通っているのでは?

となると学校にも行ってないし、クラレンスが仕送りしている分はどうなっているのでしょうか?

これはいやな予感ですね・・・。

ジョイに出会わなければわからなかった事実。

クラレンスはどう問い詰めるのでしょうか?

おじさんには借金がありそうですし、おばさんもあやしい・・・・。

とても綺麗な絵の作品なので、サクサクと読み進められますよ!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は彼らは彼女だけを覚えていました【第4話】のネタバレをご紹介しました。

実は彼らは彼女だけを覚えていましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる