☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は私が本物だった【第27話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は私が本物だった」は、yuun先生、March先生の作品です。
父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げてきた「キイラ」は、ある日実の娘だと主張する「コゼット」が現れてしまい、「キイラ」はみんなをだました罪に問われて処刑されることになってしまう。
処刑される前日、「コゼット」は、実はあなたが本物だったとささやいたのです・・・。
真実を知った「キイラ」は苦しみながら処刑されるのですが、次の瞬間・・・なぜか過去に回帰してしまったのです。
誰が実の娘なんて関係ない!せっかく与えられた第二の人生・・・。
復讐もいいが、これからは自分のために自由に生きてやると「キイラ」は決めて行動に移しました!

\ 全話更新中! /

実は私が本物だったのネタバレ一覧

目次

実は私が本物だった【第27話】のあらすじ・ネタバレ

本当に私のサロンにパルビスの公女が来るのかと、驚いている様子の皇女アラベラ。
今まで招待に応じたことなどなかったのに、一体どういう風の吹き回しなんだと手紙を見ながら言葉が出てきません。
すると皇子であるミカエルが、外部になかなか姿を現さなかった公女が急に社交活動を始めたのにはなにか理由があるはずだと言うのです。
せっかくだから、パルビス家が何を企んでいるのか探ってみるようにとお願いすると、アラベラはサロンの開催を取りやめた方がマシだと言いました。
ミカエル「すでに招待した客はもちろん、父上も快く思わないはずだ。皇室にとってパルビス家がどんなに扱いにくい存在なのかしってるだろ?」
皇帝陛下はパルビス家が中立を保っていると信じているのですが、私兵を保有しているので常に警戒する必要があるのです。
アラベラはエリがいるから彼女に任せようと言うのですが、彼女はまだ社交界デビューをしていないからと止められてしまいます。
アラベラ「お・・・お兄様はパルビス公女がどんな人かご存じないからです!」
前回の新年会で受けた扱いを、ミカエルに話し始めます。

キイラからの冷たい扱いを受けたアラベラ

アラベラはキイラに、新年会で話しかけました。
ですが挨拶しただけなのに、殺気すら感じる恐ろしい目で睨んできたのだそうです。
それだけではなく優しく話しかけただけだとアラベラは言いますが、内容はキイラにはわからない噂話でした。
何の話なのか全く分からないキイラは、とりあえず相槌だけ打ちます。
アラベラ「ま・・・まさか、ご存じなかったのですか?」
そしてキイラのドレスの話を始めようとしたところ・・・。
キイラ「うるさいですね」
うるさいと言われたことで呆然と立ち尽くすアラベラでしたが、そのまま「失礼しました」と言ってその場から立ち去りました。
ですがキイラは、会場がうるさいと言っただけだったのです・・・。
この出来事でアラベラは、キイラが自分には関心がないんだと勘違いしてしまいます。
 
あんな屈辱的な扱いを受けたのは初めてだと、アラベラはミカエルに言いました。
精霊士だから調子に乗って皇室を見くびっている証拠だとも言い出すのです。
ですがミカエルは以前キイラと話したことがあったのですが、そういう印象ではなかったそうです。
少しぎこちない様子ではあったが、皇室を見くびっているようには見えないと言うと・・・。
アラベラはつまり自分だけ無視されたということなのかと、怒りがこみ上げてきました。
アラベラ「皇女は嫁いだらそれで終わりってことね・・・」
過剰な憶測はしないようにとミカエルは止めますが、アラベラは結婚したら地位が下がってしまう身なので、見くびる人たちが多いのだそうです。
ミカエル「もし公女が皇室を見くびっているのなら、彼女の本心を正確に把握する必要があると思わないか?」
冷静に考えるようにと、アラベラとなだめます。
 
仲良くなろうと思って努力した結果無視されたのに、次は本心を探るために接近しなければならない・・・。
冗談じゃないと思いますが、気持ちを抑えます。
アラベラ「分かりました、努力はしてみます。でもいい結果が得られるとは限らないので、あまり期待しないでください」

キイラを呼ぶ理由

父はキイラの監視をした報告を受けています。
忘れていたようですが、報告書を確認して安心しているのです。
内容は、エディンバラ侯爵と単独で面会したことと、カストロ子爵家の三男であるエイデンをボコボコにしたことが書かれていました。
ロバートはエディンバラ侯爵と単独で会ったことを出し、その件は問題はないのかと確認してきます。
ですが祖父と孫娘がパーティーで互いに見て見ぬふりをする方が不自然だと、父は言うのです。
政治的中立を重視している父のことなので、間違いなく詳しく調べるように言われれると思っていたロバートですが、なんdなか拍子抜けしてしまうのです。
そしてもう一つ、キイラが皇女殿下のサロンに参加することを報告しました。
エイデンのせいで社交活動を始め、別れて憂鬱にしているかと思っていましたが・・・。
まさかまだ続けるつもりなのかと、父は明らかに悩んでいるのです。
父「・・・私が直接聞くとしよう。キイラを呼んできなさい」
ロバート「どのようなご用件でお呼びになったとお伝えしましょうか?」
父は少し前のことを思い出し、結婚相手を探すという口実が通用したのか結果報告を受けたいと伝えてもらうことにします。
 
部屋を出るロバートは、いつもあんな調子なので疲れてしまうと素直になれないキイラの父に少し呆れているようです・・・。

\ 全話更新中! /

実は私が本物だったのネタバレ一覧

実は私が本物だった【第27話】の感想

キイラは勘違いされやすいんですね。
だってアラベラにもちゃんとうるさいのは会場だと言っているのに、最後まで聞いてもらえなかったのです。
話をちゃんと聞いてもらえれば違ったのでしょうが・・・。
やはり、笑顔がないのが問題なのかもしれませんね。
でもこれは前のキイラの話なので、今は違います!
きっとサロンで勘違いだったとわかってくれるはず!!
 
キイラの父も素直じゃないということは、本当はキイラのことが心配なのかもしれませんね!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は私が本物だった【第27話】のネタバレをご紹介しました。
実は私が本物だったはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる