☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|実は私が本物だった【第28話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は私が本物だった」は、yuun先生、March先生の作品です。
父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げてきた「キイラ」は、ある日実の娘だと主張する「コゼット」が現れてしまい、「キイラ」はみんなをだました罪に問われて処刑されることになってしまう。
処刑される前日、「コゼット」は、実はあなたが本物だったとささやいたのです・・・。
真実を知った「キイラ」は苦しみながら処刑されるのですが、次の瞬間・・・なぜか過去に回帰してしまったのです。
誰が実の娘なんて関係ない!せっかく与えられた第二の人生・・・。
復讐もいいが、これからは自分のために自由に生きてやると「キイラ」は決めて行動に移しました!

\ 全話更新中! /

実は私が本物だったのネタバレ一覧

目次

実は私が本物だった【第28話】のあらすじ・ネタバレ

過去に回帰して2週間目。
未だに死ぬ前に見たあの光景の正体について、突き止めることができていません。
精霊や魔法と関連しているので簡単にはいかないとわかっていましたが、ここまで情報がないとは思っていませんでした。
ロバートに任せていた調査も収穫ゼロです。
今キイラに残された手は、精霊士である大叔母様に会って直接尋ねること。
ジョアンナ・パルビスは現存する唯一の精霊士です。
キイラが小さい頃、後継者である彼女に精霊士についていろいろ教えてくれたり、精霊士だけが入れる邸宅や書庫や神殿にも連れて行ってくれました。
その時に見たベアトリーチェの精霊石はとても綺麗で、あれをもう一度見れば何か思いつくかもしれないと考えています。
できれば今すぐにでも会いに行きたいのですが、大叔母様の希望で首都のどこかでひっそりと暮らしているので、皇帝を除いてはパルビス大公を通さなければ連絡がとれません。
ですが父にお願いするのはなんだか嫌だ・・・。
キイラが悩んでいると、ロバートが声をかけてきました。
ロバート「閣下がお呼びです。公女様のことを心配しておられます」
心配していると聞いて信じられない様子のキイラ。
ロバートはキイラが侯爵夫人の招待に応じたことや、皇女殿下のサロンに出席することも異例だったからだと言いました。
それを聞いたキイラは、キイラ自身の心配ではなく、パルビス家の中立性が損なわれないか心配しているんだと考えたのです。
キイラ「ちょうど私も伺おうとしていたところだったわ。早くいきましょう」

要件のみ

父の元に向かっていると、部屋からメイドたちが出ていくのが見えました。
不思議に思いながらも部屋に入ると、テーブルの上には沢山のお菓子屋ケーキが並べられていたのです。
父はキイラに、座るように言いました。
キイラ(閣下が・・・ケーキを?)
父の前に座ると、なんだか彼が緊張しているように見えました。
 
父「結婚相手を探すという計画は上手くいったか?」
キイラ「あ…結婚について聞いてくる人がいませんでした」
上手くいかなかったようだなと言われたキイラは、少しむきになって次は必ず成功してみせると答えたのです。
父はそんなキイラを見て、なんでそんなにムキになるのか・・・、口実だと思っていた結婚がまさか本気だったのでは?と感じたのです。
もしそうだとすれば、娘の結婚が嫌で邪魔をしている父親のようだと誤解されかねないと考えます。
ですが父は、パルビス家の当主である以上はほかの父親のように愛情を注ぐことができない代わりに、口出しをしないと決めていました。
恋愛であれ結婚であれ、パルビス家にマイナスにならないように対処してもらえれば問題はないのです。
ですが少しためらいながら、好きにしなさいとキイラに言いました。
キイラはお礼を伝え、思い出したかのように大叔母様が元気なのかと聞いてみます。
父「お年を召していらっしゃるから昔のようにはいかないだろう。医者の話では喘息が悪化してしまったとか・・・」
キイラ「そうですか・・・頻繁にご連絡を差し上げないといけませんね」
父はお前が会いに行ったら喜ぶだろうと言うので、早速週末にご挨拶に疑うとキイラは答えて席を立ちました。
約束の時間が決まったらロバートを通して伝えてほしいと言いますが、父は何も答えません。
テーブルの上のケーキには、まだ触れていないままです。
少し気になりながらも、キイラは部屋から出ていきました。

不満げに見えた父

部屋から出たキイラは、父がどこか不満げな表情だったことを思い出します。
パルビス家の中立性を疑われれるのがそんなに嫌なのだろうかと感じたキイラは、小さい時に母方のおじい様に会うのも嫌がっていたことを思い出しました。
おじい様は権力欲が強い人なので仕方がありませんが・・・。
ふと、おじい様が何を隠しているのかが気になってしまいます。
もしかすると、それが決定的なカギになるかもしれないと、キイラは足を止めたのです。
 

\ 全話更新中! /

実は私が本物だったのネタバレ一覧

実は私が本物だった【第25話】の感想

きっとキイラの父は、ケーキでも食べながら話をしようと思っていたのでしょうね。
ですがそんな簡単に誤解が解けるわけがありません。
キイラは父が不満そうにしていると、見えていたのです。
難しい・・・。
なんだか少し父がかわいそうに見えてきました。
もう少し歩み寄ればキイラの態度も変わるでしょうが、なかなか難しいですよね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は私が本物だった【第25話】のネタバレをご紹介しました。
実は私が本物だったはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる