ピッコマ|実は私が本物だった【第37話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「実は私が本物だった」は、yuun先生、March先生の作品です。

父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げてきた「キイラ」は、ある日実の娘だと主張する「コゼット」が現れてしまい、「キイラ」はみんなをだました罪に問われて処刑されることになってしまう。

処刑される前日、「コゼット」は、実はあなたが本物だったとささやいたのです・・・。

真実を知った「キイラ」は苦しみながら処刑されるのですが、次の瞬間・・・なぜか過去に回帰してしまったのです。

誰が実の娘なんて関係ない!せっかく与えられた第二の人生・・・。

復讐もいいが、これからは自分のために自由に生きてやると「キイラ」は決めて行動に移しました!

\ 全話更新中! /

目次

実は私が本物だった【第37話】のあらすじ・ネタバレ

コゼットはキイラに、こんにちはと挨拶をしました。

キイラも笑顔で挨拶を返します。

コゼットは笑みを浮かべて前に一歩進み、十数年ぶりに家族に会えて嬉しいと言ったのです。

コゼット「公子様!私が年上の姉だと伺っているので、気楽にお話ししでもよろしいですか?」

ですがジークは、何を訳の分からないことを言っているんだと明らかに動揺しています。

隣にいたアイザックは、お隣のような「偽物」ではなく「本物」の姉を連れてきたと自信満々に言うのです。

それでもキイラは落ち着いています。

こでは、回帰する前と同じです。

ジーク「アーサー卿!あの狂った二人を追い出さないで何をしてるんだ!?」

そしてコゼットの腕をつかもうとしますが、さらわないでくださいと振りほどかれてしまいました。

コゼット「私は紛れもない大公家の血筋です」

大公閣下が娘として認めれば、この無礼に対する処罰を避けられるのかと真剣に言うのです。

すると、大公閣下が入場します。

回帰前と同じ流れ

会場に入ってきたのは、お父様。

コゼット「初めまして、お父様」

父はコゼットの自己紹介を、表情一つ変えずに聞いています。

父「君が私の娘だと言うのか?」

コゼット「その通りです」

 

周りにいる人たちは、ロエナ・バインベルクは子供を産めないからと追い出された後に死んだのでは?

エディンバラ侯爵に濡れ衣を着せられたという噂もある・・・。

大公閣下に似ているし、本当にロエナの娘なのでは・・・。

とひそひそと話始めます。

キイラはコゼットを見つめながら、やっぱり変だと感じました。

白い肌と傷一つない綺麗な手、それよりもあの堂々とした態度。

平民が一体どうやって、こんなに多くの貴族たちの視線にも平然としていられるのだろうか。

自分の身分も知らないまま田舎で育ったというところも怪しく感じてしまいます。

コゼット「少し遅れてしまいましたが、お会いできて本当に嬉しいです。お父様」

お父様と呼ばれて反応した父ですが、ここでおじい様の声が響きます。

「次の代の精霊士は一人だけという神託があったではありませんか!」

今すぐあの者たちを追い出すべきだと、周りの人たちが大声を出し始めます。

ですが父は睨みつけ、その場は一気に静まり返ってしまいます。

お父様は何か知っている?

君が私の娘だと証明できるのかと、父はコゼットに聞きました。

コゼットはチャンスをいただければ・・・と答え、それは回帰前と本当に一言一句同じです。

そしてこの次は、父が「いいだろう、証明してみなさい」と答える流れ。

もう経験しているキイラは、また傷ついてしまったらこれこそバカだと冷静になったのです。

父「・・・もう一度言ってみないさい」

コゼットは不思議そうな表情をしており、キイラも父の言葉に反応します。

最初の挨拶をもう一度言うようにと言われたコゼットは少し考え、「初めまして、お父様」と言いました。

明らかに何かを感じ取っている父。

そして会場は静かになりました。

アイザックは、急なことで困惑されるかもしれませんが、この子は間違いなく閣下の実の娘だと言いました。

万が一嘘である場合は、この私の命を捧げるとまで言うのです。

おじい様はそれでも、そんな訳のわからない主張を続けるつもりなら証拠を出すようにと命じますが、証拠がないのはキイラも同じだと言い返されてしまうだけ・・。

怒りを露にするおじい様を、キリアは落ち着くようにと止めました。

キイラ「敏感な問題だから大公閣下が・・・」

父「静かに。ここは息子の誕生日を祝う場だ」

今すぐ結論を出せない問題だから、今日はパーティーを楽しむようにと言いました。

息子のパーティーを邪魔する気がないのであれば、話はここまでにしてくれと。

そしてそのまま父は、ジークにお誕生日のお祝いの言葉を述べました。

アイザックは悔しそうにしています。
 

これは回帰前にはなかった展開・・・。

キイラはまさか、閣下にも回帰前の記憶が残っているのかと感じました。

父の方を見ると、何か話でもあるのかと彼は聞いてきます。

\ 全話更新中! /

実は私が本物だった【第37話】の感想

展開が面白くなってきました!

コゼットがやっと現れて、楽しくなってきそうだなと思ったのですが・・・。

まさかの父も怪しい感じ!

キイラと同じかもしれませんね。

前に、回帰するにはもう一人必要だという話がありました。

もしそれがお父様だったら・・・。

コゼットかなりピンチですよね!

続きが楽しみです♪

まとめ

以上、ピッコマで配信中の実は私が本物だった【第37話】のネタバレをご紹介しました。

実は私が本物だったはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる