☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|影の皇妃【第33話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の影の皇妃は、kinlip・hayul先生の作品です。

フランツェ大公の頼みで熱病で死んだ彼の娘ベロニカの代わりになったエレナ。

皇妃として暮らしていたある日、死んだはずの娘が現れエレナは殺されてしまう。

そうして殺されたエレナはどういうわけか18歳の時の過去に戻っていた!

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

影の皇妃【第33話】のあらすじ・ネタバレ

フロンティア学術院は学問を研究し様々な分野で才能を育て、優れた人材を輩出することを目的としている教育機関です。

しかし貴族の中に専門知識が学問を学ぶために入学するような学生はまずいません。

幼い頃から私教育を受けてきた高位貴族が、学術院にやってくる目的は人脈を広げるためなのです。

社交界の圧縮版と言っても過言ではない学術院で、お互いに親睦を深め未来のための土台作りに励みます。
今日はエレナが交流会を開き、4人の女学生を集めました。

みんなエレナを憧れの存在だとおだてあげ、これからも遊びに来て良いかなんて言ってきます。

エレナは笑顔で対応をしてはいますが、内心かなりめんどくさいと感じているのです。

また近いうちに招待すると彼女らを帰した後、片付けをするメイを呼び出します。

その間カーペットの掃除を任されたアンはショックそうにしていますが、メイはいつも通り表情一つ変えません。

メイへとアンのそれぞれの扱い

部屋へやってきたメイに、エレナは一通の手紙を手渡しました。

これを送り主がエレナであるということを伏せて、カストル紹介の商会長であるエミリオに送って欲しいと依頼します。

メイは手紙の内容が気になるのか、封筒をじっと見ています。

エレナは別にメイに隠す必要もないから、手紙を読んでみても良いと言いながら、次は一枚のメモを手渡すのです。

そこには”カツラ、服、化粧品、ルシアの名札、染毛剤”と記されています。

内容を確認したメイは、この間調査を頼まれたルシアの名札がどうして必要なのか分からず困惑した表情を浮かべています。

しかしエレナは買ったら包んでフューレルバード卿に渡しておくようにと、話を進めていきます。

最後にアンには買ったものを絶対に見せないでと、一切の口外を禁じて、メイを送り出します。
次にアンを部屋へと呼んだエレナ。

アメとムチは使い分けなきゃと、とある箱を手に取ります。

アンが訪ねてくるなり、エレナはアンのことをどれだけ大事に思っているか、ちゃんと分かっているのかと尋ねます。

この質問には、アンはかなり戸惑っているようです。

すると手にしていた箱を開けたエレナ。

箱の中にはジャラジャラと宝石が入っています。

その中から一つの指輪を取り出すと、それを彼女の指につけてしまいました。

エレナ「いつも意地悪してごめんね」

「ほんの気持ちだけど」

「プレゼントよ。毎日私のために一生懸命やってくれてるもの」

アン「私実は…公女殿下に嫌われてると思ってました…」

エレナ「そんなわけないでしょ」

「メイはテキパキしてるけど、どうも好きにはなれなくて、だからいつもおつかいに行かせるの」

「けどアンは違う」

「頼りにしてるわ」

「メイには秘密よ」

アン「もちろんです!この指輪一生大事にします!」

エレナ(リブ、あなたが言ったわよね)

(欲にまみれた人間ほど扱いやすいって)

アンを排除して、ついに動き出す

夜になり外が少し騒がしくなってきました。

エレナはゆっくり本を読んでいるところへ、アンがやってきて前夜祭には行かないのかと聞いてきました。

そもそもお祭りに興味もないし、自分には合わないからと行かないと答えると、アンはあからさまに残念そうな顔をしてきました。

これに気付いたエレナは、行きたければ一人で行ってきても良いとして、アンを送り出すのです。

目を輝かせて、大急ぎでアンが出て行ったことを確認して、エレナはメイにあのメモに書かれたお使いが完了したか尋ねました。

メイはすでに完了したと答えたので、今度は一緒に記録室へ行こうと提案しました。

”扮装の錬金術”という本を見せながら、面白いものを準備するにはちょうど良い場所だと言って、メイを誘い出すのです。

\ 全話更新中! /

影の皇妃【第33話】の感想

エレナの学院での生活はうまくいっているようですね。

お茶会を開いて人脈を広げながらも、メイを使って着実に計画を進めています。

問題はアンの扱い…

メイにばかり仕事を与えていたのでは納得いかないでしょうし、リアブリックに変な報告をされるのも避けたいところ。

そこでエレナは彼女に指輪を与えたり、夜市に参加させたりして、手のひらで転がすべく動きだしました。

あの様子を見ていると簡単に味方につけられそうですが、過去で裏切っている以上、最後まで本当の気持ちは見せずに終わりそうです。

さて、メイとルシアを使って何をするつもりなのでしょう。

考えられる可能性としては、変装して父親に会いに行くとかでしょうか?

まとめ

以上、ピッコマで配信中の影の皇妃【第33話】のネタバレをご紹介しました。

影の皇妃はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる