☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

comico|目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第25話】のネタバレ・感想!

comicoで配信中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」は、Jang Nsmu先生、Hagwa先生の作品です。

    目を覚ますと、「野獣と令嬢」という大好きな成人向け小説の登場人物「アンシア」に転生していた!?

    原作では皇太子ブレイクの顔にショックを受けて自殺してしまうアンシア。

    ですが転生して目を覚ますと、そのアンシアとして生きていたのです。

    作中の中での一番の推しだったブレイクに出会った主人公は、これは彼の幼少期を変えるチャンスかもしれないと、動き出したのです。

    しかもそのブレイクは、ウサギのように可愛い少年で・・・。

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第25話】のあらすじ・ネタバレ

    ダンスは陛下がリードしてくれただろうと、ブレイクが言いました。

    ですがアンシアが踊っていないと答えると、ブレイクは驚きながらどうしてなのか聞いてきます。

    アンシア「最初のダンスは殿下と踊りたくて」

    すると沈黙が流れました。

    アンシアは陛下もご配慮してくれたというのですが、ブレイクは陛下と踊ればよかったのにとつぶやいたのです。

    俺はそういうところには行けないから・・・。

    アンシア「どうしてですか?」

    ブレイク「俺は呪われているんだぞ」

    アンシアはブレイクの手を握り、必ず呪いは解けると言ったじゃないかと声をかけます。

    今日、ブレイクの呪いが解ける人物と出会ったのです。

    本当に可愛くて愛らしい子だった。

    そしてアンシアは私と火一つだけ約束をして欲しいとお願いします。

    約束は呪いが解けたら必ず一緒に踊って欲しいということ。

    ブレイク「当然だ。俺がアンシア意外と踊るわけがないだろ?」

    アンシアがいなくなりそうで怖い

    すると急に、ブレイクはすごく怖いと言い出しました。

    アンシアが呪いは必ず解けるから心配しないでと言いますが、呪いではなくてアンシアがいなくなりそうで怖いのだそうです。

    いきなり俺を置いていなくなりそうで・・・と涙を流しながら言いました。

    アンシア「・・・私はどこにも行きません」

    それでもブレイクは、俺を捨てるなと必死になっています。

    ブレイク「俺にはアンシアだけだ。アンシアの望みは全部叶えるから。だから・・・俺の元からいなくなるな!」

    必死のブレイクを目の前に、アンシアは抱きしめます。

    お願いだから泣かないでと言いますが、ブレイクの涙は止まりません。

    ブレイク「アンシア、いなくならないと言ってくれ」

    いなくならないと言うだけなのに、いつも口癖のように言っていた嘘が出てこなくなりました。

    ブレイクはもう一度、置いていなくならないと約束してほしいとお願いします。

    アンシア「・・・いなくなりません」

    なんとか絞り出して出てきた言葉でした。

    呪いを解くために

    ブレイクにいなくならないと約束をしました。

    ですが約束と同時に、別れの準備をするべきだと感じています。

    アンシアが自殺を図ったと思ってショックを受けたブレイクと、慰めてあげたかったのです。

    彼を守りたかった。

    ブレイクは呪いを解くために、原作通りダイアナと恋に落ちなければなりません。

    そうなればアンシアは、リチャードが原作通りにダイアナを手に入れるために計画を企てたら、徹底的に防いだ後消えるつもりでした。

    アンシア(でも・・・このままじゃダメな気がする)

    一人考えているアンシアは、頭を抱えました。

    思っていたよりもブレイクはアンシアのことが好きで、冗談ではなく本気で心配になってしまうのです。

    二人を合わせなければいけないと感じたアンシアは、誰かに手紙を書いているようです・・・。

    ダイアナとブレイクの出会い

    そして数日後。

    今日はアンシアの妹であるダイアナが遊びに来る日です。

    ガチガチになって緊張しているブレイクは、いつも以上におしゃれをしています。

    この服はハンスに頼んで仕立てた新しい服。

    なんだかんだ初恋の人と会うことを楽しみにしているんだと、アンシアは微笑みます。

    アンシア「緊張します?」

    ブレイク「少し・・・。義妹に嫌われたらどうしよう?」

    違う意味で緊張していたブレイクに、アンシアは拍子抜けしてしまいました。

    大丈夫だから心配しないでと言いながら、ブレイクのネクタイを綺麗に直しました。

    もしかしたらその言葉は、アンシアの前だからマナーとして言っているだけかもしれないと、期待はしていないのです。

    原作よりも早い出会いですが、遅すぎるよりも早い方が良いはずだと、ダイアナを出迎えに行きました。
     

    馬車から走って出てきたダイアナは、すぐにアンシアに抱き着きます。

    ダイアナ「お姉さまが私に会いたいと言ってくれて、どれほど嬉しかったか」

    本当に夢みたいで眠れなかったんだと、素敵な笑顔を見せました。

    まずは皇太子殿下に挨拶をしないと・・・と促すと、すぐにブレイクの方を見ました。

    ダイアナ「帝国の光である皇太子殿下にごあいさつします」

    ブレイク「会えて嬉しいぞ、ベラシアン嬢」

    二人が話している様子を見ていると、思っていたよりもずっとお似合いだと感じました。
     

    アンシアは少し陛下のところに行ってくるから、ここで待っているようにとダイアナに言いました。

    そしてブレイクには、ダイアナに宮を案内してほしいとお願いします。

    ブレイクは任せておけとやる気満々。

    そしてアンシアは走って陛下のところに向かいます。

    これでいい、これでよかったんだ。

    自分の気持ちを抑えながら・・・。

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第25話】の感想

    アンシア・・・、もっと自分の気持ちに素直になってもいいのに!

    これじゃあブレイクがかわいそうです。

    今はダイアナとの会話を楽しんでいますが、そのまま放置はダメです!

    きっとダイアナも、アンシアの大切な相手を奪おうなんて考えていませんから。

    ブレイクも同じで、ダイアナと出会ったからといってアンシアから乗り換えるなんてことはないでしょう。

    アンシア、戻ってきてほしい!!

    まとめ

    以上、comicoで配信中の目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第25話】のネタバレをご紹介しました。

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたはcomico限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる