☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

comico|目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第37話】のネタバレ・感想!

comicoで配信中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」は、Jang Nsmu先生、Hagwa先生の作品です。

    目を覚ますと、「野獣と令嬢」という大好きな成人向け小説の登場人物「アンシア」に転生していた!?

    原作では皇太子ブレイクの顔にショックを受けて自殺してしまうアンシア。

    ですが転生して目を覚ますと、そのアンシアとして生きていたのです。

    作中の中での一番の推しだったブレイクに出会った主人公は、これは彼の幼少期を変えるチャンスかもしれないと、動き出したのです。

    しかもそのブレイクは、ウサギのように可愛い少年で・・・。

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第37話】のあらすじ・ネタバレ

    今日は、リチャードの人生が一変した「あの日」なのでしょう。

    「あの日」のことについて、アンシアは物語を思い出します。

    ロウム族

    リチャードの母親は、ロウム族の奴隷でした。

    ロウム族は1000年前までは西大陸の主であり、彼らはゼルカン帝国の皇族として君臨していました。

    ですが贅沢と享楽に溺れ、民を弾圧していたそうです。

    光の女神はロウム族の残忍な態度に激怒し、フィリップ皇帝に力を与えて彼らを追い出してしまいました。

    そうしてゼルカン帝国が滅び、アステリック帝国が建てられました。

     

    ロウム族は奴隷へと転落し、1000年経つ今も蔑視対象となっています。

    カシル公爵は妻が妊娠すると美しいロウム族の奴隷に手を出し、その結果リチャードが生まれます。

    最初は奴隷のように育てていましたが、自分の血縁だと思うと目が向くようになり、リチャードの聡明さにカシル公爵は息子と認めることにします。

    リチャードは喜びました。

    そして自分がもっと勉学に励めば、公爵に認められて母の身分も奴隷から解放されると考えました。

    ですが彼の希望は、すぐさま打ち砕かれたのです。

    リチャードの母

    咳き込んで苦しそうにしている母を目の前に、リチャードはかなり心配しています。

    公爵に医者を呼んでほしいと頼んでくると言うリチャードですが、母は大したことないし大丈夫だから何も言わないでと答えました。

    ですが居ても立っても居られなくなったリチャードは、カシル公爵の元へと向かったのです。

     

    リチャード「お母さんが病気なんです。お願いします、医者を呼んでください」

    もっと勉学に励むからと言いながら、座り込んでお願いをしました。

    カシル公爵「あの女が病気だと?タンシノルじゃないだろうな?」

    タンシノルと聞いて不思議そうにしているリチャードですが、公爵は下がるように命じました。

    リチャードは言うことを聞くしかありません。

     

    リチャードの母は死んでしまいました。

    病気のせいで死んだのではなく、カシル公爵の命令で外に出されて殺され、そのまま土に埋められてしまったのです。

    どうしてこんなことになったんだと、リチャードは涙を流しました。

    そして彼も「タンシノル」にかかっていないことが確認出来てから、閉じ込められていた倉庫から解放されます。

    リチャードはその足で、書庫へと向かいました。

    そしてタンシノルに関する本を読み漁ったのです。

    「タンシノル」は最初にロウム族から広まった疫病で、伝染力と死亡率が高く、黒い斑点ができて外見が醜く変わり、吐血するという特徴があるのです。

    その姿が、「呪いの継承者」と酷似しているので、光の女神が下した第2の呪いとも呼ばれています。

    そして読めば読むほど、リチャードは確信します。

    母は「タンシノル」ではなかったと・・・。

    人々はロウム族が病気だと言えば、「タンシノル」にかかったのだと疑って殺すことが多いのです。

    だから母はあの時我慢するしかなく、誰にも言わないようにとお願いしてきたのです。

    リチャードは自分のせいで母が死んでしまったんだと、涙を流しました。

    アンシアの優しさに・・・

    その日以降、リチャードは完全に変わってしまいました。

    そして誓います。

    必ずカシル公爵とその家族に復讐をすると。

    彼らの全てを奪い、最も苦しむ方法で殺してやると・・・。

    皇帝の座は自分のものになり、自分を見下したすべての人を足元に跪かせると固く誓いました。

     

    アンシア「お久しぶりです、リチャード」

    リチャードは、こんなところであなたに会うなんて意外だと笑みを浮かべました。

    綺麗な花が咲いている木。

    アンシアが綺麗だと言うと、これはお墓で下にロウム族の女性が埋められていると教えてくれました。

    まさか彼が自分の口から「ロウム族」という言葉を口にするなんて思っていなかったアンシアは、驚いてしまいます。

    原作では、ダイアナにすら話していないのです。

    知っている方なのかとアンシアが聞くと、リチャードは話に聞いただけで「タンシノル」にかかっていたそうだと話します。

    アンシア「そうですか」

    そしてその木き近づき、枝に花柄のハンカチを結びました。

    リチャード「何をしているんですか?」

    アンシア「これがロウム族の葬儀の作法だと聞きました」

    ロウム族に敬意を表するのかと驚いているリチャード。

    アンシアいけないのかと聞くと、リチャードは怒りを露にしながら「タンシノル」を知らないのかと睨みつけます。

    アンシア「知っています」

    リチャード「だとすれば、警戒心が足りませんね」

    本当にタンシノルなのかわからないとアンシアは言い、ロウム族をタンシノルだと決めつけて殺す場合も多いと聞いたんだと説明します。

    もし本当にタンシノルだったとしても、もう病原体は残っていないんだとも。

    リチャード「女神の呪いが移る可能性もあります」

    アンシア「私はそういうものを信じていません」

    そしてハンカチの結び目が風でほどけどうだったので、もう一度結び直そうとしました。

    枝に手を伸ばすと、リチャードが掴んで止めてきたのです。

    リチャード「周りから怪物にも優しく接する聖女だと崇められて、浮かれているんですか?」

    「それとも本気で勘違いしているんですか?」

    アンシアは驚いた表情で、リチャードを見つめています。

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第37話】の感想

    リチャードって、嫌な奴だな・・と思っていたのですが、こんな過去があったんですね。

    これは辛かったでしょうし、さらにリチャードの父であるカシル公爵が邪魔に見えてきました(笑)

    アンシアの優しさですら、嫌になってしまうほどつらい思いをしてきたリチャード。

    彼は少しでも変わることができるのでしょうか。

    リチャードはリチャードで、いろいろと考えているのでしょうね。

    まとめ

    以上、comicoで配信中の目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第37話】のネタバレをご紹介しました。

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたはcomico限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる