☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

comico|目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第5話】のネタバレ・感想!

comicoで配信中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」は、Jang Nsmu先生、Hagwa先生の作品です。

    目を覚ますと、「野獣と令嬢」という大好きな成人向け小説の登場人物「アンシア」に転生していた!?

    原作では皇太子ブレイクの顔にショックを受けて自殺してしまうアンシア。

    ですが転生して目を覚ますと、そのアンシアとして生きていたのです。

    作中の中での一番の推しだったブレイクに出会った主人公は、これは彼の幼少期を変えるチャンスかもしれないと、動き出します。

    しかもそのブレイクは、ウサギのように可愛い少年で・・・。

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第5話】のあらすじ・ネタバレ

    味噌と香辛料だとアンシアが答えると、侍女のメリッサは不思議そうな顔をしています。

    アンシアは、これは東洋の調味料でこれをいれたら料理の幅が広がると教えたのです。

    するとメリッサが、皇太子妃さまは物知りだと目を輝かせるので、少し恥ずかしくなってしまいます。

    皇帝陛下が皇太子のために、全世界からありとあらゆる食材を仕入れたとメリッサ聞いていたそうですが、こんなにあるとまでは知らなかったのです。

    それはアンシアも同じ。

    こんなに食材があるのに野菜しか出さないなんてと、怒りがこみあげてきます。

    アンシア「じゃあ、早速作っちゃいますか!」
     

    手際よく野菜などを切り、料理を作るアンシア。

    そしてあっという間に完成しました。

    それを見ていたメリッサは、皇太子妃様は料理の天才なのでは!?と感動しているのです。

    アンシア「じゃあ、皇太子殿下をお呼びしますか!」

    出来上がった料理を運び、ブレイクを呼びました。

    アンシアが作った料理

    始めてみる料理に、目を輝かせているブレイク。

    これはなんなのかと聞かれたアンシアは、東洋の料理だと答えました。

    本で読んだことがあり、ちょうど倉庫に食材もそろっていたので作ってみたんだと笑顔で言います。

    ブレイク「アンシアが作ったのか?」

    嬉しそうにしていますが、なかなか手を付けません。

    アンシアが不思議そうに見つめていると、ブレイクはどうやって食べるのかと聞いてきました。

    彼は、このような料理を食べるのは初めてなのです。
     

    アンシア「東洋の料理は見慣れないですよね?私も最近知りました」

    丸く作られた「つみれ」を、フォークで刺します。

    アンシアが殿下のように丸っこくて可愛いと言うと、ブレイクは顔を真っ赤にしているのです。

    そしてブレイクに、あーんをしてつみれを食べさせてあげます。

    一口食べたブレイクは、おいしいと言いながら笑顔を見せました。

    そして次は、お味噌を使ったスープ。

    アンシア「独特な味なので、お口に合わなかったら無理して召し上がらないでくださいね」

    するとブレイクは、自分で食べてみました。

    ここの世界的には、味噌はかなり独特な味・・・。

    口に合うかな?と、アンシアは少し不安になりました。

    ブレイク「おぉーーー!おいしー!」

    今まで食べた料理の中で一番おいしいと、目を輝かせているブレイク。

    それなら毎日作ってあげると、アンシアは嬉しそうに言いました。

    アンシア(なんだか、旦那さんというより育児してるみたいだけど、このくらいがちょうどいいなぁ)

    嬉しそうに料理を食べているブレイクを見て、アンシアは考えています。
     

    ブレイクの呪いを解くためには、ダイアナと恋に落ちなければなりません。

    アンシアはただ、ブレイクが幸せな人生を送れるように傍で見守り、成人する前にここを去ればいいと考えているのです・・・。

    ブレイクを助けたいのですが、彼女には呪いを解く能力がないので、できる限り彼がダイアナに出会う前だけでも、見守りたいと・・・。

    ブレイクの未来

    原作の小説では、ブレイクは幼い時三つの悲劇に見舞われます。

    一つ目の悲劇は、呪いの後継者になること。

    二つ目の悲劇は、結婚初日に新婦であるアンシアが自殺するということ。

    そして最後の悲劇は、父であるテステオン皇帝の死です。
     

    テステオン皇帝が崩ずると、ブレイクの叔父であり主人公リチャードの父であるカシル公爵が新皇帝となります。

    叔父はブレイクを皇太子の座から追い出し、呪われた無力な少年は、南方の島に流され残酷な幼少時代を送ることになります。

    ブレイクが呪いの後継者になったのは、アンシアに憑依する前に起こったことなのでどうすることもできません。

    ですが、テステオン皇帝の死はまだ未来のこと。

    これから次第で、防ぐことができると考えているのです。

    皇帝は今、ブレイクの結婚式を終えて混沌の川に向かいました。

    とりあえず皇帝が戻ってくるまでは大人しくしておこうと、アンシアは考えています。

    声をかけてきた男

    ブレイクはお世辞抜きで、東洋の料理を気に入っていたのです。

    本当に口に合うようだと、彼の反応を見てわかりました。

    本格的な東洋の料理を作ってあげたい!と考えたアンシアは、かまどと釜があればなぁと悩みます。

    ここではかまど文化が発達していますし、釜は絵に描いて鍛冶屋に渡せば簡単に作ってくれそうです。

    釜ができたらかまども頼まないといけないと考えながら、宮の中を歩いていました。

    ふと、釜の保管場所もあらかじめ決めておこうと場所を探し始めます。

    アンシア「このくらいなら大丈夫かな・・・」

    座り込んで真剣に寸法を測っていると、後ろから声をかけられました。

    「何してんだ?」

    びっくりして振り向くと、その人は驚かせるつもりはなかったと謝りながら手を差し出します。

    黒い髪に赤い目を持つ男性・・・。

    アンシアは彼をじっと見つめてしまいます。

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第5話】の感想

    もしかして、これがリチャードでしょうか?

    年齢的にも、ブレイクと同じくらい・・・。

    男性と書いてしまいましたが、男の子と言ったほうがいいでしょうか。

    何やら、アンシアの行動に興味を持っているようなので・・・。

    これも未来を変えるチャンス!!ですね!

    味噌などを美味しと言って食べるブレイクはかなり可愛い・・・。

    癒しを感じます(笑)

    まとめ

    以上、comicoで配信中の目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第5話】のネタバレをご紹介しました。

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたはcomico限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる