comico|目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第7話】のネタバレ・感想!

comicoで配信中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」は、Jang Nsmu先生、Hagwa先生の作品です。

    目を覚ますと、「野獣と令嬢」という大好きな成人向け小説の登場人物「アンシア」に転生していた!?
    原作では皇太子ブレイクの顔にショックを受けて自殺してしまうアンシア。
    ですが転生して目を覚ますと、そのアンシアとして生きていたのです。
    作中の中での一番の推しだったブレイクに出会った主人公は、これは彼の幼少期を変えるチャンスかもしれないと、動き出したのです。
    しかもそのブレイクは、ウサギのように可愛い少年で・・・。
    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたのネタバレ一覧

    目次

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第7話】のあらすじ・ネタバレ

    ベラシアン令嬢ではなく皇太子妃だと、ブレイクははっきりと言いました。
    そんな彼の態度に、リチャードは少しひるみます。
    リチャード「大変申し訳ございません、殿下。失言をお許しください」
    ブレイク「これからは気を付けるのだな。また皇太子妃に無礼な態度をとってみろ。次はないぞ」
    そして「行け!」と言いながらブレイクは手を離しました。
    舌打ちをしながら去っていくリチャードを、アンシアはぼーっと眺めています。
    するとブレイクが、見るなと止めてきたのです。
    アンシアがブレイクの方を振り向くと、彼は俺だけを見ろと涙目で訴えかけます。
    あまりの豹変に、呆然としてしまうアンシア。
    アンシア「安心してください」
    彼の手をぎゅっと掴み言いました。
    それにあれは男ではなく犬だと言うと、ブレイクは不思議そうにしています。
    ちょっと親しくしただけで私があいつのことを好きだと言ってきて、在り得ないと怒りがこみあげてきたので口に出してしまいます。
    ですがブレイクは自信がなさそうに、リチャードはモテるから好きではないのかと聞いてくるのです。
    アンシアは、ああいうタイプが一番無理だとドン引きしており・・・。
    アンシア「私はかわいくてウサギみたいな男子が好きなんです」
    そう言って微笑むと、驚いた表情を見せるブレイク。
    いつものようにかわいらしい笑顔で、アンシアに頬を摺り寄せてきました。
    あまりにも可愛い彼の姿に、アンシアはさっきまでのイライラなんて吹き飛んでしまいます。
     
    アンシア「陛下はどんな人が好きなんですか?」
    ブレイク「アンシア」
    即答した彼に、そうじゃなくてどんなタイプが好きなのかともう一度聞いてみます。
    ですが答えは同じで、アンシアが好きだとしか答えないのです。
    ブレイク「アンシアさえいればいい!」
    そう言いながら彼はアンシアに抱き着いてきます。
    嬉しそうなアンシアは、私も殿下さえいればいいと答えたのです。

    入浴を拒否するブレイク

    お風呂の準備をしているアンシアは、ブレイクを呼びに行きました。
    アンシア「今日から私が入浴のお手伝いをします」
    まさかの提案に、状況が読み込めていない様子のブレイク・・・。
    すると、「なんだと!?」と大声を上げました。
    明らかに焦っているブレイクは、後で入ると言い背中を向けます。
    ですがアンシアは、彼の肩を掴んで放しません。
    アンシア「早く浴室に行きましょうね~?」
    力づくで連れて行こうとしますが、ブレイクはダメだと言います。
    呪いが移ったらどうするんだと言いながら、拒否するのです。
    アンシア「移りませんよ」
    ブレイク「不幸になるかもしれないぞ!」
     
    光の女神がかけた呪いの模様を見たり触れたりすると、呪いが移り不幸になる。
    そんなデタラメのせいで、呪いの後継者は宮外に出ることもできず、南方の島に幽閉されました。
    ブレイクも呪いの模様が出てすぐに皇太子の座をはく奪され、南方の島に行くはずでしたが・・・。
    皇帝の猛反対の末、この皇宮にいるのです。
     

    身体の模様

    不幸にならないし、そんなのはデタラメだから聞き流すようにとアンシアは言いました。
    ですがブレイクは、デタラメではないかもしれないと拒否し続けるのです。
    アンシア「私たちはもう顔も見たし手も繋ぎました」
    そこの模様はまだ小さいからで、体の模様は大きいんだとブレイクは言います。
    アンシアはブレイクの手を掴みましたが、彼は「醜いんだぞ!」と言いながら手を払いのけます。
    ブレイク「怪物なんだ!アンシアが見れば嫌いになるはずだ!」
    そしてブレイクは、その場に座り込んでしまったのです・・・。
     
    アンシアは、噂はただの口実で本当は身体の模様を見せたくなかっただけなんだと理解しました。
    顔と手の模様を見たから身体も大丈夫だろうと考えていたのですが、間違っていたようです。
    アンシアはブレイクに近づき、こっちを向くように言いました。
    顔を上げたブレイクと視線を合わせるようにしゃがみ、殿下は怪物ではないともう一度言います。
    アンシア「醜くもありません。こうして触れても不幸になんかなりません」
    そしてアンシアは、ブレイクの頬に手で触れました。
    殿下と結婚してから毎日が幸せなんだと言うと、彼は「・・・本当か?」と今にも泣きそうな目で言うのです。
    アンシア「はい、殿下が私の旦那様で幸せです」
    笑顔で言い、ブレイクを抱きしめました。
     

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたのネタバレ一覧

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第7話】の感想

    うん、可愛い!
    可愛いしか言っていませんが、リチャードがいなくなった途端に態度が変わったので、可愛さ倍増ですね(笑)
    リチャードは何か企んでそうですが、ブレイクのおかげで帰っていきました。
    もう出て来なくてもいいのにな・・・と思いますが、そうもいかないですよね。
     
    そして恥ずかしいだけだと思った入浴ですが、模様を見たらいけないという噂のせいでブレイクが気にしているのでしょう。
    それが本当であれば、もうアンシアにも模様が移っているはず・・・。
    でもこの件で、二人の仲はもっと良くなった気がします。
    まだお互い子供ですが、こうやって少しずつ距離を縮めていけるといいですね!
     

    まとめ

    以上、comicoで配信中の目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第7話】のネタバレをご紹介しました。
    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたはcomico限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる