☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

comico|目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第26話】のネタバレ・感想!

comicoで配信中の「目覚めたら怪物皇太子の妻でした」は、Jang Nsmu先生、Hagwa先生の作品です。

    目を覚ますと、「野獣と令嬢」という大好きな成人向け小説の登場人物「アンシア」に転生していた!?

    原作では皇太子ブレイクの顔にショックを受けて自殺してしまうアンシア。

    ですが転生して目を覚ますと、そのアンシアとして生きていたのです。

    作中の中での一番の推しだったブレイクに出会った主人公は、これは彼の幼少期を変えるチャンスかもしれないと、動き出したのです。

    しかもそのブレイクは、ウサギのように可愛い少年で・・・。

    以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

    \ 全話更新中! /

    目次

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第26話】のあらすじ・ネタバレ

    今頃二人は何をしているんだろうと、アンシアは本を読みながら考えていました。

    呪いの継承者であるブレイク、そして呪いを解く力を持つ光の継承者ダイアナ。

    原作のように二人は運命的に惹かれ合うのでしょうか・・・。

    アンシアは、ダイアナと姉妹であっても何の問題もないと考えています。

    幼い時に政略結婚をしても、神殿に報告する前であればいつでも婚姻を無効にできるのです。

    実際この世界で政略結婚をした夫婦が、兄弟や姉妹に婚姻を譲ることも珍しくありません。

    この国が個人より、家門の結びつきを重視しているから。

    ですがこの国の文化や伝統のことは頭から切り離して、ブレイクが他の女性と結婚をするから離婚しようと言えば・・・。

    やっぱりムカついてしまいます。

    あれほど好きだと言っていたくせに・・・と想像するだけで怒りがこみ上げてきますが、本当の10歳みたいなことをしてはダメだと自分に言い聞かせます。

    ブレイクはダイアナと結ばれるのが一番だと考えているのです。

    アンシア「・・・本当に呪いを解けるのはダイアナだけ・・・?」

    私が光の魔法を習ってもいいのでは?と感じてしまいました。

    喧嘩をしている二人

    本をたくさん持って、そろそろ二人が仲良くなった頃だろうと急いで戻ります。

    ですが部屋のドアからは、二人が言い合っている声が聞こえてくるのです。

    ブレイク「違う!」

    ダイアナ「殿下の方こそいい加減認めてください!」

    運命の愛を感じると思っていたアンシアは、なんで二人が喧嘩をしているのか理解ができません。

    慌てて部屋に入り、どうしたのかと二人に聞きました。

    ブレイク「義妹がありえないことばかり言うんだ!」

    ダイアナ「殿下の方こそ、屁理屈を言わないでください!」

    アンシアはとりあえず落ち着いて、何があったのか一人ずつ話すようにお願いしました。
     

    ダイアナは、誰よりもアンシアを好きなのは私だと主張し、ブレイクも同じことを言っています。

    ダイアナは血を分けた姉妹だと言い張り、ブレイクは妻だから愛していると引きません。

    こんな言い合いを聞いて、アンシアは止める気力を失ってしまいました。

    子供はこういうことで喧嘩をするものなのだろうか?

    どうしてヒロインとサブキャラが、自分のことで喧嘩をしているのか理解ができません。

    ダイアナ「私は8年間もお姉さまのことが好きなんです!」

    ブレイク「時間の問題じゃないだろ!俺はアンシアをこの世で一番愛してるんだ!!」

    そんな二人の言い合いを聞きながら、一応仲良くなったみたいだからよかったのかな?と一息つきました。

    幸せな時間

    食事を作っていると、アンシアの元にブレイクがやってきました。

    後ろから抱き着いて、今日の味噌汁はおいしそうだと話かけてきたのです。

    アンシア「初めて食べた時から味噌汁が好きなのは変わりませんね」

    ブレイクは、妻が作る味噌汁が一番おいしいと言いながら微笑みます。

    そして食事をして、一緒に剣術の練習に行こうと誘ったのです。
     

    あれから2年経っていますが、ブレイクとダイアナは相変わらず。

    アンシアを愛しているのは自分の方だと、言い合いをしています。

    ダイアナ「はいはい、まだキスもできてないくせに!」

    そう言われたブレイクは顔を真っ赤にしています。

    ブレイク「そ・・・そそそれは・・・!」

    ここはダイアナの勝ち。

    今にもブレイクは泣きそうになっています。

    アンシアは訓練の時間なんだからもう喧嘩はしないと二人を止めます。

    そしてブレイクに準備をするように言いながら首元を直してあげました。

    ブレイクはとても嬉しそうにしていますが、ダイアナは悔しそう・・・。

    するとダイアナが、どちらが先に演武場に着くか競争だと言いながら走り出しました。

    いきなりなんて卑怯だと言いながら、ブレイクも走って追いかけます。

    演武場に向かっている間も、言い合いをしている二人・・・。

    アンシア「本当・・・ずーっと喧嘩してるわね」

    そう言いながらため息をつきました。

    侍女のメリッサも二人を見て微笑みながら、今日も二人は仲がいいと話します。

    これは仲がいいと言うのでしょうか・・・。

    アンシアには、まるでウサギとワンコが喧嘩をしているようにしか見えません。

    メリッサ「殿下にいい友人ができてよかったです」
     

    メリッサが言う通り、彼らはただの友人に見えました。

    恋人に発展する可能性はゼロと言えるほどに。

    そんな状況にホッとしているのはアンシアです。

    彼女は自分の気持ちを素直に認めることにしました。

    ここを離れたくない、ブレイクのそばにいたい・・・。

    ウサギのような夫、素敵なお父様。

    子犬のようにかわいい妹と、一緒にいたいと。

    さらには、メリッサ、ハンス、エドワード卿・・・。

    優しい人たちとの穏やかな時間も大切になっていきました。

    ですが何も考えずに欲張るわけにはいきません。

    このまま耐えていても、ブレイクの呪いが解けなければ今のこの幸せは粉々に壊れてしまいます。

    ブレイクが成人するまでに、その時までに方法を見つけられなければきっぱり諦めてここを離れることに決めています。
     

    アンシア「でも・・・、殿下の呪いは必ず解ける」

    メリッサに、陛下のところに行こうと言いました。

    \ 全話更新中! /

    目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第26話】の感想

    なんか、あっという間に2年が過ぎていました。

    まぁ、何事もなく平和だったということでしょう・・・。

    にしても展開が早い(笑)

    ブレイクが少し大きくなったような気がしましたが、ダイアナとの関係は友人。

    これは安心しましたね!

    アンシアはこのままブレイクの妻として傍にいることができるでしょう。あとは呪いを解くだけ。

    ダイアナが何かわかれば協力はしてくれそうですが、どうなんでしょう?

    まとめ

    以上、comicoで配信中の目覚めたら怪物皇太子の妻でした【第26話】のネタバレをご紹介しました。

    目覚めたら怪物皇太子の妻でしたはcomico限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

    ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

    おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

    【U-NEXTの特長】
    • 31日間の無料お試しあり!
    • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
    • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

    無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる