☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|期間限定のお姫様【第38話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の「期間限定のお姫様」は、Tanyeong先生の作品です。
小説の中の皇女になってしまった「姫野あかり」。
まさかの憑依したのは、悪女で間もなく死刑になってしまう「シェイリア」だったのです。
シェイリアとしての運命を変える為に、少しずつ行動をおこすのですが・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

目次

期間限定のお姫様【第38話】のあらすじ・ネタバレ

イクレットが姫だったら・・・。
イクレット「もちろんいいですよね」
彼女は目を輝かせて答えました。
ジブリルテ「やっぱりそうですか・・・」
イクレット「だって」
「そうしたら私が姫様を助けられるから」
運命みたいに出会って友人になって、自分のものを半分わけて、同じように聖女様みたいな方も紹介して・・・。
イクレットの妄想は膨らみました。
イクレット「あっでも、私に会うまで不幸なのはおやだな。う~ん・・・やっぱりなしで・・・」
逆にジブリルテの表情は、どんどん暗く冷たくなっていくのです。
ジブリルテ「あなたは変わった人ですね。驚くほど純粋で。誰にでも愛されそう」
イクレット「・・・え?」
そんなことはありませんと、イクレットを顔を赤くして答えました。
ジブリルテ「ふふ・・・気分がいいので私の話をしてあげましょう」
すると急に、「偽物の聖女」だということは知っているのかとイクレットに聞きました。
反応に困っているイクレット。
ジブリルテ「ふふ、人を殺してその姿を借りるという魔族の怪談話ではなく」
「聖女というのは”なるもの”ではなくて”生まれるもの”なんです」
母親のお腹の中から信託を授かった存在で、そうして生まれた未来の聖女は生まれた時から両親と離れて育てられます。
聖女は終身職で、そうやって生涯をこの場所で女神によって建てられたこの国のために生きていくのです。
ジブリルテ「でも数年前驚く出来事がありました。実は・・・」
「聖女が姿を消してしまったのです」
イクレット「・・・・どうしてですか?」
ジブリルテ「・・・さあ」
その際、当然先代の皇帝陛下と大神殿は大騒ぎになり、そして大神殿は”本物”が見つかるまで臨時で代わりを捜したのです。
能力も申し分なくなにも知らない田舎育ちで、聖女をひときわ慕っていた幼い祭司を・・・。
それがジブリルテでした。
ジブリルテ「まあ時間が経って、この事実を知っている人は数少ないですが、一応秘密の話です」
彼女はため息をつきながら、なんともない話のように流れを説明しました。
ジブリルテも最初の何年かは苦労したそうで、今でも聖女代行だと軽視する人がいて困っているのだそうです。
彼女自身も、時々なんで自分だったのだろうと考えてしまうことはあります。
イクレット「・・・そんなこと言わないでください」
「前に言ってたじゃないですか。すべてが運命だって」
「だから・・・きっとこれも運命です。最初から聖女になることが決まっていたに違いありません」
真剣に話しているイクレットを、ジブリルテは見つめています。
ジブリルテ「ふふ、そうですね。あなたの言う通りです」
「・・・イクレット。これからもそのままでいてください。あなたはずっと愛される人でいてほしいです」
イクレットは不思議そうな表情をしていますが、授業が始まってしまいました。
 

婿候補

金髪に青い目・・・。
ですがモルク公国ってどこなのか?と、書類に目を通しながらアンは言いました。
その場所は船でひと月もかかるところ・・・。
そして次の書類に進むのです。
アン「マリオンさんは選びましたか?」
マリオン「いえ・・・」
そんなアンを見ながら、私の婿候補を選ぶのがそんなに楽しいかとシェイリアは聞きました。
アン「すっすみません。でもメイドの間でリストが回っていると思わなくて・・・」
シェイリア「皇帝陛下が私に関心がある証拠ね」
そう答えながらシェイリアは笑いますが、この様子だと今年の冬にははるか遠くに行かせるつもりみたいだと感じてはいるのです。
まだ正式には決まっていませんが・・・。
シェイリア「あっ、リブンとイクレットには秘密にしてちょうだい」
「捨てられるんじゃないかって心配すると思うから」
そう言われてアンは、確かにとつぶやきました。
 
シェイリアがリブンの場所を聞くと、彼は今庭でお花の世話をしてくれているのだそうです。
アン「グレイスさんが、花が綺麗になったと喜んでいました」
あの二人は地味に気が合うのかもしれないと感じたシェイリアは、もしかするとリブンも知らない間に居場所をいつけたのかもしれないと考えました。
イクレットも聖女に教えを受けていますし、するとシェイリアは・・・。
とりあえず先生がいないのは全てラフェルのせいだと頭を抱えました。
 
そういえばラフェルは今日もさぼっており、これはさすがに逃げたのでは!?と疑いたくなってしまいます。
ですが魔法使いは一人ではありません。
シェイリア(この私があんたにすがりつくと思う?嫌ならやめなさい)

ラフェルとは誰?

そして夜になり、マリオンが報告にやってきました。
マリオン「姫さま申し訳ありませんが」
「探すようにおっしゃっていたラフェルとは・・・誰でしょう?」
シェイリア「・・・え?」
まさかの言葉に、シェイリアは戸惑いを隠せません。

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

期間限定のお姫様【第38話】の感想

どういうこと!?
ラフェルの記憶がなくなったということでしょうか!?
他の使用人がわからないならまだしも、マリオンなので・・・。
そんなことってありますかね。
 
さらにイクレットの純粋さ!
これには感動しました。
お姫様になるとなると欲が出てくるかと思いましたが、本当に良い子です!!
早く幸せになってほしい・・・。
 

まとめ

以上、ピッコマで配信中の期間限定のお姫様【第38話】のネタバレをご紹介しました。
期間限定のお姫様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる