☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|期間限定のお姫様【第14話】のネタバレ・感想!

ピッコまで配信中の「期間限定のお姫様」は、Tanyeong先生の作品です。
小説の中の皇女になってしまった「姫野あかり」。
まさかの憑依したのは、悪女で間もなく死刑になってしまう「シェイリア」だったのです。
シェイリアとしての運命を変える為に、少しずつ行動をおこすのですが・・・。
以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

目次

期間限定のお姫様【第14話】のあらすじ・ネタバレ

訊きたいことがあるとシェイリアの部屋にやってきたイクレット。
まさかの展開に驚いたシェイリアは、いきなりなんなんだと戸惑ってしまいます。
シェイリア「・・・まっ待って!えっと・・・」
そんなシェイリアの様子を、リブンとイクレットは不思議そうに見ています。
シェイリアは立ち上がり、イクレットに挨拶をしました。
シェイリア「聞きたいことってなにかしら?」
イクレット「えっとその・・・」
言いにくそうにしていましたが、弟を見なかったかと訊いてきました。
弟?まさかブランジェ家の一人息子のことで、ここに連れてきていたのか!?と驚きます。
イクレット「背はこれぐらいで茶髪の男の子なんですけど、夕食を食べようと思ったらいなくて。いたずらっこなんですけど、夕食のときには姿を見せていたのに・・・」
そしてイクレットは、弟のアレックがつけていたブレスレットのかけらを見せました。
母がとても心配していることを話していますが、リブンが何かを気にしているようです。
シェイリア「見てないけど、私も一緒に・・・さが・・・」
なんで一緒に探してあげるよって当たり前の言葉が出てこないのか!!自分のそんな姿が嫌になりました。
リブン「私も一緒に探します・・・」
イクレット「・・・あっ」
リブン、ナイス!とシェイリアは思いましたが・・・。
イクレット「いえ、すでにメイドたちが探しているのです、だから・・・弟が見つかるまでは・・・なるべく・・・部屋から出ない方が良さそうです・・・」
慌てているイクレットは、実は母がリブンを疑っていることを話しました。
ショックを受けるリブン。
リブン「・・・警告ありがとうございます。そういえば雨の日は泣いている子供をクローンが連れて行くって童話もありましたね」
イクレット「母と出くわすと気分を害されそうなので・・・」
どんだけ馬鹿正直なんだと、イクレットに突っ込みたくなるシェイリア。
するとイクレットはそのまま行こうとしました。
イクレット「あっ・・・あのシェル・・・。もしかして私達どこかで会ったことあるかしら?」
恥ずかしそうに聞いてきます。
シェイリア「・・・まさか」
イクレット「はは・・・そうですよね。でも初めてのティータイムの日・・・いえなんでもありません。じゃあ失礼します」

シェイリアもイクレットの弟を探します

雨が上がったらすぐに城に帰る。
でもその前に・・・シェイリアはアレックを探そうと部屋からでました。
 
シェイリア「マリオンが上の階は隅々まで探したって言ってたから、私達は中央ホールから行ってみよう」
まさか雨が降っているのに外にいたりはないだろう・・・とシェイリア歩きます。
シェイリア「見つかったら怒られそう」
黙っていたリブンですが、上の階に探しに行こうとシェイリアに言いました。
ですがもう探したところだと言っていたのに、どうしてかと不思議そうに聞き返します。
リブン「これを見てください」
足元に落ちていたのはアレックのブレスレットのパーツです。
リブン「これは・・・普通のブレスレットじゃありません」
一種のお守りのようなものだそうで、わずかですが魔力が宿されています。
魔力が宿されているものは独特な光を放つとリブンは説明しました。
リブン「粗雑ですがこの程度でもかなり高価なはず。息子さんのことをとても愛しているみたいですね」
その話を聞いたシェイリアは、息子は大切にしているのに娘は売ろうとしているのかと怒りがこみ上げてきます。
もちろん気にすることではありませんが・・・、そしてリブンはなんでそんなことを知っているのかと疑問が浮かんできました。
シェイリア「リブン、魔法は使えないっていってなかった?」
リブン「・・・はい、これは魔法じゃなくて私の目で見たんです」
どういうことなのかよくわかっていないシェイリアですが、リブンはとにかく光の破片を追っていくのが最も確実だとアレックを探し始めます。
 
光を追って探していると、ある部屋の先で光が途切れていることに気づきました。

辿り着いた部屋の前で

シェイリア「・・・ここ?」
ひとまずはここにいそうだと、部屋に入ってみようと決めました。
「あなたたちここでなにをしてらっしゃるの?」
声をかけてきたのはイクレットの母である、ブランジェ夫人。
何をしているのかと聞いていると、冷たい眼差してこちらを見てきます。
シェイリア「・・・あっ、私達は子供がいなくなったって聞いて心配になって・・・」
ブランジェ夫人「それでクローンと?」
明らかにリブンを睨みつけてくる夫人に、戸惑います。
「お母さん!」
イクレットは自分が探すから少しでも休んでほしいとお願いしました。
イクレット「あれ?どうしてここに・・・」
シェイリアとリブンをみて、不思議そうにしています。
すると黙っていたブランジェ夫人が、手を挙げて思いっきり叩いたのです。
 

\ 全話更新中! /

期間限定のお姫様のネタバレ一覧

期間限定のお姫様【第14話】の感想

関わりたくないと思っていながらも、一緒に探そうとするシェイリアは、本当はなんとかしてあげたいと思っているんでしょうね。
ただ、関わって最悪な状況にはなりたくない・・・。
防衛本能がそうさせているのでしょう(笑)
リブンは魔法は使えませんが、見えるということでしょうか?
あまり詳しくは話してくれなくて、シェイリアもよくわかっていない様ですが・・・。
 
そしてやっぱり、イクレットの母の態度が嫌です!!(笑)
悪役って感じになっていますね!

まとめ

以上、ピッコマで配信中の期間限定のお姫様【第14話】のネタバレをご紹介しました。
期間限定のお姫様はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。
ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!
おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる