☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|子供ができました【第24話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の子供ができましたは、Kang ki、Lee jung先生の作品です。

倫理的にも教育的にも完璧な先生を目指していた高校教師の浅野姫奈。

彼女は長い間片思いしていた幼馴染が自分の親友と付き合うことになり、ヤケを起こして知らない男と一夜限りの肉体関係を持つ。

その結果、思わぬ妊娠をすることに。

友達と一緒に産婦人科に行った姫奈はそこでお腹の赤ちゃんの父親”宮城陽平”と再会するが、陽平はなんと姫奈の受け持つ生徒の叔父であり、姫奈が勤める学校の理事長でもあった。

妊娠のことを知った陽平は姫奈にプロポーズをするが…。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

子供ができました【第24話】のあらすじ・ネタバレ

美友は菅原先輩と今日も一緒に自転車で通学しています。

脚が痛いから先に言っててほしいとお願いしても、その通りにしてくれるはずがありません。

菅原先輩「俺と一緒に自転車で登校するのがそんなに嫌か?」

「自転車もわざと壊して」

「痛くもない脚を痛いって言うし」

美友(何なの…全部知ってた訳?)

 

一緒に通学するのが嫌で自転車を壊したのに、3ヶ月早い誕生日プレゼントとして菅原先輩は新しいものを買って美友にプレゼントしていました。

全部嘘だと分かっていたなら、どうして自転車なんてプレゼントしたのか理解できません。

美友「翔くん、翔くんも自分がモテるってこと分かってるでしょ?」

「翔くんはどんなタイプが好きなの?」

「私が彼女作りに協力するから」

「私じゃなくて彼女と登校したいでしょ?」

「おととい翔くんの家の前に来てた女の子可愛かったけど、ああいうタイプが好きなの?」

「翔くんの理想のタイプ教えてよ。私が探してみるから」

菅原先輩「はは…」

「俺の理想のタイプか…」

「…髪型はボブで二重のタレ目に」

「怒ると唇を尖らせる可愛い人かな?」

「背はちょうどこれくらいがいいなあ」

そう言って美友の頭にぽんっと手を置く菅原先輩。

理想のタイプがあまりに具体的なので、菅原先輩にはすでに好きな人がいると予想し、にやける美友。

協力するから恥ずかしがらずに言ってみなさいなんて、調子に乗って話していると、向こうから咲良が全速力で走ってくるのが見えました。

姫奈の噂が回っている!?

菅原先輩が隣にいるのを見るなり、急によそよそしい態度に切り替えてきた咲良。

しかし菅原先輩は咲良が挨拶を済ませると、2人でゆっくりと言って先に行ってしまいました。

咲良が走ってきたのは、あるビッグニュースを聞かせるためでした。

咲良「驚かないでよ」

美友「はいはい」

咲良「浅野先生、妊娠したんだって」

美友「え?」

咲良「信じられないでしょ?私もびっくりしたんだから。彼氏もいない人が妊娠なんて!」

美友「あんたその話どこで聞いたの?」

咲良「こないだ学校の前に来てた男の人が彼氏なのかな?」

「でも先生に男の気配なんか全然なかったじゃん?だから皆は…」

美友「誰に聞いたのよ!」

咲良「な…なんで怒るのよ」

美友「早く答えて」

咲良「直接聞いた訳じゃなくて…教育実習の先生が電話で話てるのを偶然聞いたんだけど…」

美友(!?)

美友「他の子にも話したの?」

咲良「うん…萌香と由梨とそれから…」

美友「あ…あんたって子は…」

噂好きな咲良のあまりに早すぎる行動に、頭を抱える美友。

持っていた自転車を咲良に任せて校内へと急ぎます。

 

職員室の近くで椎名を見つけた美友は、話したいことがあると伝えるも、もうすぐ職員会議が始まるから難しいと言われてしまいます。

それでも数分で良いから場所を変えて話を聞いてほしいとお願いする美友に、椎名は何も悪びれることなく、自分が咲良に話したようなことを言い始めるのです。

椎名「どうせすぐに学校中に噂が広がるんだから」

「別に場所を変えなくてもいいと思うけど?」

美友「…わざとだったんですか?」

椎名「さあ…」

美友「どうしてですか?姫奈先生と仲良いって言ってましたよね?なのに…」

「どうして噂になるようなことを…?」

椎名「宮城さん」

「噂っていうのはすごく怖いんだよ、知ってる?」

「いつの間にか尾びれがつき、背びれがつき…」

「とにかく複雑な事情があるんだ」

「まさかそこまで知りたい訳じゃないだろ?」

美友「……!」

一方的に自論を展開した椎名は、職員会議のために職員室へと歩き出してしまいました。

あの日、椎名に全部話ちゃったことで、こんなことになってしまったと自分を責める美友。

するとそこへ姫奈がやってきて、声をかけてくれました。

美友は溢れる涙を堪えきれず、両手で顔を覆いながら、姫奈に謝罪するのです。

追い込まれる姫奈

それから姫奈は教頭先生に呼び出され、叱られてしまいます。

教頭先生は噂の真意は問わないから、なんとかして噂を鎮めるよう指示しました。

もしこの噂が外部に知れた時に、学校の名誉問題になることを心配しているのです。

美晴財団が設立した名門校で、良家の御子息がたくさん通っている学校で、そんな乱れた教師がいるとなれば大問題だと考えているようです。

父兄に知られてしまった場合、品位維持に関する規則違反で懲戒処分とまで断言されてしまうも、姫奈は何も言い返すことができませんでした。

 

教頭先生と話終え廊下を歩いていると、姫奈のことをあからさまに嫌っている数学教師と遭遇します。

すれ違いざま、クスクスと笑いながら「いつかやらかすと思ってたよ」「女のくせに恥ずかしいと思わないのか」と嫌味を言われても、姫奈は何も言えないのでした。

 

姫奈の思いとは裏腹に噂は一瞬で学校中に広まりました。

姫奈が通ると、生徒たちがそこらじゅうでヒソヒソとからかうようなことを言う声が聞こえてきます。

しかしいくら後ろ指をさされても、デタラメだと嘘をつくことはできなかったのです。

それは良心の問題である以前に、ヨウセイを否定することだと考えていたから…

一方でこれからのことを思うと、姫奈の心は不安でいっぱいになってしまいました。

姫奈(自分から辞めるのとクビになることは当然違う)

(あの人の前で勢いで辞めると言った時、辞めた後の具体的な計画が思い浮かばなくて不安だったのも事実だ)

(…本当にこのままクビになったらどうしよう?)

(私は?ヨウセイは?)

(噂を鎮める方法なんかあるのかな?)

(…私がしたことってそんなに悪いことなの?)

いろんな考えが頭の中をぐるぐると回って、目眩がしてきた姫奈。

よろけるその身体を支えてくれたのは椎名でした。

\ 全話更新中! /

子供ができました【第24話】の感想

最悪すぎます!

本当に椎名ってやつは一体何をしているんですか!?

しかもそれがわざとだと言うので余計に、タチが悪いですよね。

姫奈を傷つけるだけでなく、美友をはじめとする周りの多くの生徒を巻き込んで…

本当に意味がわからないです。

そして、噂が広まった途端に悪口を言ってきたり、強気な態度で出てくる人って本当に何なんですかね。

掌返しがすごすぎて、人間の愚かな部分を見たような、とても耐えがたい気持ちになりました。

しかしこんな状況になっても陽平に助けを求めようとしない姫奈。

以前のデートの時に優人も小さいことの積み重ねのようなことを言っていましたが、こういう時こそ頼らなければならない存在でしょう。

もう陽平にキッパリ前から付き合ってたとか適当なことを言ってもらって、あの数学の先生こそクビにしてもらいたいです。

最初の美友と菅原先輩の甘酸っぱい会話のことなんて忘れてしまうくらい、モヤモヤの残る24話でした。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の子供ができました【第24話】のネタバレをご紹介しました。

子供ができましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 面倒臭い女と呆れました。「理事長と結婚する」と上司に説明すれば済む話じゃないですか。これだからプライドが不相応に高い“努力厨”は…

    • コメントありがとうございます!
      そうなんですよね…
      私もその一言で解決するのでは?って思っちゃいました。
      あんなに周りからひどい言葉を投げかけられるくらいなら、言った方が良いよと。
      ただ、姫奈が陽平には相談せずに自分で解決しようとするのは、まだまだ陽平のことを信頼していないからなのかな…?
      元々母親の影響もあり結婚へのハードルが高い姫奈に、結局あまりお互いのことを知らないまま結婚しそうになっている状況が、そうさせてしまったのかもしれないな…
      なんてことも思ったりしますよね。
      ちょっと変わったところで頑固な姫奈の性格が出てしまった回でしたね。

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる