☆期間限定!12/9まで11円SALE中|プリマのひみつログ

ピッコマ|子供ができました【第31話】のネタバレ・感想!

ピッコマで配信中の子供ができましたは、Kang ki、Lee jung先生の作品です。

倫理的にも教育的にも完璧な先生を目指していた高校教師の浅野姫奈。

彼女は長い間片思いしていた幼馴染が自分の親友と付き合うことになり、ヤケを起こして知らない男と一夜限りの肉体関係を持つ。

その結果、思わぬ妊娠をすることに。

友達と一緒に産婦人科に行った姫奈はそこでお腹の赤ちゃんの父親”宮城陽平”と再会するが、陽平はなんと姫奈の受け持つ生徒の叔父であり、姫奈が勤める学校の理事長でもあった。

妊娠のことを知った陽平は姫奈にプロポーズをするが…。

以下、ネタバレとなりますのでご注意ください。

\ 全話更新中! /

目次

子供ができました【第31話】のあらすじ・ネタバレ

今自分の目の前にいるのが、本当にあの美晴グループの会長とその奥様なのか…

そんなことを考えてしまうような2人のやりとりが続いています。

ニュースで見たカリスマ性溢れる姿はどこへ行ったのかと思ってしまうほど、驚くほど平凡に見える両親なのです。

 

ここまで偏食の話で言い合いをしていた陽平の両親ですが、突然結婚の話をスタートさせました。

まずは4月に結婚式を行うことについて、スケジュール的に無理があるのでは?という話です。

しかし陽平は、一体いつの間に計画を練ったのだろうというくらい細かい話を次々に行うのです。

姫奈(ことさら私の意見なんか言う必要もないような完璧な計画)

(まるで他人の結婚式の話を聞いているみたいだ)

(私…やっぱり歓迎されてないのかな…)

(私のことは何も聞いてこないし…)

(このまま黙って座っててもいいのかな…)

姫奈にぶつけられる質問とは!?

すると奥様はじっと姫奈を見つめてから、聞きたいことがあると伝えます。

ついにこの時がきたと息を呑む姫奈。

しかし今は笑顔を作って、何でも聞いてくださいと答えることしかできません。

けれど奥様はなんだかモジモジと、とても質問するのを躊躇っているように見えます。

姫奈(息子の結婚相手を前にして聞きたいことがないはずがない)

(でも私の家庭環境や性格、年齢、職業。たくさんの質問の中に)

(会長と奥様に満足してもらえる答えはいくつあるかな)

(ひょっとして…)

(”お腹の子供はホントに陽平の子なの?” ”もしかしてあなた陽平が美晴グループの副会長ってことを知って近づいたの?”こんな質問だったらどう答えればいいんだろう?)

(本当のことを言って信じてもらえるかな?)

(私でさえ偶然じゃないかもって疑ってたことなのに…)

 

不安そうに俯き小さく震えている姫奈に、陽平が気づかないはずがありません。

そっと姫奈の手を取り、困らせるような質問はダメだからねと、奥様に注意をしてくれました。

奥様も当然それは理解しているとした上で、ついに姫奈にずっと聞きたかったという質問が投げ掛けられるのです。

 

奥様「陽平はどうやって姫奈さんを誘惑したのかしら?」

 

驚きの質問内容にその場にいた全員が目を丸くしています。

会長がそんなことを聞くなんてと奥様を注意し、陽平も当然こんな質問はダメだと答えますが、奥様は至って真剣な様子…

姫奈がそれくらいならと質問に答えようとすると、キラキラと目を輝かせて、教えて欲しそうな表情を浮かべるのです。

姫奈はこの目の輝きに見覚えがあります。

それは咲良が姫奈から、恋愛の話を聞きたがる時と同じなのです。

陽平にこんな感情豊かなお母さんがいるとは、本当に予想もしていませんでした。

目の前の2人を見ていると、きっと陽平はお父さんに似たんだろうなということが分かってきました。

招かれざる客

そんな風にして奥様のペースで話が進んでいきます。

奥様「あなたは気にならないの?」

「陽平が誰かを好きになるなんて初めてじゃない」

「この子小さい時から凄くモテてはいたけど」

「毎朝家の前で陽平を誘いに来た女の子が列を作ってたじゃない」

会長「それはそうだけどそれでもそんな個人的な質問はちょっと…」

奥様「少しだけよ」

 

すると奥様は、姉さんたちも陽平の結婚についてものすごく気にしていると、この質問をした理由を説明しました。

それを聞いた陽平は、おばさんたちを呼んだということが納得いかないらしく、あからさまに困った表情を浮かべています。

姫奈の体調のこともあるからと、後日紹介すると話していたにも関わらず、先に情報が漏れてしまったことに納得がいかないのです。

しかし奥様に詳しい話を聞けば、結局のところもうすでにおばさんたち全員が知っているようで、さらには今夜みんなで一緒に食事をすることになっているんだとか…

次第に顔がどんどんと青ざめていく陽平。

そんなタイミングで、おばさまたちの到着を知らせるインターホンが鳴るのです。

 

陽平「…姫奈、さっき車の中で話したこと覚えてるか?」

姫奈「え?」

陽平「俺が逃げようと言ったらなりふり構わずついて来てくれって話…」

「今だ行こう!」

姫奈「ええっ!?」

陽平「俺たち帰ります。おばさんたちには結婚式で会いましょうと伝えてください」

会長「陽平!お前なんて失礼なことを…!」

陽平「そんなこと言っても無駄ですよ。おばさんたちの相手は父さん一人でしてください」

奥様「陽平せめて挨拶だけでも…」

陽平「挨拶だけじゃ済まないでしょう?それじゃ」

姫奈に与えられた謎ミッション

訳もわからぬまま部屋を連れ出された姫奈。

理由を尋ねますが詳しい話は出てからにしてほしいと言われてしまいます。

建物の外まで出たところで、おばさまたちがやってくる声が聞こえてきました。

これにより、うしろから出ないといけなくなってしまったようです。

今から走るからと陽平は姫奈を抱き抱えます。

おろしてほしいとお願いする姫奈ですが、陽平は走りながらスーツのポケットにある財布を出してほしいとお願いしてきました。

とりあえず言われるがまま財布を取り出すと、今度は一万円札を4枚出してほしいと…

そして合図をしたらその一万円札4枚をすぐ渡すようにと伝えるのです。

 

車の方へ走っていくと、そこに一人の少女の姿がありました。

少女「あれ?陽平兄さん発見!」

「逃さないわよ!」

陽平「姫奈あいつに金を」

姫奈「へ?」

少女「お義姉さんはじめまして!」

「私は…」

姫奈(もう知らない!)

指示された通りに、4万円を少女の前に突き出すと、両手を広げて待っていた少女の目の色が変わるのでした。

\ 全話更新中! /

子供ができました【第31話】の感想

両親が本当に面白すぎましたね。

奥様はまるで、恋愛話を聞きたがる女子高生のようでしたし、会長はまるで陽平そのもので見ていてとても仲の良さそうな2人でした。

テレビで見ていた雰囲気とのギャップに少々戸惑うこともありましたが、想像していたように怒られるようなこともなく挨拶が済んで本当によかったですね。

しかしさすがにこれで終わりとはいきませんでした。

奥様の暴走により、おばさんたち全員集合という展開に…

陽平はどうもおばさまたちやいとこと過ごす時間が苦痛のようで、事前に言われていたように脱走する展開となりました。

単に子供が嫌いなだけかと思っていたのですが、おばさまたちも厄介な上にいとこもパワフルでパンチが効いていて、ちょっとこれは私も苦手かも…と陽平の味方になっちゃいそうでした。

普段落ち着いた雰囲気を放つ陽平に、あのキャピキャピ感は受け入れ難いものなのでしょう。

さて4万円であの少女は道をあけてくれるのでしょうか!?

もう次が気になって仕方ないですね。

まとめ

以上、ピッコマで配信中の子供ができました【第31話】のネタバレをご紹介しました。

子供ができましたはピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、人気が出れば電子書籍化されるので、みんなで応援していきましょう!

おすすめの電子書籍はU-NEXTというサービスです。

【U-NEXTの特長】
  • 31日間の無料お試しあり!
  • 無料体験中に600円分のポイント付与あり!
  • 漫画40万作品、ラノベ40000作品あり!

無料漫画もたくさんありますので、まずは無料期間からお試しください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる